« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月22日 (火)

神石山、戦後の生活・・・チンドン屋

ササユリが咲いたか見に神石山に行って来ました。ササユリの見られる手洗の登山口から登りました。松林を行く道です。
Kamiisitearaioufuku

Dsc01153 松林

今日は穏やかで松風の音も聞こえません。さてササユリですが全く咲いていません。僅かに蕾が1・2本ある程度です。

Dsc01159 蕾を付けたササユリ

頂上は2人が居りました。

Dsc01158 頂上

富士山は見えません。浜名湖・浜松市街が見渡せます。

Dsc01157 浜名湖

ササユリの咲き具合を見に来ましたが、全く早いようです。あと1ケ月位でしょうか。帰りに茎の数を数えると16本でした。数も少ないようです。1時間半ほどの歩きでした。

別の話になります。

当ブログはおばあさん子でおばあさんから教えてもらった歌が2つありました。1つは前に書いた「籠の鳥」でした。
 
もう1つは「美しき天然」です。この歌は明治35年に創られて、当時の高等女学校で歌われ、昭和24年まで学校教科書に載せられました。(ウィキペディアより)
 
祖母は明治14年生まれでしたから、よく聞いていたと思います。当ブログはやはりサーカスで聞きました。戦後街に小さなサーカス小屋が掛かりましたが、その時にこの曲を聴きました。
 
またチンドン屋がこの曲を弾きながら、道をくねくねと進んで行きました。鳥追い姿のお姐さんの恰好がよく、その後をついて行きました。チンドン屋は大好きですが見ることも難しくなりました。
 
祖母から教えてもらった歌はこの2つです。この歌は祖母にまつわる懐かしい想い出の歌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

スマホ購入顛末記 その3

その2で 初めの店員は 2か月目2138円、3か月目は2138円で、4か月目からは3218円になることを言わなかったことを書きました。
 
これは言った言わないということではありません。後の店員は前の店員に “4か月目から3218円になることを言っているか” と聞き、前の店員が “言わなかった” と言うのを目の前で聞いております。
 
また前の店員は私の抗議に対し、4ケ月目からの値段を言わなかったことを謝っております。
 
前の店員は別の店の店員ということでした。その店から 詐欺のような行為で申し訳なかった と電話がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

富士見岩

湖西市大知波の「おちばの里親水公園」から富士見岩に行って来ました。

Fujimiiwafudoutaki 

今は周りの田んぼには早苗が植えられ、のどかな感じです。初夏のこの光景が好きで、見ていると心が癒されます。昔は一家総出で田植えをしたのが思い出されます。

Dsc02914 早苗の田んぼ

登山口にあるミカンの木はもう小さな実が付いています。花もまだ咲いていました。

Dsc02908 ミカンの実と花

山は若葉で溢れています。

Dsc02907 若葉の山

不動滝の方から登りました。途中は石積みが段になって上まで続いています。これは棚田の跡です。今は杉林となり見る蔭もありません。

Dsc02884 棚田の石積み

杉の木の大きさからみると60・70年前までは棚田が在ったと思われます。浜名湖の見える棚田が、上まで続いている光景が思い浮かばれます。石を積み上げた労苦が偲ばれます。

30分ほどで不動の滝です。小さな滝ですがいつもより水量がありました。

Dsc02885 不動の滝

近くに祠があり、お参りしました。

Dsc02889

急な道を登って行くと林道に出ます。しばらく歩くと登山道に入ります。

Dsc02894 林道から登山道へ

やがて大知波峠の廃寺跡に着きます。展望が良く浜名湖が見えます。

Dsc02895 廃寺跡の草原

Dsc02896 廃寺跡からの浜名湖

尾根道を富士見岩に向かいます。風があり寒く感じます。登山口から1時間半で富士見岩に着きました。

ご褒美がありました。富士山が見えました。今の時季、なかなか富士山は見えません。

Dsc02898 富士山

浜名湖も今日はくっきりと見えています。風があるので電線はうなっています。

Dsc02897 富士見岩からの浜名湖

富士山をじゅうぶん見て、鉄塔沿いの道を下って行きます。途中でも浜名湖がよく見えますが、浜名湖奥の猪鼻湖(いのはなこ)は水の色が濁っています。雨が降るといつもこんなふうです。

Dsc02905 浜名湖色の違い

下までは1時間で降りました。以前のブログに書きましたが、登山口にセンダンの木があります。

秋の終わりに実だけつけたセンダンはよく見ます。葉が先に落ち、実を守るこの木が好きでした。花が咲いていました。花は今まで見たことがありませんでした。

Dsc02880 センダン

Dsc02879 センダンの花

ミカンも既に実を付けたように、このセンダンもすぐ実になって行くことでしょう。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

スマホ購入顛末記 その2

「スマホ購入顛末記 その1」 の続きになります。今度は家電量販店に行ってみました。スマホ会社の販売となっており、ある格安スマホの見積もりを取りました。
 
見積書は端末・通信料合計で、初月5316円、2か月目2138円、3か月目も2138円となっており、4ケ月以降は書いてなく、説明はありませんでした。
 
当然4ケ月以降も2138円と思っていました。このときもう買おうと思っていましたが、キャッシュカードがなかったので、もう一度来ることにしました。しかし何時来るかとひどく急かされるばかりでした。
  
また別の日に行きました。説明を聞いていると4か月目からは3218円になるということです。このことは全く聞いていませんでした。この前のときは、もう買う寸前で、偶然買わなかっただけです。前のときとは別の店員でした。 
 
初めのとき4ケ月目から値上がりすることを店はどうして言わなかったのでしょう。これは店員だけのことでしょうか。とにかく急がせるばかりで酷い話でした。2回目に行ったときは聞きましたが遅いのです。 
 
もう信用を無くしました。4ケ月目から値が上がるのにそのことを言わずに買わせる、こんなことは許されるのでしょうか。 
 
スマホはいつでもどこでも買えるので焦らず買います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

スマホ購入顛末記 その1

当ブログは携帯は持っていますが、スマホは持っていません。スマホは特に必要を感じませんでしたが、興味があり買うことにしました。
 
スマホは格安スマホを考えていました。この格安スマホは大手スマホ店どこでもあると思っていました。そこで今持っている携帯の大手の販売店へ行きました。
 
まず格安スマホを購入したいと伝えると、返事が曖昧に感じましたが、スマホ3種を示されました。電話とメールについて “含み料金、一部含み料金、別料金” の3種です。
 
すべて格安スマホだと思っていました。メールや電話はスマホではあまり使わないと思うので別料金のスマホを選びました。
 
端末料金については値引きして49,464円でしたが、4年48回払いで月々では1,030円、利用料金は月々で5,636円で、計6,666円が1ケ月の支払いということになりました。 
 
電話とメールは別料金になっているので、通話料やメール料金はこれに加算されて行きます。メールは1回33円ということです。 
 
格安にしてはずいぶん高いと思いましたが、格安スマホと言えどもこんなものかと思い契約をしました。
 
引き落とし先を替える為、通帳は持って行きましたがキャッシュカードが必要というので家に取りに戻りました。
 
そのとき、家で格安スマホの料金を調べてみると2000円台でした。解約の場合は当日中で19時までということです。
 
解約することにしました。店に行きそのように伝えると店も はっきり説明をしなくて悪かった と言いました。事前にSIMカードについても聞きましたが、格安SIMとは言いませんでした。
 
一時は時間が切迫していたし、格安スマホの料金はこのくらいかかるものかと思いましたし、また解約は悪いような気がして躊躇しましたが、解約して大変良かったと思っています。
 
契約しておれば、翌日からこの料金で4年続けなければなりません。キャッシュカードを取りに戻らなければそのままだったかもしれません。
 
格安スマホは大手のスマホ販売店で買えるものと思っていたのがそもそもの間違いでした。今持って居るのは10年ほど前の携帯で、その後携帯やスマホについては関心も無かったのでそのように思っていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

高齢者入場料

今日の中日新聞発言欄に65歳の読者から「高齢者優遇 見直すとき」という投書が載っていました。これは当ブログも感じていることでありました。
 
この投書ではある文化施設の料金が65歳以上と中学生以下は無料であった。中学生以下は無料でよいが65歳以上がなぜ無料なのか。展示物を見たくて行ったのだから、その対価を払っても惜しくはない。と言う内容でした。
 
当ブログも孫が来たとき豊橋動植物公園(のんほいパーク)によく行きます。当ブログは77歳で無料です。9歳の孫は100円です。
 
豊橋動植物公園は子供たち中心の施設です。休みともなれば子供たちの声で溢れています。子供たちは100円払っているので、逆ではないかと思っていました。
 
やはり変わりました。豊橋市では平成30年6月1日から公共の施設を高齢者に有料としました。しかし子供はこれまでと同じ有料です。当ブログも高齢者ですから喜んでいるわけではありません。豊橋動植物公園も次のようなネット記事はありました。
 
平成30年6月1日から豊橋市のシルバー優待制度が変更されることに伴い、のんほいパークにおいても下記の通り優待制度が変更となります。みなさまのご理解とご協力をよろしくおねがいします。


豊橋市内在住の70歳以上の方  入園料   無料 ⇨ 100円
 

総合動植物公園部 動植物公園  

高齢者の優遇制度は理解をし、感謝しております。しかし今は人生100年という時代になってきました。先ず子供達を大事にしたいと思います。
 
子供たちは国の宝です。今日の新聞にも子供の痛ましい事件が載っています。胸が塞がる思いが致します。
 
平安末期に歌われた今様(流行歌)の「梁塵秘抄(りょうじんひしょう)」に
 
遊びせんとや生まれけむ たわぶ(戯)れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば 我が身さえこそ揺るがるれ」
 
と言うのがあります。子供が元気に遊ぶ姿が高齢者の喜びでもあります。
 
豊橋動植物公園はこの際小学生を無料にしたらどうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

吉祥山、道迷い注意

新城市の吉祥山を歩いて来ました。沢沿いに行くBコース登山口から登りました。
  
Kitijoubkosu
 
頂上近くにキンランが咲いていました。
 

Dsc01094 キンラン

1時間で頂上です。6人が居ました。

Dsc01096 吉祥山頂上

冬には見えていた富士山や南アルプスは見えません。奥三河三山は見えています。

Dsc01095 左から宇連山、鳳来寺山、明神山

一周して戻りました。

別のことを書きます。

青梅市御岳山で5日午後から不明になっていた小学5年の男の子が6日正午過ぎ1.4km離れた所の沢で無事発見されました。本当に良かったと思います。当ブログも真冬の山で遭難し、一晩山で明かしたことがあるのでよく分かります。
  
山で一番怖いことは道に迷うことです。深い山では致命的です。道迷いで気を付けることを書きます。
 
山で一番頼りにするのはテープと踏み跡です。テープが見つからなくなった時は立ち止まってテープを探します。踏み跡はしっかりしている道が正しいですが難しいです。
 
もし怪しい道になったら引き返すことです。長いこと歩いてしまうと惜しくてなかなか引き返せませんが、勇気をもって引き返すことです。
 
トイレの為、登山道から逸れて山中に入ることがあります。戻るとき方向が分からなくなるときがあります。目印を覚えておきます。あまり奥へ入らないことです。特に女性は気を付けてください。
 
道迷いの1番は分岐での道間違えです。子どもや初心者を先頭に行かせないことです。下りでは分岐を見逃しそのまま直進しやすいので気を付けてください。
 
家族で行くとき子供は元気なので、先に行きがちになります。分岐で間違えたり、頂上で方向が分からなくなったりします。
 
今の時季は木や草が繁り、道を見逃すときがあります。道に気が付かずに別の道に入り込んでしまうことがあります。
 
頂上では来た道を覚えておいてください。頂上はいろいろな方向からの道があります。違う道を降りると全く違う所に出ることになります。
 
山では遅くならないようにしてください。早めの行動が必要です。暗くなって動くのは危険です。また気が焦るあまり違った道に入りやすくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

富士見岩、子供の日

湖西市知波田のおちば親水公園より富士見岩に行ってきました。
  

Fujimiiwa1

おちば親水公園はたくさんのこいのぼりが揚げられ家族連れが来ていました。

Dsc01069こいのぼり

鉄塔沿いの道を行きました。みかんの花の香りがたちこめています。

Dsc01071みかんの花

途中、ビニールを覆った木の束が幾つかありました。これは害虫駆除を行っているようです。今の期間に行うようです。

Dsc01077 ビニールで覆った木の束

Dsc01080 貼ってあった注意書き

1時間で頂上です。天気もよく20人ほどが居ました。山は霞んで見えなくなりましたが浜名湖が見えます。

Dsc01082 頂上から浜名湖

帰りも来た道を戻りました。

今日は端午の節句で子供の日です。あるブログに「子供は6歳まで天使」とありましたが全くその通りです。しぐさや表情は可愛い限りです。幸せを願わずにはいられません。

今日はまた立夏です。好きな歌に夏は来ぬ」があります。「茶摘み」「せいくらべ」「こいのぼり」などの童謡もぜひ伝えて行きたい歌です。

菖蒲湯に入りました。柚子湯もそうですが季節感があります。菖蒲と花菖蒲は全く違います。菖蒲はがまの穂のような花でサトイモ科の植物です。

小さいころ銭湯に行くと束になって入れてあり、引き抜いて鉢巻きにしました。かなり葉が長いのでそうしたくなります。香りもあるということですが葉を揉んで嗅いでみてもよく分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

赤岩尾根ピーク

家から赤岩尾根ピークまで歩いて来ました。赤岩尾根は弓張山系の豊橋自然歩道から豊橋市街方向に延びている尾根です。
 

Akaiwatakayama2

20分で多米登山口に着き、さらに1時間でピークに着きました。途中登山道から少し入った所に展望の良い岩があります。豊橋市街が見渡せます。

Dsc01059 登山道途中からの豊橋市街

ピークには鉄塔があり、冬は展望が良いのですが今は木が繁って来て南側は見えなくなりました。北側は昨日登った石巻山が見えます。
 

Dsc01063 鉄塔のあるピーク

Dsc01060 石巻山 

花はモチツツジが所々に咲いている程度でほとんどありません。このコースは普段人に逢いませんが、単独の3人に逢いました。ひとりのんびり歩くには手ごろなコースです。

今日は何の祭日か分からなくなりましたが“みどりの日”でした。山を歩くには一番良いときかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

石巻山、戦後の生活・・・運搬・渡し舟・和舟

石巻山を歩いて来ました。オドリコソウがまだ咲いているかと期待して行きましたが咲いていませんでした。
 
下の写真は4月16日に行ったときのオドリコソウです。笠をかぶった踊り子が輪になって踊っているように見えます。石巻山は田中澄江の「花の百名山」に入っています。
 

P4160009オドリコソウ

P4160006 オドリコソウ

石巻山は石灰岩の山で洞窟や石のオブジェが見られます。

Dsc01052_2 蛇穴

Dsc01051_2 蛇穴説明

30分で頂上に着きました。四方が見渡せます。

Dsc01055_2 豊橋市街

今日は憲法記念日です。雨あがりの大変滑りやすいときでしたが家族連れも来ていました。

別の話になります。

運搬・渡し船・和船

戦後の頃、運搬は人の力あるいは動物の力でした。農家では牛車が多く使われました。牛は田起こしにも使われました。馬車屋は馬で運搬していました。
 
一般家庭での運搬は大八車、乳母車、リヤカー、自転車などでした。また我が街は湖の近くだったので和船のある家も多くありました。
 
「大八車」の画像検索結果 大八車  ネットで拝借しました
 
運送業者はトラックや乗用車がありましたが、まだ数も少なく限られていました。海を利用しての運送業者はトンコ船でした。普段は砂など運んでいましたが、遠足のときにはトンコ船で行くことが多くありました。
 
湖には渡し場がありました。湖の幅の狭くなっている“瀬戸では手漕ぎの舟で渡しをしておりました。渡し船は時間は掛かりますが、櫓の音を聞きながら、ゆったりした気分で渡りました。当ブログの好きな童謡の「船頭さん」と同じような光景でした。
 
「和船」の画像検索結果 和船  ネットで拝借しました
 
我が家には和舟はありませんでしたが、隣の家の舟を借りたり、仲間の舟で沖に出たりしてよく遊びました。舟は自然に漕げるようになりました。櫓をこぐのは技術が要りますが、そこが面白い所でもありました。
  
湖では帆掛け船もあり、浜名湖の魚を獲っていました。戦後はレジャーの余裕など全くない時代でヨットやボートなどは見掛けませんでした。やがて船外機の時代となって行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

高山展望台、みかんの花

奥浜名湖の北に三ケ日から引佐町奥山まで広域農道があります。みかん畑の中を行く2車線の走りやすい道で、今はみかんの花の香りが満ちています。

Tenboutakayama

 みかんの花は白い小さな花ですが、素晴らしい香りです。このみかんの花の香りが大好きで毎年ここを走りに行きます。「みかんの花咲く丘」の童謡も大好きです。

 Dsc02082 みかんの花

この農道から少し入ったところに高山展望台があります。麓に「みかんの里」と言うのがあり、20分ほどで展望台に着きます。浜名湖が一望できます。

Dsc02392 高山展望台から浜名湖

キンラン、ナルコユリ が見られました。オオバギボウシの群生がありますが、まだ葉が出たところです。どこの山も黄色いもこもことした花で覆われています。ドングリの木の類でしょうか。

今日から五月、明日は八十八夜、八十八夜は立春からかぞえて八十八日目にあたる日で、若葉青葉に溢れています。その3日後は立夏で端午の節句です。また菖蒲湯に入りたいと思います。 

以前のブログに、“新しい学年になり、新しい職場になって何かと戸惑うこともあると思います。3週間頑張り、3ヵ月間頑張り、3年間頑張ってみてください。3年経てばその路が開けてくるものと思います。”と書きました。
 
今はゴールデンウィーク中ですが誰もが楽しい最中というわけでもありません。1ケ月が経ち、この期間は勉強や仕事から離れホッとするときでもあろうと思います。さあ次の3ケ月間を頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »