« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

神石山(豊橋の戦争遺跡)

富士山を見に神石山に行きました。冷え込んでいますが、快晴です。

手洗(てあらい)の登山口から登りました。松林を行く道です。

Kamiisitearaioufuku

40分で頂上へ着きました。やや霞んでいますが富士山も見えました。

P1310001 神石山から富士山

P1310004 神石山から 太平洋

頂上は風も無く、真冬の陽を受けて、8人が山や海を眺めていました。

別の話になります。当ブログは終戦のとき5歳1ケ月、戦争を知る最後の世代となりつつあります。戦争のことを少しでも書いておきたいという思いがあります。豊橋の戦争遺跡を見て来ました。

二川トーチカ

トーチカとは、鉄筋コンクリート製の防御陣地を言う軍事用語です。

二川トーチカは二川駅近くにあります。県道信号から20mほど奥に入ったところの、伊寶石(いぼいし)神社の近くです。

Dsc01524 二川トーチカ

太平洋戦争末期、第73師団が本土決戦に備えて遠州灘に面する海岸に布陣しました。この二川トーチカは、遠州灘海岸から侵攻してくる敵を砲撃する目的で造られました。

Dsc01525 二川トーチカ

海岸線までは10kmほどのところにあります。よく登る東山の麓で、小高いところにあります。トーチカはこのようなところがよかったのでしょうが、今は周りが住宅地となってしまいましたので、違和感さえあります。

このような戦争遺産は是非残してほしいと思います。

 

蝉川七つの石

「蝉川七つの石」は、今は豊橋市多米町滝ノ谷豊橋市民俗資料収蔵室の敷地内にあります。以前は豊橋市蝉川(西町一丁目)に据え付けられていました。

Dsc01521 豊橋市民俗資料収蔵室

「蝉川七つの石」は江戸時代の終わり頃、庶民の憩いの場として、普門寺 の山から蝉川に運んできたと言われています。

今は豊橋市民俗資料収蔵室の西側に隣接した道路沿いに復元されています。七つの石は特に大きい石でもなく、特徴があるわけでもありません。

Dsc01519 蝉川七つの石

戦争中は多米町の出征兵士の見送りの終点であり、帰還兵の出迎えの場所でありました。この石の上で挨拶をした送迎の地であったと言います。

Dsc01514 案内板

戦争中はどこの街にも出征兵士を見送くる場所がありました。鉄道があるところは駅が見送りの場所でした。

当ブログが住んでいた街も駅でした。以前のブログにも書きましたが、駅前に日の丸の小旗を持った割烹着姿のお母さんたちが大勢が集ったのを覚えています。成人男子は少なく、他は子供や老人でした。

この場所は帰還兵を迎えるところでもありましたが、桐箱を白布に包んだ英霊を迎えることがその後続きました。

送迎の地碑

他にも地元の兵隊たちの送迎の地碑があります。新城市中宇利には「送迎之地」があります。

Dsc01557 新城市中宇利の「送迎之地」の碑

また豊橋市細谷町に「想い出の地碑」があります。

Dsc01566 細谷町の「想い出の地碑」

Dsc01567 想い出の地碑の説明文

若き日、この丘は村民歓呼の声に送られ、祖国の安泰と繁栄を念じ、

太平洋戦争の烈火に身を投じ、国難に準じた戦友六十九柱、生還

できし我ら七十一名、今この悲惨痛恨成る事実と命の尊厳を世に

伝えんと、この地に世界平和を祈念し、ここに御霊のご冥福を祈り、

想い出の地碑を建立する。

 

田原市堀切町にも「想い出の地」の碑があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

坊ケ峰・富士見岩

今日は快晴、たいへん穏やかな日となりました。こんな日はさぞかし山の眺めはよいだろうと富士山を見に出かけました。

富士山の裾まで見える富士見岩へ行きました。今日は本坂(ほんざか)峠から行ってみました。

Bougaminefujimiiwa 

旧国道を旧本坂トンネルまで車で入り、そこから登りました。本坂峠に出て、富士見岩に向かいます。

登山口から20分ほど歩いた尾根道で富士山が見えます。素晴らしい富士山でした。

P1260003 尾根道での富士山

さらに尾根道を行くと浜名湖がきれいに見えました。今の時季は、木の枝などに邪魔されずに眺めることが出来ます。

P1260009尾根道から 浜名湖、太平洋

40分で富士見岩に着きました。富士見岩には別のルートでよく来ていますが、今日は雲一つありません。素晴らしい山の眺めです。

P1260019 富士見岩から南アルプス

P1260011 富士見岩から富士山

P1260016 富士見岩から中央アルプス

富士見岩からは来た道を本坂峠に戻り、今度は反対側の坊ケ峰に行きました。本坂峠から15分で着きました。

展望はありません。富士山も浜名湖も見えません。神社があります。正観世音菩薩が祀ってあります。

P1260023 坊ケ峰頂上の神社

天気は変わることなく、真冬の穏やかな日です。富士山を見に来たという人や縦走している人など6人ほど会いました。今日は一日山が見えていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

座談山

天気予報は晴れマークでしたが、9:00頃から雪が散らつき始め、やがて激しく降り始めました。雪の里山は滅多にないことなので、近くの座談山を歩きに行きました。
 
Zadanyama271

登山口の池は、雪が激しく降り、鴨が浮かんでいます。

Dsc01500 雪の中の鴨

登って行くにしたがって、雪も小降りとなってきました。一息峠では雪が僅かに見られる程度です。

Dsc01501 一息峠

期待した雪も少なくなって、葉の上に積もった雪が見られるくらいです。

Dsc01509 葉に積もった雪

座談山に着いた頃には、雪も止み頂上には雪はありませんでした。富士山も見えません。

Dsc01506 座談山頂上から浜名湖

その後は雪はたまに散らついた程度で、激しくは降ったのは登り始めたころの一時だけでした。豊橋で雪の降ること自体珍しいことです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

奥浜名湖展望公園・高山展望台

富士山を見に姫街道の引佐(いなさ)峠から、奥浜名湖展望公園に行って来ました。三ケ日ICから近いところにあります。

車でも行けますが、適度に歩きたいのでいつもこの道を行きます。20分で着きました。素晴らしい富士山が見えました。

Okuhamanakotenboudai

P1210039 富士山

P1210044 富士山

南アルプスや奥三河や伊那の雪山も見えます。

P1210054 南アルプスや雪山

奥浜名湖展望公園は湖畔の丘にあるので、浜名湖も一望できます。

P1210058 浜名湖、手前は東名浜名湖SA

P1210059 東名浜名湖橋

次に車で移動し、三ケ日の高山展望台に行きました。ここも10分ほどで展望台に着きました。

Tenboutakayama 

湖がよく見えます。富士山は残念ながら山の陰になって見えません。

Dsc01496 高山展望台

P1210067 猪鼻湖(いのはなこ) その向こうが浜名湖

P1210070 遠く国道1号の浜名大橋

1年で1番寒いときですが、林道ではサイクリングしている人、ジョギングをしている人にもよく出会いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

東山(大寒)

今日は大寒です。葦毛(いもう)湿原から二川の東山に行って来ました。葦毛湿原も枯れ草ばかりです。

Higasiyama_imou

Dsc01485 葦毛湿原

東山へは50分ほどで着きました。東山は松明峠(たいまつとうげ)とも言い、土地の人は松明峠と呼ぶ人が多いようです。昔は隣村に行くのにこの峠道がよく使われたと思われます。

Dsc01486 東山(松明峠)

今日は雨の予報で景色もはっきりしません。

Dsc01488 東山頂上

帰りに尾根道を通りました。途中のピークに富士山が見えるという案内板があります。この案内板はかなり前からあります。字が読み辛くなって来ていますが、「風が強く 快晴の日 1年間に1・2回 それも午前中に ここから 富士山が 見えるよ」と書いてあります。

Dsc01489 富士山案内板

今日は富士山は見えませんでしたが、一昨年の1月にはここから富士山を見ました。

Dsc08187 1015.1.9    このピークからの富士山

今日登山道で逢ったのは1人だけでした。それほど寒い山歩きではありませんでした。

大寒について書きます。大寒は年によって日が違いますが、今年の大寒は1月20日です。

大寒とは、一年で最も寒い時期という意味ですが、実際には一週間ほどズレがあり、1月下旬から2月上旬頃、最低気温になることが多いです。

大寒は二十四節気の24番目に当たります。二十四節気は中国から伝わりましたが、日本とは季節に若干のズレがあるので、最低気温の日もずれます。

大寒は、小寒から数えて15日後で、小寒から大寒までの15日間と、大寒から立春までの15日間の合計30日間を「寒の内」といいます。

暦の上では最も寒い大寒は、耐寒の行事もいろいろあります。寒中水泳があり、みそぎの行事もあります。当ブログなど思うだけで失神しそうです。

家でコタツに入って過ごすのも良いでしょう。大寒の日をしみじみと感じながら季節の移ろいを楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

五葉城址(積雪)

大原調整池から五葉城址(ごようじょうし)を歩いて来ました。湖畔の「健脚の小径」から登ります。まだ雪が残っています。

Ooharakomiti2 

Dsc01469 「健脚の小径」登山口

15分ほどで林道に出ました。一昨日降った雪が多く残っています。

Dsc01472 林道の雪

登り始めて50分ほどで五葉城址に着きました。木が切られ展望がよくなっています。素晴らしい富士山、南アルプスが見えました。

Dsc01479 五葉城址

Dsc01475 富士山

Dsc01473 南アルプス

快晴で風も無く、頂上にいた2人と話をしながら展望を楽しみました。元旦は登れませんでしたが、吉祥山は初日の出のとき100人ほどが来ていたということでした。

五葉城址からは尾根道を下りました。途中のピークから急斜面を下り、「ドウダンの小径」に出て、車まで戻りました。

一昨日の雪は豊橋にも積もりました。道にも積もり、これだけの雪が積もったのはここ数年でも珍しいことです。

雪が降り、さらに積もるとうれしくなります。今は車の時代ですから不都合なことはありますが、子供も大人も喜んでいます。

17115 1月15日 8:30の雪

豊橋でここ10年ほどの間では、積もるのは年1回でした。年1回だけ積もる雪、はしゃぎたくなります。

雪に変わりがない(♬・・) わけではありませんが、過去に積もった雪を写真で見てみます。

051223 2005.12.23 7:30頃 

0829 2008.2.9 16:30頃

11117 2011.1.17 7:30頃

雪が降るとうれしくて写真に撮り溜めておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

富士見岩(センター試験)

朝、雪が降り始めました。9時頃には地面もうっすら白くなりました。雪のとき山を歩きたいと思っていたので、富士見岩に行って来ました。

Fujimiiwaootibatouge

湖西市のおちば公園から登ります。10:00でしたが、公園も白くなり始めていました。

Dsc01457 登山口のおちば公園

左回りに鉄塔沿いの道を行きます。途中の林道に出ると雪も多くなり、アイゼンがいるくらいです。

Dsc01458 林道の雪

林道から登山口に入ります。案内板も雪で覆われています。

Dsc01459 登山道案内

登山道も雪が多くなってきました。雪は降り続いています。自分の足跡だけが雪の上に残ります。

Dsc01460 登山道

岩場を越え頂上に着きました。雪は20cmほどありました。1時間10分で登りました。普段より20分ほど多く掛かりました。

Dsc01465 雪の富士見岩頂上

大知波峠に向かいます。この縦走路は時に北風があり、頬が痛く感じます。

大知波峠も雪に覆われています。2人がいましたが、今日はこの2人に逢ったのみでした。

Dsc01466 大知波峠

雪の里山など滅多にありません。下りて来たのは12:10でしたが、おちば公園の雪は既に少なくなっていました。雪のある時に歩け、雪山を楽しむことが出来ました。

 

今日・明日と大学入試センター試験です。あいにく最も寒い日となってしまいました。今日の当ブログの山行きは、寒さを共有することで、受験生の皆さんにエールを送りたいという気持ちもありました。

大学入試センター試験とは、日本の大学の共通入学試験です。かっては(1979年から1989年)、国公立大学の入学志望者を対象とした共通一次試験を実施していました。

その後(1990年から2016年)、大学入試センター試験に変更し、私立大学も利用できるようにするなど、試験自体を流動性のあるものに改められました。

教育というのは公平、平等でなければなりません。大学入試センター試験もそのようであったと当ブログは評価しています。

願わくば受験生には、誰も志望校に合格してもらいたいと思いますが、これは適わぬことです。

例え適わなくても努力してきたことは生きて行く上で力になります。
受験生の皆さんが、悔いのない実力を発揮され、センター試験が無事終了することを願って止みません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

吉祥山(スキーの日)

吉祥山に行って来ました。いつものBコース登山口からの一周コースです。冷え込んでいます。曇っていて富士山や南アルプスは全く見えませんでした。

Kitijoubkosu

Dsc01455 頂上からの眺め

Dsc01452 山の案内板

頂上には10人ほどの人が来ており、山が見えないのを残念がっていました。

Dsc01456 頂上の人

1時間30分ほどの歩きでした。

今日の新聞の″日の欄″に「スキーの日」とありました。毎日が何かの日ですから、特に興味があるわけではありませんが、「スキーの日」はやや関心があります。

当ブログは今は全くスキーをしていませんが、20代から40代前半くらいまではスキーが一番の趣味でした。今ではあまり聞きませんが「シーハイルの歌」を聞くと懐かしくなります。

1月12日が「スキーの日」であるのは、1911(明治44)年のこの日、オーストリア陸軍少佐レルヒが新潟県高田(上越市)で陸軍の連隊長や将校らにスキー技術を伝授したことが、日本に於ける本格的なスキー普及の第一歩とされ、この日が「スキーの日」となりました。

今はスキー人口が低下しており、1991年には14%ほどの人がスキーをしましたが、2011年は5%ほどの人となりました。

またスポーツの種類別ではウォーキングが圧倒的に多いですが、以下ボーリング、水泳、器具トレーニング、ジョギング、登山、サイクリングと続き、スキーは12番目です。

1月12日の今日、全国の各スキー場ではそれぞれユニークなイベントが行われています。今年も雪が少なくて苦労しているようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

座談山(鏡開き)

葦毛(いもう)湿原から座談山を歩いて来ました。
 
Zadanyama271

葦毛湿原は今は枯れ草ばかりです。しかし今日の新聞には、設楽町田口福田寺にザゼンソウが顔を出したという記事がありましたから、葦毛湿原も気の付かぬ間に変わって行くことでしょう。

Dsc01441 葦毛湿原

50分ほどで座談山頂上に着きました。雲があったので富士山はどうかなと思いましたが、はっきりと見えました。

Dsc01445 富士山

冬は富士山が見えるというご褒美があるので、より楽しくなります。このご褒美をもらいに、たくさんの人が来ています。

この尾根道は、富士山・南アルプス、浜名湖・太平洋が見えるので縦走している人も多くいます。

Dsc01442 尾根道の東端、向こうに太平洋

別の話を書きます。今日は鏡開きです。

鏡開きは1月11日となっています。これは毎年変わるものではなく、どの年であっても1月11日に行います。(地域によって違いはある)

鏡開きの日には、神様にお供えした鏡餅を割って食べるのが日本の風習となっています。食べることに意味があります。ではなぜ鏡餅を食べるのでしょうか。

日本では、古来から神様にお供えした物を食べるのは、神様との繋がりを強め、神様の力を頂けると考えられて来ました。

当ブログも9日の祝日に神社に奉納された鏡餅を割り、お汁粉に入れて地域の人たちにふるまってきました。

大鍋に2杯作りましたが、ただその鏡餅を割るのが堅くて大変でした。「去年(こぞ)の鏡餅」は堅物のことわざにも使われます。「石部金吉鋼太郎鉄壁去年の鏡餅」(いしべきんきちはがねのたろうてっぺきこぞのかがみもち) 

甘いお汁粉に餅、よく合います。季節を感じる良い風習です。

 

Sponsored Link
                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

蔵王山(春の七草)

田原市の蔵王山(250m)を歩いてきました。今年の初歩きです。豊橋では氷点下となり、一番の冷え込みです。

Zaousantahara

権現の森から登ります。

Dsc01423 権現の森

天気もよく、空気もキリリとしています。歩きやすく低い山なのでたくさんの人が来ています。35分で頂上に着きました。独立峰なので四方が見渡せます。

Dsc01430 三河湾、島は姫島

午後でしたが、富士山や南アルプスも見ることが出来ました。

Dsc01427 富士山

Dsc01429豊橋港、山は南アルプス

帰りも来た道を下りました。50人ほどに逢いました。

今年もすでに7日経ち、今日は七草粥の日です。
七草粥は1月7日に春の七草をいれた粥を食べるという習慣に基づいています。春の七草とは 「せり、なずな(ペンペングサ)、ごぎょう(ハハコグサ)、はこべら(ハコベ)、ほとけのざ、すずな(カブ)、すずしろ(ダイコン)」 を言います。
七草粥は、中国の風習が、日本に伝わってきた行事ですが、正月明けで飲んだり食べたりで疲れている 胃腸に、やさしいとされている食べ物です。
当ブログは春の七草をすぐに忘れてしまいます。覚えるのにこんな短歌調の覚え方もあります。
「セリナズナ ゴギョウハコベラ ホトケノザ スズナスズシロ これぞ七草」
春の七草には普段は食べない植物もありますが、懐かしい思いが致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »