« 金山(ふじ) | トップページ | 吉祥山(立夏) »

2017年5月 2日 (火)

平尾山(八十八夜)

豊橋市で一番高い平尾山(464m)へ行って来ました。大原調整池のゲートのある林道から登ります。

Ooharachouseihiraoyama

林道を40分ほど歩くと五葉城址です。展望が良く、山の案内板が設置されています。冬の間は富士山がいつも見えていましたがもう駄目です。

Dsc02060 五葉城址

五葉城址を先に進むと登山道へ入ります。登山道を30分ほど歩くと平尾山頂上に着きました。木に囲まれていて展望はありません。.

Dsc02062 平尾山頂上

頂上からは宇利峠側に尾根道を歩いて行きます。やがて鉄塔に出ますが、この辺りは眺めがよく、浜名湖や三ケ日の街、反対側には新城市が見えます。

Dsc02064 浜名湖

鉄塔からは大原調整池に下りる道を行きました。また林道に出、車まで戻りました。2時間ほどの歩きでした。

今日は八十八夜、山は若葉に溢れていました。八十八夜は立春からかぞえて八十八日目にあたる日です。

ちょうどこの頃が、農家では種まきや田植えの準備など春の農作業を行う時期にあたる目安の日とされてきました。

八十八夜は二十四節気以外の雑節で、 他にも節分・入梅・半夏生・彼岸などあります。どれも季節感を表し、子どもの頃を懐かしく思います。

八十八夜と言うとお茶です。八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きできると言われています。新茶はその後に摘まれる茶葉よりも、栄養価が多く含まれていると言うことです。

八十八夜は春から夏に移る節目の日、縁起のいい日とされてきました。3日後は立夏です。

|

« 金山(ふじ) | トップページ | 吉祥山(立夏) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平尾山(八十八夜):

« 金山(ふじ) | トップページ | 吉祥山(立夏) »