« 富士見岩、ぶどうの棚 | トップページ | 井山6冠に後退 »

2018年7月31日 (火)

映画「万引き家族」

大変暑い日が続いています。一度見ようと思っていた映画「万引き家族」を涼みがてら見て来ました。映画のあらすじは、
「東京の下町、高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋の建物に、家主である初枝の年金を目当てに、息子の治と信代夫婦、その息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。
彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、社会の底辺にいるような一家だったが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。
そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れて帰り、信代が娘として育てることに。
そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれに抱える秘密や願いが明らかになって行く。」
とありました。
やがて連れてきた幼い女の子 じゅり まで万引きに手を染めるようになりました。そんな家族でも、ときには海水浴に行ったりもし、明るく楽しく生活を送っていました。
そんな時家主の初枝が死にました。年金を失いたくなかった家族は初枝を床下に埋めることにしました。これは実際にあった事件で、この事件をヒントにこの映画は作られました。
その後も万引きや盗みも続いていましたが、あるときじゅりの万引きがばれそうになり、祥太はわざと自分が捕まる万引きをし、捕まります。
これをきっかけに家族はバラバラになって行きます。その中でそれぞれの秘密が明らかになって行きます。6人は全く血のつながりのない家族でした。
信代は一家の抱えた犯罪は全て自分の犯行として刑に服し、祥太は施設に入り、盗みを疑問視し、自分がどう生きるか考えて行きます。治は1人暮らしとなりました。
じゅりはまたもとの家族に戻され、虐待の被害者となり、団地のバルコニーから遠くを眺めています。亜紀は家に戻りました。
治は初枝の実際の息子でなく、祥太も赤子のときに熱い車の中に置かれているのを見かねて連れてきた子であり、亜紀も初枝の前夫の後妻の息子夫婦の子で血のつながりはありません。
万引きという行為は許されませんが、祥太、じゅりは見過ごすことは出来ず、誘拐のような形で連れてきた子です。
この映画はカンヌ国際映画祭で最高賞を受けました。そういうこともあって見に行きましたが、切なさ、悲しみ、感動がありました。この家族6人には絆があり、血のつながりが家族か考えさせられました。(資料・・・wikipedia)
 

|

« 富士見岩、ぶどうの棚 | トップページ | 井山6冠に後退 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「万引き家族」:

« 富士見岩、ぶどうの棚 | トップページ | 井山6冠に後退 »