« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月19日 (日)

三岳山・立須

静岡県引佐町の三岳山(466m)に行って来ました。登山口の三岳神社まで車で入れます。

Mitakesan 

神社まで入ると簡単に登れます。頂上には20分で着きました。頂上は三岳城跡になっています。富士山が見えました。南アルプスも見えます。

Dsc01675 三岳山頂上

Dsc01670 三岳山からの富士山

Dsc01672 南アルプス

浜名湖や浜松市街など見渡せます。

Dsc01664 浜名湖

Dsc01674 浜松市街、太平洋

直虎ブームか10人ほどの人が来ていました。

次に近くの立須(たちす)に寄りました。石灰岩の岩山です。5分ほどで登れます。井伊谷(いいのや)付近は石灰岩の山が多く、鍾乳洞の竜ケ岩洞(りゅうがしどう)も近くにあります。今登って来た三岳山も見えます。

Dsc01688 立須

Dsc01679 三岳山

三岳山の尾根には10基の発電風車があります。2010年から稼働されており、総発電力は2万kWです。

Dsc01685 風車群

この発電所の名前は「浜松風力発電所」と言い、風車はドイツ製です。羽根の直径は82m、高さは78mです。

近くで見るととてつもなく大きいものです。

Dsc01691 風車

今日はあまり寒くは感じませんでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

平尾山(雨水)

平尾山は464mで豊橋では1番高い山です。豊川用水の調整池である大原調整池のゲートのある登山口から登りました。

Ooharahirao1 

林道を40分歩きます。平尾山登山口へ出、登山道を行きます。そこから30分で頂上へ着きました。樹林に囲まれ展望はありません。

Dsc01655 平尾山頂上

平尾山からはそのまま引き返しましたが、頂上直下に展望が開けたところがあります。枝越しに三河湾 が見えます。

Dsc01653 遠く三河湾

葉が繁ってくると見えなくなるので、見えるのも今だけと思います。

帰りは五葉城址に寄りました。ちょうど展望写真案内板を設置しており、たくさんの人が作業をしておりました。富士山は雲があり見えません。

Dsc01662 五葉城址からの眺め

Dsc01661 展望案内板を設置する人たち

五葉城址もいろいろ整備され、来る人も多くなることと思います。

今日は二十四節気の雨水です。昨日は西日本や東日本で春一番が吹いたということです。豊橋は風はありませんでしたが雨でした。一雨ごとに暖かさが増して行くと思います。

雨水というと春の間近さを感じます。今日もマンサクの花が林道途中で見られました。芽が膨らんでいる木も幾つかありました。

雨水は雪が雨に変わり、氷が水になる、という意味です。草木が芽生える頃で、昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。また、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれると言われています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

東山(大知波桜)

葦毛(いもう)湿原から二川の東山(松明峠 258m)に行って来ました。曇っていますがそれほど寒くありません。50分で頂上へ着きました。

Higasiyama_imou

Dsc01651 東山頂上

Dsc01652 二川の街

帰りも同じ道を戻りましたが、葦毛湿原まで来ると雨も降り始めました。

2月15日の中日新聞に湖西市大知波(おおちば)に早咲きの寒桜があり、8分咲であるという記事がありました。昨日見に行って来ました。
この桜は湖西市大知波の大神山(おおかみやま)八幡宮にあり、「大知波桜」と名付けられています。

Dsc01634 大知波桜1

河津桜より早咲きの品種で、二月上旬から中旬にかけて、淡いピンクの花を咲かせます。
成木は大神山八幡宮を含めて大知波地区に2本しかなく、ルーツははっきりしないということで、樹齢は五十年ほどとみられています。

Dsc01642 大知波桜2

Dsc01636 大知波桜3

家から車で10分ところにありますが、こんな近いところにこんな桜があるとは知りませんでしたので、ネットで調べてみました。
この桜が「大知波桜」と名付けられたのは、一昨年でまだほんの最近です。河津桜や熱海桜は有名ですが、全く別の寒桜で、寒緋桜と山桜の雑種と言うことです。
地元ではこの桜の子孫を残そうと、十数年前から枝を山桜に接ぎ木したり、新芽を挿し木したりして増やしています。
 
よく登る富士見岩の登山口の「おちば公園」にも植えられたということです。この桜が春に先駈け、山一面に咲き揃う景色を思い描いています。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

神石山

普門寺から神石山に行って来ました。家から遠くなるので普門寺から登ることは滅多にありません。

Kamiisifumoiji 

初めは普門寺から船形山に登ろうと思っていました。しかし登山道はなくなっていました。

これは2009年の台風18号で普門寺の山は大きな被害に遭いました。大木が倒れ、道も崩れました。道はその時からなくなったものと思われます。

普門寺はもみじの名所でしたが、その時は枝も折れ、色もくすんでしまいました。しかしやっと最近復活して来ました。

今日の普門寺はほとんど人もおりません。

Dsc01624 普門寺山門 (額には船形山と書いてあります)

神石山に向かう登山道に入りました。約30分で頂上に着きました。頂上には10人ほどが居ました。登山口が幾つかあるので、それぞれのところから来ているようです。

Dsc01630 神石山頂上

残念ながら富士山は見えません。下りは尾根道を座談山側に進み、途中の普門寺峠から普門寺に下りました。

Dsc01633 普門寺峠

寒いときですが、尾根道でも冬の里山を楽しんでいる人、何人かに会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

雨生山

愛知・静岡県境にある雨生山(うぶさん)に行って来ました。宇利峠から登られていることが多いですが、新城中宇利の桜の園から登りました。

Ubusan2

桜の園西の道を行きます。林道に出てしばらく歩き、登山道に入ります。展望の良いピークに着きました。雨生山、吉祥山、本宮山が形よく見えます。南アルプスなどの雪山も見えます。

Dsc01615 左より雨生山、吉祥山、本宮山

Dsc01622 雪の山々

たいへん寒いですが、汗ばんだ頬に寒風が当たり、それが心地よいときもあります。1時間ほどで雨生山頂上に着きました。浜名湖が一望できます。

Dsc01617 雨生山頂上

Dsc01618 浜名湖

東名高速から新東名高速への三ケ日ジャンクションも一望できます。。

Dsc01620 三ケ日JK

桜の園は早咲きの桜も植えてありますが、桜の咲いている木は全くありませんでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

赤岩尾根ピーク

赤岩寺の登山口から、鉄塔沿いの道を登って行きました。

Akaiwatettouisshuu 

途中で豊橋市街がよく見渡せるところがあります。田原まで見通せます。

Dsc01609 豊橋市街

35分で尾根ピークに着きました。南アルプスも見えるのですが、雲があります。近くの石巻山が目前に見えます。

Dsc01611 石巻山

Dsc01612 ピークから新城方向

下りは尾根道を豊橋側に歩き、途中から赤岩寺に出る道を下りました。

今日は建国記念の日の休日、普段はあまり人に出合わない尾根道ですが、山歩きの人、トレイルランをしている人など居りました。

10:00頃歩きましたが、午後3:00頃珍しく雪が降り始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

五葉城址

大原調整池から五葉城址まで歩いて来ました。気温が低く身も引き締まります。林道を登って行きます。

Oohara2 

ずっと林道歩きをして行くと、出丸という標識があります。そこに行きました。すぐにピークになりますが、木が切られ展望がよくなっていました。以前は樹々に囲まれていました。

Dsc01599 出丸標識

Dsc01595 出丸よりの眺め

富士山、南アルプス、中央アルプスが眺められました。

Dsc01596_2 出丸から南アルプス

出丸からはすぐに五葉城址です。五葉城址は木が切られてから180度の素晴らしい展望となりました。

Dsc01603 五葉城址からの眺め

Dsc01604 富士山

Dsc01605 南アルプス

Dsc01606 中央アルプス

帰りは来た道を戻りました。1時間40分ほどの歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

嵩山(北方領土の日)

昨日、湖西市の梅田から低山の嵩山(すやま 170m )に行って来ました。曇っていてかなり冷え込んでいました。

Suyama2 

登山口には整備された駐車場があり、10台ほど来ていました。

Dsc01589 登山口

25分で頂上に着きました。富士山は雲があり見えません。浜名湖が見えます。

Dsc01592 嵩山からの浜名湖

帰りも来た道をそのまま引き返し、わずかな歩きでした。

別の話を書きます。今日は北方領土の日です。新聞に何か関連記事があるか見てみましたが、政府広報の欄に触れられているだけでした

北方領土とは択捉島(エトロフ)、国後島(クナシリ)、色丹島(シコタン)、歯舞諸島(ハボマイ)からなる北方四島を言います。

北方領土問題とは、太平洋戦争の末期、日本がポツダム宣言を受諾し、降伏の意図を明確に表明したあとに、ソ連(ロシア)が北方四島に侵攻し占拠し続けていることを言います。

北方領土の日は1981年に設けられました。全国的な北方領土返還運動の一層の推進を図るために閣議で制定されました。

北方領土の日が2月7日であるのは、日露和親条約の締結日が2月7日であったことに由来します。

日露和親条約とは、1855年(安政元年)江戸幕府とロシアの間で定められた条約で、 このとき択捉島とウルップ島の間の国境線も定められました。

北方四島には、かっては17000人の日本人が暮らし、カニ、サケ、マスなどの漁業で栄えていました。

戦後71年、元島民の平均年齢は80歳を越え、返還運動も勢いを失いつつあります。また、元島民たちの意識も変わってきています。元島民も今は6700人となりました。

北方領土問題については昨年もブログに書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

石巻山(続 伊良湖の戦争遺跡)

今日は立春、寒気は強いですが晴れています。家から10分ほどの石巻山にぶらりと行って来ました。中腹の駐車場まで入れるので簡単に登れます。

Isimakisanyama2

25分ほどで頂上です。富士山の所にだけ雲があり見えません。南アルプス、中央アルプスは見えました。

Dsc01586 南アルプス

Dsc01588 中央アルプス

石巻神社山上社にお参りに来ている人もあります。短い登山道ですが5人に逢いました。

別の話になります。伊良湖岬の戦争遺跡を昨日見て来ました。

小中山地区など伊良湖近辺の他の戦争遺跡は1度見ており、以前のブログに書いております。

椰子の実記念碑のある「日出(ひい)の石門」の近くに「伊良湖防備衛所跡」があります。これは、太平洋戦争末期に米軍の侵攻に備えて、伊良湖岬と伊勢との間の伊良湖水道を機雷で封鎖するための監視所跡です。

コンクリートの塊があるだけでがっかりかもしれません。

Dsc01574 日出の石門

Dsc01578 伊良湖防備衛所跡

Dsc01577 防備衛所跡碑

伊良湖岬は菜の花が一面の黄色でした。

Dsc01569 菜の花(29.2.3)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

富幕山(続 豊橋の戦争遺跡)

富幕山(とんまくやま)に行って来ました。静岡県引佐(いなさ)町の奥山高原から登ります。
 

Tonmakuyama

途中の展望台から富士山が見えました。素晴らしい富士山です。今は一番寒いときですが、富士山が見えるというご褒美があります。南アルプスも見えます。

P2020003 富士山

P2020007 南アルプス

他の季節では条件が良くないと見えません。40分で頂上に着きました。頂上には8人ほどが居ました。

Dsc01563 富幕山頂上

たいへん冷え込み、霜柱の上を歩きました。風もあり頬が痛く感じました。

 

豊橋公園の戦争遺跡について書きます。豊橋には歩兵18連隊がありました。

歩兵18連隊は、明治17年に名古屋で新設され、明治20年に豊橋の吉田城址に移駐しました。現在の豊橋公園・豊城中学・豊橋市役所の場所になります。

戦後に多くの施設は取り壊されましたが、門や立哨台など一部の施設が残っており、わずかに往時を偲ぶことが出来ます。

Dsc01548 台(出入りする人を24時間チェックしていた)

Dsc01547 営門(昭和10年代に造られた)

Dsc01550 西門(現在は豊橋市役所駐車場入口横に移設されている)

Dsc01551 西門説明版

Dsc01532 門柱(将校が兵舎から将校集会所へ行く時に使われた)

Dsc01552 弾薬庫

Dsc01535 灰捨場

Dsc01528 聯隊記念碑(これは台座でこの上に砲弾型の碑が乗っていた)

Dsc01533 歩兵第18連隊之址(記念碑は戦後)

豊橋公園には他に歩兵百十八聯隊記念碑、歩兵二百二十九聯隊記念碑もあります。

第15師団も駐屯しましたが、この司令部遺跡は愛知大学にあります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »