« 赤岩尾根ピーク、戦後の生活・・・もちつき | トップページ | 長楽寺梅、パソコン・インターネット (その1) »

2018年2月24日 (土)

神石山、山での思い

近くの神石山に行って来ました。神石山は富士山も見え、浜名湖の展望がよいので豊橋自然歩道(湖西連峰)の中では一番多くの人が来ています。
 
Kamiisitearaioufuku
 
登山口は5・6ケ所ありますが、葦毛湿原登山口と梅田峠登山口が一番良く登られていると思います。
いつもの手洗登山口から登りました。頂上まで1番近い登山口です。松林の登山道を登って行きます。松かさがたくさん落ちています。集めたようにたくさんでした。

Dsc00473 松かさ

40分で頂上です。15人位いましたが、それからもグループなど続々と登ってきて30人ほどとなりました。土曜日の昼時であったので多かったのでしょうか。

Dsc00476 神石山頂上

富士山は見えませんでしたが、風も無く、寒くもなくて気持ちの良い頂上でした。

山での思いを書きます。

山ではいろいろな困難に出会いました。道の間違え、無理な行程、浮石、急斜面の枯枝掴み、落石、アイゼン無しの氷道、岩場での雷、水の欠乏などありましたが、その都度助けられました。

一つ間違えると命に係わっていました。どの時も運が良かったとしか思えません。しかし、それだけではどうも分かりません。

自分は誰かに助けられているとしか思えません。それは誰か、それは仏様か神様です。仏様は特に母親です。危険なときにはいつも母親が助けてくれたと思っています。じっと見ていてくれました。

仏様・神様に感謝いたします。山の神様、これからもどうかよろしくお願い致します。

 

 

|

« 赤岩尾根ピーク、戦後の生活・・・もちつき | トップページ | 長楽寺梅、パソコン・インターネット (その1) »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神石山、山での思い:

« 赤岩尾根ピーク、戦後の生活・・・もちつき | トップページ | 長楽寺梅、パソコン・インターネット (その1) »