« 五葉城址、秋祭り | トップページ | ガーデンパーク、台所換気扇 »

2018年10月21日 (日)

リンドウ、十三夜

気候も涼しくなり、山にはリンドウが咲き始めました。18日に行った五葉城址にはリンドウが咲いていました。

Dsc01919五葉城址に咲くリンドウ

戦後から昭和30年代頃までの歌にはリンドウや白樺がよく出て来ました。リンドウや白樺の出て来る歌はたいへん懐かしい思いがします。 
リンドウや白樺を歌った歌に「月よりの使者」があります。これは久米正雄の小説で、昭和24年映画化されました。その主題歌です。この歌が好きなので説明を加えます。

この映画は信州の結核療養所の物語です。複雑な過去を持つ道子は辛い過去から逃れるために看護婦としてこの療養所に来ました。

気高い美貌の持ち主であることから「月よりの使者」と患者たちから呼ばれていました。道子は療養生活を送っている2人の患者の橋田、広田から愛されます。

橋田は恋が受け入れられず自殺してしまいます。広田は長い年月を経て道子と結ばれるというメロドラマです。(wikipediaより)

リンドウは高原によく似合います。10月頃から咲き始め、11月頃まで咲いています。


今日は十三夜です。十五夜(9月24日)から約1か月後に巡ってくる十三夜も十五夜に次いで美しい月だと言われています。

十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起がよくないそうです。十三夜は栗や豆を供えることから、「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。

十三夜の夜は晴れることが多く、「十三夜に曇り無し」と言われます。果たして今夜はどうでしょうか。

日中はたいへん良い天気で浜名湖からも雪を被った富士山がきれいに見えました。「十三夜に曇り無し」は当たっているようです。

Dsc01945 浜名湖から富士山

今夜の月の出は15:38です。

 

 

|

« 五葉城址、秋祭り | トップページ | ガーデンパーク、台所換気扇 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リンドウ、十三夜:

« 五葉城址、秋祭り | トップページ | ガーデンパーク、台所換気扇 »