« 東山、岸田劉生展 | トップページ | テレビ戦争番組 »

2018年8月18日 (土)

蛇峠山、飛騨川バス事故

昨日、長野県浪合村治部坂高原から、蛇峠山(じゃとうげやま、1664m)へ行ってきました。馬の背展望台まで車で入ります。 
 
Jatougeyama
馬の背展望台はススキが穂をだし秋の気配です。肌寒く長袖に変えました。大川入山(おおかわいりやま)が目前に見えます。

Dsc01556 馬の背から大川入山

ゲートから蛇峠山に向かいます。35分ほどで蛇峠山手前の狼煙台に着きました。今日はここまでです。周りにはアンテナが林立しています。

Dsc01573 狼煙台

ちょうど雲が上がり周りの山々がよく見えます。これだけ見えるのも珍しいことです。

Jatougeminamikita 南アルプス

Jatougeminami 南アルプス

Jatougechuuou 中央アルプス

Jatougeena 恵那山、大川入山

狼煙台から引き返し、林道を下りました。いろいろな花が咲いていました。

Dsc01547 マツムシソウ

Dsc01576 コオニユリ

Dsc01575 ツリガネニンジン

蛇峠山は涼しくもうすっかり秋です。白樺林にススキがなびく高原を楽しんできました。

平成27年9月11日に訪れたときの蛇峠山動画を添付しておきます。

別の話になります。

今日は飛騨川バス事故の日です。今日の中日新聞社説にもありましたが、半世紀前(昭和43年8月18日)の事故で知る人も少なくなりました。

飛騨川バス事故と言うのは乗鞍岳に向かう15台のツアーバスの中、2台が集中豪雨による土石流で飛騨川に転落した事故です。

当ブログはこの事故を忘れることが出来ません。ちょうど旅行中でこの事故の現場に通り合わせました。ロープで遺体を引き上げている最中で、身の毛もよだつような事故でした。

この事故での死亡・行方不明は104人、助かったのは3人だけでした。助かった一人は小学生で窓から放り出されたのが幸いしました。

転落したバス2台は沢の下で止まり、他のバスは崖の下で止まっていたようです。崖の下で止まっていたバスの乗客は、沢の下で止まっていたバスは安全でいいなと思っていたということです。

それが逆となってしまいました。国道41号線の現場には「天心白菊の塔」の慰霊碑が建っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 東山、岸田劉生展 | トップページ | テレビ戦争番組 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛇峠山、飛騨川バス事故:

« 東山、岸田劉生展 | トップページ | テレビ戦争番組 »