« 戦後の生活・・・飛行機ガラス | トップページ | ラクダ岩 »

2017年12月25日 (月)

赤岩尾根(戦後の生活・・・懐かしの映画)

 家から赤岩尾根西ピークまで行き、一周して来ました。頼朝が上洛する際に通った鎌倉街道の一部です。多米側から登り、乗小路峠からピークへ行き、乗小路へ下りました。

Akaiwatakayama4  

Dsc00232 赤岩尾根西ピーク

 Dsc00233 登山道を降りた所
 
 展望は全くありません。1時間20分ほどの歩きでした。
 

別の話になります。
 
先日、原節子主演の映画がテレビでありました。3本ありましたがいずれも録画しておいて、その後すぐ観ました。1度はどれも見たことがあります。
 
それは1949年(昭和24年)制作の「青い山脈 (監督 小津安二郎)、1951年(昭和26年)制作の「麦秋(監督 小津安二郎)、1954年(昭和29年)制作の「山の音」(監督 成瀬巳喜男)でした。この映画が造られたころは当ブログは小学生でした。
 
これらの映画は昭和20年代作品で、時代背景は自分の幼い頃とぴったりと合います。またこれらの映画の内容は、今の時代とかけ離れているわけではありません。不思議なほど一致してます。観るのは2回目ですが内容を忘れていることもあり、どれを見ても大変感動をいたしました。
 
これら以外にもこの時代の映画はたくさんあります。昭和20・30年代の作品で、今までに見た中から、大変感動した小津監督と木下監督の映画を10作品とり上げてみました。
これは全く自分の好みで書きましたこれらがまた再放送されることを願っています。
  
年代順
1949年(昭和24年) 晩春」 (監督 小津安二郎)
1953年(昭和28年) 東京物語」 (監督 小津安二郎)
1954年(昭和29年) 二十四の瞳」 (監督 木下恵介)
1955年(昭和30年) 野菊のごとき君なりき」  (監督 木下恵介)
1957年(昭和32年) 喜びも悲しみも幾歳月」 (監督 木下恵介)
1957年(昭和32年) 東京暮色」 (監督 小津安二郎)
1958年(昭和33年) 彼岸花」 (監督 小津安二郎)
1960年(昭和35年) 秋日和」 (監督 小津安二郎)
1961年(昭和36年) 小早川家の秋」 (監督 小津安二郎)
1962年(昭和37年) 秋刀魚の味」 (監督 小津安二郎)
 
 
 

 

|

« 戦後の生活・・・飛行機ガラス | トップページ | ラクダ岩 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤岩尾根(戦後の生活・・・懐かしの映画):

« 戦後の生活・・・飛行機ガラス | トップページ | ラクダ岩 »