« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

神石山、戦後の生活・・・サーカス小屋

湖西市梅田から神石山に行って来ました。

Toyohasiumeda_2

登山口の新池は改修工事が終わり、水を入れるばかりになっていました。
 
Dsc00505新池
 
仏岩、ラクダ岩を迂回して行きます。鉄塔沿いの道で電線の下の木が切られ、展望がよくなっています。浜名湖や太平洋がよく見えます。

Dsc00497 途中からの眺め

1時間で神石山頂上です。ここまでに30人ほどに逢いました。今日も多くの人が来ています。富士山は霞んでいて見えませんでした。

Dsc00502 神石山頂上

下りは途中から別の道を下りました。これが大失敗、登山口からはるか離れた所に下りてしまい、上りの倍の2時間かかって戻りました。合計3時間の歩きでした。

別の話になります。

戦後の頃はサーカス小屋が掛かりました。小さな街でしたが毎年来ました。空き地に丸太を組み、テントを張って小屋が出来あがります。小さなサーカス団でした。

サーカスが来ると、子供は喜び小屋掛けのときから楽しみにしていました。毎年見に行きました。当ブログが4年生の時に見たサーカスのことを書きます。

小屋はほぼ満員で、子ども・大人半々ほどでした。小屋は広くもないので大掛かりな道具を使うサーカスではありません。空中ブランコのようなものはありません。

曲芸とか、犬の芸でした。最後は日本髪を結ったお姐さんの日本舞踊でした。その頃は芸能と言えば日本舞踊が中心でした。

お姐さんはあでやかな衣装で優雅に踊っていましたが、終わり頃に近づいて着物を脱ぎ始めました。1枚1枚脱いでいって肌襦袢だけになりました。

当ブログも遊び仲間でストリップと言う言葉は知っていましたが、このサーカスがそれをするということは思ってもいませんでした。
 
お姐さんは肌襦袢も脱ぎ腰巻だけになりました。幼心にもここまでだろうと思っていましたが、お姐さんは腰巻も取りました。
 
腰巻を畳んで巻き、腰を落として片膝を着きました。腰巻を持った手は前にあてていました。ここで幕が下りました。
 
子供も女性もおりましたが、このサーカスは何でもありでした。戦後でとにかく生きて行くということが最初でした。何故か翌年からはサーカスも来なくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

パソコン・インターネット(その2)

パソコン・インターネット続きになります。インターネットはブログも行っています。ブログもホームページと同じ頃始めました。
 
ホームページにはブログに書いたことの題名を表にして書いています。両方に書くのは無駄のようですが、ホームページは記録として、ブログは日記として書いております。ブログは“niftyココログ”使っています。
 
今はホームページよりブログの記事を書くことの方が、圧倒的に多くなりました。ブログも分からないことが多く解決できていません。
 
メールは“Windous Live Mail”を使っています。“twitter”や“facebook”も行っていましたが、5年ほど前から行っていません。ブログやメールで間に合うので使わなくなりました。
 
携帯はガラ系を持っていますが、スマホは持っていません。パソコンで間に合うのであまり必要を感じません。しかし今やスマホは生活の中に入り込んできています。
 
とにかく電子機器はものすごい勢いで進んでいます。真空管からトランジスタの時代までは付いて行けましたが、もう全く分かりません。この間50年ほどで驚異的な発達です。
 
AI(人工知能)なるものも登場し日進月歩です。囲碁にまで勝ってしまうのは全くの驚きです。50年でこれだけの進歩ですから、あと50年と言わず、10年したらどのようになっているでしょう。そのとき当ブログは87歳、その時が見られるかどうか・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

長楽寺梅、パソコン・インターネット (その1)

今日は穏やかで春めいています。浜松市細江町西気賀の長楽寺に梅を見に行って来ました。長い階段の両側に梅が植えられトンネルになっています。

Dsc00480 案内板

Dsc00483 梅トンネル

Dsc00484 

しかしまだ早いようでした。道にはお地蔵さんの祠もあります。

Dsc00489

上からは浜名湖が見えます。よく咲いている木もありました。

Dsc00486 浜名湖

Dsc00487

長楽寺にも寄ってみました。途中の道にはミカンを売っているところもあります。2袋買いましたがどちらも安くておいしいミカンでした。

Dsc00490 ミカン販売

Dsc00491 長楽寺

梅見物に来ている人も7人ほどいました。みんな頑張って階段を上まで登っていました。

別の話になります。

当ブログのインターネットはホームページとブログを中心に行っております。パソコンは
 
NECデスクトップパソコン 1990年
SOTECノートパソコン 2000年
NECノートパソコン 2004年
東芝ノートパソコン 2013年
 
と買い替えて来ました。
 
当ブログの一番の趣味は山歩きで、これを記録に留めたいと思っていました。初めはインターネットという言葉の意味さえも分かりませんでした。
 
先ずホームページを作りました。ホームページのソフトはネットのオークションで“IBMホームページビルダー11をゲットしました。これには図もかけるウェブアートデザイナーというソフトもありました。

山のホームページには地図を入れたいと思っていたので、このウェブアートのソフトが大変役立ちました。当ブログのホームページにはすべて地図が入れてあります。
 
しかし不器用な小生にはホームページを作ることも、ウェブアートのソフトを使えるようにすることも大変なことでした。すべて自分で行いました。
 
ホームページをインターネットに繋ぐにはブロバイダーと契約をします。ホームページがネットに繋がるか、これがまた大変なことでした。
 
パソコンには約束事がたくさんあります。例えば英数字で書くところを文字で書いてしまうと繋がりません。何故繋がらないかそれを探し出すのが大変でした。
 
ホームページを始めて10年以上になりますが、以前はパソコン検索もまだ充分でなく苦労しました。ネットに繋がらないときは途方にくれました。電話を掛けても1・2時間以上待ちます。今でもわからないことがたくさんあります。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

神石山、山での思い

近くの神石山に行って来ました。神石山は富士山も見え、浜名湖の展望がよいので豊橋自然歩道(湖西連峰)の中では一番多くの人が来ています。
 
Kamiisitearaioufuku
 
登山口は5・6ケ所ありますが、葦毛湿原登山口と梅田峠登山口が一番良く登られていると思います。
いつもの手洗登山口から登りました。頂上まで1番近い登山口です。松林の登山道を登って行きます。松かさがたくさん落ちています。集めたようにたくさんでした。

Dsc00473 松かさ

40分で頂上です。15人位いましたが、それからもグループなど続々と登ってきて30人ほどとなりました。土曜日の昼時であったので多かったのでしょうか。

Dsc00476 神石山頂上

富士山は見えませんでしたが、風も無く、寒くもなくて気持ちの良い頂上でした。

山での思いを書きます。

山ではいろいろな困難に出会いました。道の間違え、無理な行程、浮石、急斜面の枯枝掴み、落石、アイゼン無しの氷道、岩場での雷、水の欠乏などありましたが、その都度助けられました。

一つ間違えると命に係わっていました。どの時も運が良かったとしか思えません。しかし、それだけではどうも分かりません。

自分は誰かに助けられているとしか思えません。それは誰か、それは仏様か神様です。仏様は特に母親です。危険なときにはいつも母親が助けてくれたと思っています。じっと見ていてくれました。

仏様・神様に感謝いたします。山の神様、これからもどうかよろしくお願い致します。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

赤岩尾根ピーク、戦後の生活・・・もちつき

豊橋多米の赤岩寺から、鉄塔沿いの道を登って赤岩尾根のピークまで行って来ました。この道は送電線の下なので、木が切られて日が当たり、風も遮られるので冬にはのんびりゆったり歩けます。 

Akaiwatettouisshuu

45分でピークに着きました。ここからは富士山は見えませんが南アルプスや中央アルプスは見えます。

Dsc00470 鉄塔のあるピーク

Dsc00465 南アルプス

Dsc00467 石巻山の向こうに中央アルプス

このピークは以前には三河富士と呼ばれていることもあったようですが、とてもそのようには見えません。派生尾根の小さなピークです。

別の話になります。

戦後の頃は家でもちを搗きました。12月29日は苦餅といって避け、30日に搗きました。この日になると他の家でも、もちを搗く音が聞こえて来ました。
 
もちを搗くのは準備も大変なことでしたが、毎年当たり前のこととして行っていました。餅つきはわが家では当ブロブが小学生であったころまで行い、やがて行わなくなりました。餅つきのやり方を順に書いてみます。
 
①まず前日にもち米を水に浸しておきます。もち米は炊くのでなく、蒸すので柔らかくしておくためです。翌日もち米をザルに挙げます。

②釜土の釜にたっぷりの湯を沸かし、その上にせいろを3段程重ねておきます。釜土では薪をどんどんくべて行きます。1せいろは2升程でした。
 
かまど.jpg釜土  ネットで拝借しました

③土間に臼と杵を用意しておきます。せいろに一番上まで湯気が上がってくると蒸されたことが分かります。一番下のせいろの米を温めておいた臼に移します。
 
④はじめは「小搗き」を行います。これを行わないと米の粒が飛び散ってしまうので、ある程度もち状態にしておきます。臼の周りを回りながら行います。
 
小搗き  ネットで拝借しました

⑤いよいよ餅つきです。杵を高く振り上げて搗きます。“取り手
は外側から中へまとめるようにして餅を返して行きます。大変熱いので手に水を付けながら行います。我が家では“搗き手を父親、“取り手を母親が行っていました。当ブログも両方やってみましたが長続きしませんでした。
 
⑥搗き上がった餅は粉を広げた台の上に載せます。ここからいろいろな餅に仕上げて行きます。お供え用の餅、あんころ餅、安倍川餅、大半は伸し餅です。子供も行いました。

⑦伸し餅は10臼以上は作りました。その頃は何でもたくさん作ったものです。翌日に切ります。

⑧餅はその他にも、臼から直接千切って取ったみずとり餅、ヨモギを入れたよもぎ餅
、搗くときにいろいろなものを混ぜたかき餅なども作りました。
 
正月後も長い間餅を食べることが出来ました。あんころ餅もたくさん作ったので、火鉢で焼き頬張りました。かき餅は硬くなるまで置き、火鉢で焼いて食べました。
1年に1度だけの行事で子供は楽しみでした。年末の忙しいときによくぞ続けてきたと思います。

今では行事等で行われているところもありますが、続けている家は少なくなりました。我が家も最近まで臼と杵が残っていましたが処分してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

梅だより

豊川市の赤塚山公園に梅を見に行って来ました。梅まつりが開かれています。早咲きの梅は咲いていましたが、開花は遅れています。

Dsc00458 赤塚山公園梅林

Dsc00450

Dsc00457

Dsc00454

今年は昨年より10日ほど遅れているようです。

赤塚山公園は総合公園で他にもいろいろな施設があります。“ぎょぎょランドという淡水魚水族館があります。豊川水系の魚など80種、2000匹が展示されています。入場料は無料です。赤塚山公園は駐車場も無料なので全くお金がかかりません。

Dsc00463 ぎょぎょランド

他にしょうぶ園など7施設があります。公園内には弘法山という小高い山もあり散策できます。頂上には展望台があり、豊橋・新城方向の展望があります。

Dsc00460 展望台からの眺め

昨日は浜松市雄踏町にあるガーデンパークの梅を見て来ました。小さな梅園ですが、ここも早咲きの梅がほつほつと咲いていました。

Dsc00447 ガーデンパークの梅

Dsc00449 ガーデンパークの梅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

桜・梅・マンサク 、 井山棋聖防衛

湖西市大知波(おおちば)に早咲きの寒桜があり、見に行って来ました。 
この桜は湖西市大知波の大神山(おおかみやま)八幡宮にあり、「大知波桜」と名付けられています。3年ほど前に名付けられたばかりです。

Dsc00427 大知波桜

まだ6分咲きほどでしたが、河津桜や熱海桜とは全く別の寒桜で河津桜より早く咲き、二月上旬から中旬にかけて花を咲かせます。

Dsc00429 大知波桜

 成木は大知波地区に2本しかなく、ルーツははっきりしないということで、樹齢は五十年ほどとみられています。

Dsc00428 大知波桜

昨年知ったばかりで、昨年のブログにも書きました。大変貴重な桜と思われます。地元では十数年前から枝を山桜に接ぎ木したり、新芽を挿し木したりして増やしています。

「おちば親水公園」にも植えられているので、そちらも見に行って来ました。10本ほど植えられていると思いますが、まだ幼木で全く咲いてはいませんでした。大事に見守りたいと思います。

「おちば親水公園」には梅林もあります。こちらは1~2分咲きでした。もう案内板やロープが張られ見学コースが造られていました。

Dsc00433 僅かに咲いていた梅

マンサク

三ケ日のマンサクも見て来ました。マンサクは春に先駈けて先ず咲きます。三ケ日のマンサクは群生地で100株ほどあります。

Dsc00442 マンサク

Dsc00446 マンサク

樹齢100年、高さ5mを超すものもあります。最近整備されマンサクの木も植えられています。

追記

囲碁棋聖戦7番勝負4局は 今日(2月16日) 18:26 177手 中押し勝ちで井山が勝ち、4連勝で棋聖位を防衛した。井山棋聖位6連覇。2月13日には国民栄誉賞を受賞している。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

蔵王山(田原城跡)

田原市の蔵王山(250m)を歩いてきました。登り口は“権現の森”という公園となっており、広い駐車場やトイレが備えられています。
  

Zaousantahara

Dsc00417_2 権現の森登山口

歩きやすく低い山なのでたくさんの人が来ています。30分で頂上に着きました。展望台、風車、展示場、売店などあります。車でも来れます。

Dsc00418 豊橋方向

富士山は見えませんでしたが、南アルプスは霞んで見えました。富士山が見えた日を付けたカレンダーがあり、今年になって半分ほどの日は富士山が見えたようです。

この後、田原城跡に寄ってみました。近くの池の原公園にも行ってみました。

Dsc00425 城址の門

Dsc00419 渡辺崋山幽閉地 池の原公園

Dsc00421 崋山先生幽囚の家 と書いてあります

近くには崋山神社、崋山会館、巴江(はこう)神社などもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

東山

今日も寒く厚い氷が張っていました。コタツの中で山に行こうか迷っていましたが、外へ出てみると体が動きます。
 
葦毛(いもう)湿原から二川の東山に行って来ました。駐車場はいっぱいの車です。家から10分ほどですが、遠くからも登りに来ている人もあるようです。 

Higasiyama_imou 

葦毛湿原は誰も居ません。枯れ野となっています。湿原は整備中で、木が切られ広くなっています。

Dsc00410 葦毛湿原

1時間で頂上に着きました。頂上は開けていて二川市街の向こうに太平洋、豊橋市街の向こうに三河湾が見えます。

Dsc00411 二川市街と太平洋

Dsc00416 豊橋市街

この辺りは弓張山系の端で湖西連峰と呼ばれ、この時季には遠くからも歩きに来ています。晴れていれば富士山が見え、浜名湖はいつも見えています。

今日は休日だったので若い人も来ていました。15人ほどに逢いましたが、それぞれに冬の山を楽しんでいるようでした。

春も近づいています。昨日行った豊橋動植物園では黄色いロウバイと赤いサザンカの取り合わせがきれいでした。

Dsc00407 ロウバイとサザンカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

嵩山、戦後の生活・・・ひび、しもやけ、あかぎれ

湖西市の嵩山(すやま)に行ってきました。170mの低い山で、池のある梅田峠登山口から登ります。

 

Suyama2_2

 

 

20分ほどで登れます。午後から登ったので雲が出て富士山は見えませんでしたが、南アルプスの雪山は見えました。

Dsc00402 嵩山頂上

Dsc00393 雪山

たいへん寒い日が続いていますが、この登山口は駐車場も整備されトイレもあるので、絶えず山歩きの人が来ています。

 別の話を書きます。戦後の頃は暖房は火鉢くらいなものでした。戦後の頃の暖房については一度書いております。

 
冬の日溜りは子供の遊び場で、「おしくらまんじゅう」の遊びをしました。「♬ おしくらまんじゅうぎゅぎゅぎゅ、おしくらまんじゅう押されて泣くな、押されて泣くやつあんぽんたん」と歌っていました。
 
こうした遊びで寒さや貧しさを吹っ飛ばしていましたが、どの子にも手や足に しもやけ、ひび、あかぎれ が出来ていました。水で洗濯をする母親や祖母はもっとひどい状態でした。
 
湯に浸けたり、足袋や手袋もしましたが追いつきません。悪化すると“崩れると言ってひどい状態になりました。あかぎれには膏薬(こうやく・・油で練り固めた外用薬)を使いました。
 
パッカリ口をあけた中に、焼け火箸で溶かした膏薬を入れて行きますが、傷に触れて痛い思いをしました。

膏薬  ネットで拝借しました
 
しもやけは家にあるメンタムや化粧水を塗っていました。あまり効き目はありませんでした。しもやけ、ひび、あかぎれは冬は誰も出来、そういうものと思っていました。
 
今でも しもやけ、ひび、あかぎれ は出来ますが 薬やばんそこうがあり昔とはだいぶ違うように思います。中には体質によりひどい人もあると思います。
 
15:30頃 囲碁のニュースが入りました。
 「囲碁の世界メジャー棋戦「第22回LG杯棋王戦」の決勝三番勝負の最終第3局が8日、東京・市ケ谷の日本棋院で打たれ、井山裕太名人・七冠(28)は中国の謝爾豪(しゃじごう)五段(19)に226手までで黒番中押し負けし、優勝を逃した。井山はシリーズ1勝2敗となり、日本勢13年ぶりの世界メジャー制覇はならなかった。」(朝日新聞)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

富幕山、奥浜名湖展望公園

富幕山(とんまくやま)に行って来ました。富幕山は563mの山で浜名湖周辺の山では1番高く、どこからでも見えます。
 
登山口はいろいろありますが、いつもの静岡県引佐(いなさ)町の奥山高原から登ります。 

Tonmakuyama

 

途中の展望台から富士山が見えました。素晴らしい富士山です。今は一番寒いときですが、富士山が見えるというご褒美があります。

Dsc00383 富士山

昨日の雪でしょうか、登山道には雪が残っていました。北陸は記録的な大雪のようですが、ここら辺りでは滅多に降らず、雪は珍しいです。

Dsc00386 登山道の雪

40分で頂上です。展望台の改修工事をしていました。工事は3月20日までかかるようです。

Dsc00387 富幕山頂上

山から見る富士山も良いですが、海からの富士山を奥浜名湖展望公園に見に行って来ました。ここからも素晴らしい富士山が見えました。

Tenboutakayama

P2070004 奥浜名湖展望公園からの富士山

浜名湖や浜松市街も見渡せます。

P2070009 浜名湖

P2070011 浜松市街 高い建物はアクトシティ-

寒い時ですがどの山に行っても歩いている人に出合います。寒い時の山歩きも身が引き締まり気持ちよいものです。

追記

囲碁の国際棋戦、第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負の第2局は7日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、全七冠を保持する井山裕太十段(28)が309手で中国の謝爾豪五段(19)に白番半目勝ちし、対戦成績を1勝1敗として世界一へあと1勝とした。最終の第3局は8日に同所で行われる。(産経記事より)   17:30記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

神石山

神石山は豊橋側.から登ることが多いですが、反対側の湖西市の梅田から登ってきました。今はたいへん寒い時で、今朝も雪が舞いました。
  

Toyohasiumeda

登山口の所に新池という池があります。工事が行われており、終わったと思っていましたが、まだ続いておりました。取水設備の工事をしているようです。何時も興味を持ってみています。

Dsc00370 工事中の新池

Dsc00369 工事説明板

仏岩の巻き道、ラクダ岩の分岐を通り、1時間で頂上に着きました。富士山が見えました。

Dsc00364 神石山

Dsc00354 富士山

Dsc00361 浜名湖

北風を受ける尾根道はたいへん寒いですが、20人ほどの人に逢いました。

こちら側は急なところが少なく登り易い道となっています。そのためかトレイルランニングをしている人もいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

囲碁世界戦

第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝3番勝負が今日5日、東京都千代田区の日本棋院で始まりました。対局は1日制で、持ち時間は各3時間です。
 
対戦は日本の井山裕太九段(28)と中国の謝爾豪(しゃ・じごう)五段(19)です。
 
 井山は昨年11月、世界トップ級の中国棋士、柯潔九段を破り、決勝に進出しました。これまで早碁の世界戦では優勝経験がありますが、LG杯のような持ち時間が長い主要国際棋戦ではまだありません。
 

井山は今年に入って中国で行われた、中国・韓国の名人と戦う世界名人戦で連敗しましたが、その後は国内棋戦で5連勝しています。

LG杯では過去、98年の第2回を王立誠九段、05年の第9回を張栩(ちょう・う)九段が制しています。果たして、日本勢として13年ぶりの優勝なるでしょうか。

 

第1局は今日打たれ、井山裕太九段は謝爾豪五段に180手で敗れました。

黒番の井山九段が序盤は実利で先行しましたが、中盤は激しい競り合いとなり、終盤、謝五段に鋭く踏み込まれ、投了しました。

 

第2局は2月7日に行われます。第3局は2月8日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

赤岩尾根ピーク

豊橋多米の赤岩寺から、鉄塔沿いの道を登って赤岩尾根のピークまで行って来ました。 

Akaiwatettouisshuu

 途中で豊橋市街がよく見渡せるところがあります。田原まで見通せます。

Dsc00338 豊橋市街

 40分で尾根ピークに着きました。南アルプスも見えるのですが、雲があります。昨日登った石巻山が目前に見えます。

Dsc00342 石巻山

Dsc00343 本宮山

 帰りは尾根道を下り、途中から赤岩寺に出る道を降りました。

 今日は立春です。それほど寒くありませんが、山道は氷っているところもあります。普段は人も見かけませんが、5人ほどに逢いました。冬に歩くにはよい山です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

石巻山、節分祭

家から近い石巻山に行って来ました。中腹の駐車場まで入れるので簡単に登れます。それほど寒くもなく氷も張っていません。

 
 

Isimakisanyama2

石灰岩の山で、洞窟やオブジェが見られます。20分ほどで頂上です。豊川用水の調整池である三ツ口池が真下に見えています。

Dsc00333 石巻山頂上

Dsc00330 三ツ口池

普段はほとんど人が来ていませんが、10人ほどに逢いました。


今日は節分です。当ブロブが係をしている神社では1月28日に節分祭を行いました。神事の後、今年の干支(戌)、厄年・八方塞がりの人など100人ほどで豆まきをしました。


節分の日は慣わしとして次のようなことがあります。
 
①豆まき
豆を撒くという風習は、鬼の目を打ち、「魔を滅する」に通じます炒った豆を、年男や厄年の人が「鬼は外、福は内」と叫びながら豆を撒き、邪気や災厄を祓います。昔は、災害や病、飢饉などの恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていました。
 
②鰯の頭と柊(ひいらぎ)
鰯を焼いたときの煙や臭いが厄を払うと言われ、節分の日には家の入り口に鰯の頭を柊に挿しておく風習があります。鬼が嫌がる鰯の臭いと、柊の葉の棘に痛がって、鬼が近寄らないので厄除になると言い伝えられています。
 
③巻き寿司のまるかじり
関西を中心に、その年の恵方(年神様のいらっしゃる吉の方角)に向かって無言で大太巻きを丸かぶりし、新しい年が良い年でありますようにと願いながら食べるという風習があります。巻きずしを使うのは「福を巻き込む」からで、切らないのは「縁を切らないために」と言われています。
 
当ブログは中部地方に住んでいるので、③は以前は知りませんでした。今ではコンビニなどの巻きずし販売で、③は知っていても、②は知らない人もあります。しかし②も今ではほとんど行われなくなりました。
 
明日は立春です。他の季節でも立夏、立秋、立冬があります。しかしこれらは立春ほど強く意識されません。立春は特別な感じがします。これは冬が厳しいからでしょう。

もうフクジュソウ、セツブンソウ、マンサク、ウメの花が咲いたという便りも聞いています。やはり春が来るということは特別です。これから三寒四温を繰り返ながら、春が一段と近づいてくることでしょう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »