« 衣笠山、滝頭山 | トップページ | 五葉城址(明日は夏至) »

2017年6月16日 (金)

井山 本因坊防衛

6月15・16日に行われた本因坊決定戦七番勝負第4局は本因坊文裕(井山裕太九段 28)が挑戦者の本木克弥八段(21)を破り、4連勝で6連覇を決めました。

井山は囲碁界の七大タイトルのうち、六冠(棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段)を保持しています。以前は七冠でしたが名人位を失っています。

井山は3つの名誉称号を持っています。「名誉棋聖」、「二十六世本因坊」、「名誉碁聖」です。名誉称号は連続5期もしくは通算10期タイトルを獲得した棋士に与えられる称号です。

本因坊は、江戸時代に成立した、囲碁の家元のひとつですが、今ではタイトル戦となりました。

本因坊は名誉称号を持つと本因坊の号を付けることが出来ます。井山本因坊の号は「文裕(もんゆう)」です。

本因坊ゆかりの京都・寂光寺の大川定信住職が、知恵を象徴する文殊菩薩と、井山の名前から1字ずつ取って命名しました。

号は付けなくても構いません。趙治勲は付けませんでした。

将棋では中学3年の藤井棋士がプロ初対局から26連勝を続けています。当ブログは将棋はわかりませんが、井山ファンで井山からは沢山の楽しみをもらっています。
井山については(2016. 6/30)、(2017. 3/11)にも書いています。

|

« 衣笠山、滝頭山 | トップページ | 五葉城址(明日は夏至) »

囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井山 本因坊防衛:

« 衣笠山、滝頭山 | トップページ | 五葉城址(明日は夏至) »