« スマホ購入顛末記 その1 | トップページ | 富士見岩 »

2018年5月15日 (火)

スマホ購入顛末記 その2

「スマホ購入顛末記 その1」 の続きになります。今度は家電量販店に行ってみました。スマホ会社の販売となっており、ある格安スマホの見積もりを取りました。
 
見積書は端末・通信料合計で、初月5316円、2か月目2138円、3か月目も2138円となっており、4ケ月以降は書いてなく、説明はありませんでした。
 
当然4ケ月以降も2138円と思っていました。このときもう買おうと思っていましたが、キャッシュカードがなかったので、もう一度来ることにしました。しかし何時来るかとひどく急かされるばかりでした。
  
また別の日に行きました。説明を聞いていると4か月目からは3218円になるということです。このことは全く聞いていませんでした。この前のときは、もう買う寸前で、偶然買わなかっただけです。前のときとは別の店員でした。 
 
初めのとき4ケ月目から値上がりすることを店はどうして言わなかったのでしょう。これは店員だけのことでしょうか。とにかく急がせるばかりで酷い話でした。2回目に行ったときは聞きましたが遅いのです。 
 
もう信用を無くしました。4ケ月目から値が上がるのにそのことを言わずに買わせる、こんなことは許されるのでしょうか。 
 
スマホはいつでもどこでも買えるので焦らず買います。

|

« スマホ購入顛末記 その1 | トップページ | 富士見岩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマホ購入顛末記 その2:

« スマホ購入顛末記 その1 | トップページ | 富士見岩 »