« 山行き 交通 | トップページ | 井山本因坊防衛、半夏生 »

2018年6月30日 (土)

神石山、夏越の祓(なごしのはらえ)

昨日、神石山を歩いて来ました。いつもの松林を行く道です。蜘蛛の巣が張るようになり、ストックは蜘蛛の巣取りに役立ちます。

Dsc01361 松林

もうササユリは全く見られませんでした。山により違いがあるようです。45分で頂上に着きました。2人がいました。

Dsc01366 頂上

霧でいつも見える浜名湖もよく見えません。

Dsc01363 浜名湖

また松葉の積もった道を、せせらぎの音を聞きながら戻りました。


半年が過ぎ、神社では「夏越の祓」、別名「茅の輪くぐり」が行われているところがあります。

 茅の輪(砥鹿神社)  ネットで拝借しました

「夏越の祓」は今年前半の穢れを祓って無事に過ごせたことに感謝し、後半も元気に過ごせるよう祈る行事です。夏の風物詩になっているところもあります。

写真の図ように8の字を描いて3回廻ります。豊橋近くの神社でもいくつかの神社で行われています。「年越の祓」もありますが、これを行う神社はほとんどありません。

ここからは以前(4/11),(5/1)の続きの話になります。

新しい学年になり、新しい職場になって3ケ月が過ぎました。大変な3ケ月であったろうと思います。学校や仕事のことが分かってくるにつけ、楽しいこともありますが、苦るしいこともあります。

よく3ケ月間頑張りました。今度は3年間続けてください。新卒者では、1年以内での退職者が12%、3年以内では32%いるようですが、仕事が分かるのは年月が掛かかるようにも思います。

数字合わせで3週間、3ケ月、3年ということで書き出しましたが、3ケ月と3年の間が長すぎるので、次は1年を目指して続けてほしいと思います。続けているうちに分かってくることもあります。

|

« 山行き 交通 | トップページ | 井山本因坊防衛、半夏生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神石山、夏越の祓(なごしのはらえ):

« 山行き 交通 | トップページ | 井山本因坊防衛、半夏生 »