« 富幕山(季節の移ろい) | トップページ | 富士見岩(釣り) »

2017年9月 7日 (木)

阿寺の七滝(白露)

一昨日阿寺(あてら)の七滝を歩いて来ました。家から1時間くらいの所にある滝です。日本の滝百選にも選ばれています。
Atera
 

新城市大野の国道151号から県道442号に入ります。阿寺川に沿って10分ほど走ると駐車場のある入口に着きました。

ここからは林道を歩きます。せせらぎの音を聞きながら、大きな杉の木立の道を歩きます。この辺りは断層が見られます。途中「くいちがい石」という、左右がずれた石も見られました。20分ほどで滝に着きました。

Dsc02624 くいちがい石

Dsc02631 阿寺の七滝

Dsc02627 阿寺の七滝

Dsc02628 阿寺の七滝

阿寺の七滝は巣山高原から流れ出る水が七段の滝となり流れ落ちています。滝は62mの高さで、下から見えるのは第4の滝までです。滝壺や途中の渓流にはたくさんの魚がいました。

阿寺の七滝は、平安時代の陰陽師 安倍晴明(921~1005年)がこの滝で修業したということですから、かなり古くから発見されていた滝です。

今では巣山高原の下に三遠南信道の三遠トンネル掘られ、静岡県浜松市引佐と愛知県新城市名号を自動車道で繋いでいます。かってはこの阿寺地区は静岡県の渋川、愛知県の大野、名号など繋ぐ交通の要衝地でした。

 

今日は白露(はくろ)です。処暑(8月23日)から数えて15日目頃です。この日から仲秋になります。草花に朝露が結ぶようになったということから名づけられました。

これまでは朝からうだるような暑さを感じていたのに、白露の時期になると朝晩は少しひんやりと感じられます。野にはすすきの穂が顔を出し、本格的な秋の到来を感じる頃です。

|

« 富幕山(季節の移ろい) | トップページ | 富士見岩(釣り) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿寺の七滝(白露):

« 富幕山(季節の移ろい) | トップページ | 富士見岩(釣り) »