« 戦後の生活・・・鋳掛屋 | トップページ | 五葉城址 »

2017年11月24日 (金)

井山祐太 囲碁天元防衛

4日前に囲碁の井山祐太が王座を防衛したことを書きましたが、今度は天元を防衛しました。

井山裕太は、七大タイトル 棋聖(きせい)、名人、本因坊、王座、天元(てんげん)、碁聖(ごせい)、十段 を独占しております。

今年10月、2度目となる七大タイトル独占をしてから、防衛戦が行われています。先ず11月20日に王座、そして今日天元を防衛しました。

天元戦の相手は王座戦と同じ一力遼八段でした。第3局は井山裕太が勝ち、3連勝で天元を防衛しました。驚きの強さです。

こんなに強い井山をもってしても、中国、韓国の棋士には負けていました。しかし、10月に行われた国際大会の準決勝で、世界最強とされている中国の柯潔九段に勝ちました。

井山が世界一になることが期待されていますが、井山は以前に一度世界一になったことがあります。

しかし、井山や柯潔九段より強い相手が現れています。それは人工知能(AI)「アルファ碁」です。

人工知能(AI)「アルファ碁」は昨年3月、韓国の李セドル九段に4勝1敗と勝ち越しました。今年5月には柯潔九段に3戦全勝しました。

人工知能(AI)は「アルファ碁」よりもさらに強い「アルファ碁ゼロ」が開発されています。まさかここまで来るとは思いもしませんでした。この先どうなって行くのでしょうか。

|

« 戦後の生活・・・鋳掛屋 | トップページ | 五葉城址 »

囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井山祐太 囲碁天元防衛:

« 戦後の生活・・・鋳掛屋 | トップページ | 五葉城址 »