« 戦後の生活・・・映画 | トップページ | 五葉城址 »

2017年10月29日 (日)

戦後の生活・・・三角ベース

戦後の頃の遊びに次のようなのがありました。

野球、チャンバラ、かくれんぼ、鬼ごっこ、縄跳び、石けり、缶けり、紙鉄砲、水鉄砲、独楽まわし、カッチン(ビー玉)、ケン(メンコ)、釘さし、竹馬、カッポン、凧づくり、ゴムパチンコ、タガ廻し、蛍狩り、虫捕り、魚釣り、雑魚掬い、水泳、砂遊び、折り紙、将棋、かるた、遊戯(花いちもんめ、かごめかごめ、はじめの一歩など)、押しくらまんじゅう、馬跳び

女子では ゴム跳び、お手玉、鞠つき、羽根つき、あやとり、ままごと 

この中で一番行ったのは野球でした。野球と言っても「三角ベース」というやり方でした。「三角ベース」について説明します。

「三角ベース」は2塁(あるいは3塁)のない野球です。人数が少ないときに行います。人数は1チーム6人ほどであればよいのですが、いつもそんなに集まりません。全部で6人位でした。

守備チームはピッチャー、1塁、3塁の守りに付き、攻撃チームはバッター、ランナーですが、キャッチャーや球拾いもしました。

小学校低学年の頃はやわらかいゴムのボールを手のひらで打ちましたが、高学年になってくると硬いボールを自分で作り、木を削ったバットで打ちました。

近くの空き地で行いましたが、ボールが道路まで飛んで行っても交通はあまり心配ではありませんでした。道はたまに人や荷車が通るくらいでした。

このボール作りには手を掛けました。ぼろきれを芯にし糸を巻き付けます。またぼろきれを巻き、糸を巻き付けます。できる限り硬いボールにします。

最後は8の字に切った布を縫い合わせますが、ボールの大きさと布が一致せず苦労しました。薄い布しかなくすぐに破れてしまいました。

この「三角ベース」は全国どこでも行われていたようです。戦後の頃は野球が普及し、プロ野球もあって人気がありました。

今では子供の遊びもすっかり変わってしまいました。「三角ベース」という言葉も無くなってしまったでしょう。この言葉を聞くとその頃のことを思い出します。

台風22号は今日夕刻伊豆沖を通過し、海上を関東沖に進んで行きました。風はあまり吹きませんでしたが、大雨が降りました。

|

« 戦後の生活・・・映画 | トップページ | 五葉城址 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦後の生活・・・三角ベース:

« 戦後の生活・・・映画 | トップページ | 五葉城址 »