« 南アルプス落石間一髪 | トップページ | 母への恩、葦毛湿原 »

2018年3月15日 (木)

比丘尼城跡

新城市中宇利の比丘尼(びくに)城址は、桜の園として整備が続けられている山です。まだ若木が多いですが、山の面々には多品種の桜が多く植えられています。

Dsc00590 桜の園入口

早咲きの桜から遅咲きの桜まで多種ありますが、早咲きの桜が咲いて居る程度でした。

Dsc00585

10分ほど登ると東屋があり、吉祥山や本宮山が形よく見えます。

Dsc00580 吉祥山、本宮山

 ところどころハルリンドウも咲いています。

Dsc00588 ハルリンドウ

 最高点は比丘尼城跡で、さらに行くと愛の鐘というのが造られています。

Dsc00583 比丘尼城跡

一周して降りて来ました。満開になるのは10日くらい後になるでしょうか。今日はたいへん暖かい日で汗ばみました。50分ほどの歩きでした。

 

今日の中日新聞夕刊に「豊橋の93歳 富士山登頂」という記事が大きく載っていました。昨年の登山者で最高齢ということです。

冨士山頂の浅間大社は、数え年70歳以上の本人だけが生年月日や住所を記帳できるようになっているそうです。これまでの最高齢者は103歳だそうです。

富士山登頂にはいろいろな記録があります。気の遠くなるような記録ばかりです。この男性は豊橋の近くの本宮山にも月20回以上登っているそうです。

本宮山も大変な山で、当ブログは2時間掛かります。大変なので年1回登る程度です。この男性を励みにしてこれからも山を楽しんで行きたいと思います。

|

« 南アルプス落石間一髪 | トップページ | 母への恩、葦毛湿原 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 比丘尼城跡:

« 南アルプス落石間一髪 | トップページ | 母への恩、葦毛湿原 »