« 地方都市空襲、三河地震 | トップページ | 沖縄「慰霊の日」 »

2018年6月21日 (木)

スマホ購入顛末記 その4

先日やっと格安スマホを買いました。苦労しました。格安スマホは今は郵便局でも取り扱っています。取扱業者はたくさんあります。

これらの業者には店舗販売は無く、公式サイトのみというところもあり、SIMカードだけ替えることもできます。また使用回線が違っていたり、組み合わせがあったりで複雑です。

朧げにスマホの世界が分かってきました。スマホ代を最も安くするには、スマホと格安SIMカードを買い、設定すればよいわけです。

当ブログは設定は出来ないので息子が行いました。スマホはiphoneにし、SIMカードはmineoにしました。月々の基本の支払いは1522円です。
 
偶然が重なって2回とも買わずに済みましたが、1回目は普通のスマホで6666円、2回目は一括格安スマホで3218円でしたから大変な違いです。

しかし、これは使用目的により違いがありますから、一概に比較できません。当ブログがスマホを持ったのは、時代に遅れないようにという思いが主なのであまり使いません。
 
最低の金額のスマホで十分です。前2回をキャンセルしたのは幸運でした。今後この金額が続いて行くわけですから大きな違いです。

このスマホをただ持っているだけになっては意味がありません。今はこのスマホを使えるように悪戦苦闘中です。パソコンとは大違いです。

手に入れて2週間ほどになりましたが、LINEがやっとできるようになり、昨日孫と遣り取りをしました。こんな素晴らしい機能があることにビックリです。

まだまだその他の機能がいっぱいあります。これらの機能を覚えて行くことが楽しみでもあり苦痛でもあります。

|

« 地方都市空襲、三河地震 | トップページ | 沖縄「慰霊の日」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマホ購入顛末記 その4:

« 地方都市空襲、三河地震 | トップページ | 沖縄「慰霊の日」 »