« スマホ購入顛末記 その2 | トップページ | スマホ購入顛末記 その3 »

2018年5月19日 (土)

富士見岩

湖西市大知波の「おちばの里親水公園」から富士見岩に行って来ました。

Fujimiiwafudoutaki 

今は周りの田んぼには早苗が植えられ、のどかな感じです。初夏のこの光景が好きで、見ていると心が癒されます。昔は一家総出で田植えをしたのが思い出されます。

Dsc02914 早苗の田んぼ

登山口にあるミカンの木はもう小さな実が付いています。花もまだ咲いていました。

Dsc02908 ミカンの実と花

山は若葉で溢れています。

Dsc02907 若葉の山

不動滝の方から登りました。途中は石積みが段になって上まで続いています。これは棚田の跡です。今は杉林となり見る蔭もありません。

Dsc02884 棚田の石積み

杉の木の大きさからみると60・70年前までは棚田が在ったと思われます。浜名湖の見える棚田が、上まで続いている光景が思い浮かばれます。石を積み上げた労苦が偲ばれます。

30分ほどで不動の滝です。小さな滝ですがいつもより水量がありました。

Dsc02885 不動の滝

近くに祠があり、お参りしました。

Dsc02889

急な道を登って行くと林道に出ます。しばらく歩くと登山道に入ります。

Dsc02894 林道から登山道へ

やがて大知波峠の廃寺跡に着きます。展望が良く浜名湖が見えます。

Dsc02895 廃寺跡の草原

Dsc02896 廃寺跡からの浜名湖

尾根道を富士見岩に向かいます。風があり寒く感じます。登山口から1時間半で富士見岩に着きました。

ご褒美がありました。富士山が見えました。今の時季、なかなか富士山は見えません。

Dsc02898 富士山

浜名湖も今日はくっきりと見えています。風があるので電線はうなっています。

Dsc02897 富士見岩からの浜名湖

富士山をじゅうぶん見て、鉄塔沿いの道を下って行きます。途中でも浜名湖がよく見えますが、浜名湖奥の猪鼻湖(いのはなこ)は水の色が濁っています。雨が降るといつもこんなふうです。

Dsc02905 浜名湖色の違い

下までは1時間で降りました。以前のブログに書きましたが、登山口にセンダンの木があります。

秋の終わりに実だけつけたセンダンはよく見ます。葉が先に落ち、実を守るこの木が好きでした。花が咲いていました。花は今まで見たことがありませんでした。

Dsc02880 センダン

Dsc02879 センダンの花

ミカンも既に実を付けたように、このセンダンもすぐ実になって行くことでしょう。

 

 

|

« スマホ購入顛末記 その2 | トップページ | スマホ購入顛末記 その3 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士見岩:

« スマホ購入顛末記 その2 | トップページ | スマホ購入顛末記 その3 »