« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月30日 (日)

五葉城址

山歩きは前回で今年の終わりと思っていましたが、シモバシラの霜柱が見られるというので大原調整池に行ってみました。

Ooharasimobasi

シモバシラの霜柱は見られました。しかしあまり勢いがありませんでした。10時頃でしたのでもう遅かったのかも知れません。周りにも霜はありませんでした。

Dsc02181 シモバシラ

Dsc02182_2 シモバシラ

折角なので五葉城址に登ることにしました。シモバシラのあった近くの健脚の小径を登って行きました。この道はやや急なので汗が出ました。20分ほどで林道に出、後は林道歩きです。

1時間ほどで五葉城址に着きました。富士山や南アルプスが見えます。

Dsc02197 五葉城址

Dsc02192 富士山

Dsc02191 南アルプス

明日は神社のお務めですから山に行くことはありません。今年の登り納めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

富士見岩

天気は快晴ですが冷え込んでいます。今年最後の山歩きをしてきました。富士山がよく見える湖西市大知波から登る富士見岩です。

Fujimiiwaootibatouge

おちば公園から鉄塔沿いの道を登って行きます。近くのミカン畑もミカンが切り終えられ緑の葉ばかりとなっています。当ブログが手伝いに行っているミカン切りも25日で終わりました。

この登山道は南側になるので風も無く日の当たっているところを歩いているときは寒くありません。林道に出てまた登山道に入ります。鉄塔越しに富士見岩が見えてきました。

Dsc02156 鉄塔越しに富士見岩

頂上へ着きました。電線がうなっています。富士山が見えました。南アルプスも見えています。

Dsc02163 富士見岩頂上

Dsc02169 富士山

Dsc02171 南アルプス

Dsc02173 浜名湖

湖西連峰尾根を大知波峠に向かいます。この尾根は北からの風を受け寒い道です。20分ほどで大知波峠廃寺跡に着きました。

Dsc02175大知波

ここからは尾根道を外れ南側の 登山道となります。風が当たらない道となります。 林道を横切りおちば公園まで戻って来ました。2時間30分ほどの歩きでした。

里山は冬に歩くには良い山です。この弓張山系の道は遠くからも歩きに来ている人が多いようです。今日は5人に逢いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

風呂内窓設置、ミカン切り

当ブログの家の風呂の窓はアルミサッシのガラス窓となっています。この窓から寒気が入り込みます。壁は断熱材が入れてあるためよいのですが、アルミサッシは断熱性が低く冬は冷えます。
そこでこの窓を二重にすることにしました。内側にもう一つ二重ガラスの戸を付けました。このガラス戸は注文しましたが、取り付けは自分で行いました。
材料は断熱性のあるプラスチックです。回りに枠を貼って行きます。ドリルで穴を開け、ねじを締めてゆきます。

Dsc02133 枠の取り付け

Dsc02136 作業工具

寸法通りに出来ているので止めて行くだけです。ただ取り付けの順序を間違えないように気を付けます。順序が違うとうまくはまりません。

枠を全部取り付け、窓をはめ込みます。しっかりとはまりました。

Dsc02138 設置した二重ガラス戸

戸の傾きを調整するねじがあるので枠にぴったりはまるようにします。これで出来あがりです。取り付けは簡単なので自分で行うのが良いようです。

今日もミカン切りに行って来ました。周りのミカン畑もミカンのだいだい色が消え、葉っぱの緑色が多くなってきています。

Dsc02141 ミカン畑

またモノレールで運搬する畑です。モノレールは運転する人以外は人を乗せることは出来ません。今ではモノレールのエンジンは4サイクルでなければならないということです。このモノレールは2サイクルでした。

これは環境設定が厳しくなったからで、2サイクルの方が小型で力も強いということです。急坂もこなす力強い存在です。

ミカンは温州ミカンの青島ミカンです。「三ケ日みかん」はほとんど青島ミカンです。一部は地元でセリに掛けられますが、大部分は東京の大田市場に出されるようです。

Dsc02144青島ミカン

Dsc02143青島ミカン

出荷先では選果機で1粒1粒 外観、大きさ、糖度、など調べられます。なかなか厳しく不良品は出さないようにしているということです。一度落としたミカンは捨ててしまいます。

青島ミカンの出荷は12月13日から始まったそうです。1日の出荷は900トンもあるそうです。トラックにすると1日40台以上のようです。

青島ミカンは今は一番味がのって来ています。「三ケ日みかん」はブランド物で甘くて程よい酸味があり、全国的にも存在感のあるミカンです。

ミカン切りはまだ続きます。あちらの畑、こちらの畑、畑が広いのにはびっくりします。次は12月24日に行うと言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

神石山、囲碁天元戦

このところミカン切りで山に行けませんでしたが、昨日神石山に行って来ました。神石山は登山口が東西南北それぞれありますが、南側の湖西市梅田から登りました。

Toyohasiumeda4

登山口は貯水池があり、3回目の工事をしていましたがまだ続いていました。もう1ケ月になります。

Dsc02122 貯水池の工事

Dsc02123 登山口

この登山道は緩やかなので、高齢者には登り易く、多くの人が来ていました。ラクダ岩の上の鉄塔辺りまで来ると浜名湖がよく見えます。

途中では大きな木が倒れていました。まだ葉が青かったので台風24号で倒れたと思われます。山や海に行くとその被害の大きさに驚きます。知らないところで多くの被害が出ているようです。

Dsc02124 鉄塔付近からの浜名湖

この辺りからやや急となりますが、一登りで神石山頂上です。1時間5分でした。ご褒美がありました。曇っていたので期待しませんでしたが富士山が見えました。

Dsc02129 神石山頂上

Dsc02125 神石山からの富士山

Dsc02127 神石山から浜名湖

里山歩きは冬に向いています。枯葉の積もる日溜りは気持ちよく歩けます。木の葉が落ちて景色が見通せます。これからは富士山も多く見えることと思います。

別の話になります。囲碁天元戦の第5局が本日行われました。これまで2勝2敗できていたのでこれが最終決着戦です。

囲碁で五冠を持つ井山裕太王座(29、棋聖・本因坊・天元・十段)の七大タイトル獲得数が通算43期となり、趙治勲名誉名人(62)の42期を上回って歴代最多となった。19日、徳島市で打たれた第44期天元戦五番勝負の第5局で挑戦者の山下敬吾九段(40)を破り、対戦成績3勝2敗で天元のタイトルを防衛。4年連続7期目の天元獲得となった。(日経新聞ニュースより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月17日 (月)

食べ物

12月11日の中日新聞「中日歌壇」に次のような短歌がありました。

半額のシール貼られた助六が1人暮らしの母の晩餐」

何か侘しさ切なさを感じる短歌ですが、この一人暮らしの母親は侘しくないのではないかと思いました。

助六」とは説明するまでもなく、のり巻き寿司といなり寿司が詰め合わせになっている寿司です。その素朴な味わいが多くの人から親しまれています。

当ブログにとって戦後の頃のごちそうと言えばお寿司でした。お寿司は特別のときにしか食べられませんでした。これは一度ブログに書いております。

その頃のお寿司と言えばのり巻き寿司、いなり寿司、ちらし寿司くらいのものでした。その中でのり巻き寿司が大好きでした。

のり巻き寿司の芯は干瓢、椎茸、竹輪を煮しめたものが主でした。これはわが家だけかもしれません。当ブログは今もこの芯ののり巻き寿司が好きです。

今では四季折々のごちそうなど無くなってしまいました。毎日正月や祭りのようなごちそうが食べられます。自分が好きなときに好きなものが食べられます。

短歌の一人暮らしの母親は時に不便はあるものの一人暮らしを楽しみ、好きな助六を夕餉にしているものと思います。

話の内容が変わりますが、戦後の頃の話です。極道者が汽車の中でおにぎりを食べていました。それをじっと見つめ、つばを飲み込む貧しい身なりの少年がいました。

極道者はその後、極道の限りを尽くしてきましたが、年経てから「あの汽車の中で何故おにぎりをあの少年に渡さなかったのか、一番悔いの残ることだった」と言っています。

また、12/9 NHK BSで放送された「戦争孤児〜埋もれてきた“戦後史”を追う〜」の中で、「上野駅の地下で姉弟3人でパンを食べていた。じっと見つめる少年がいたが渡せなかった。70年以上経った今でも悔いが残る」ということでした。

食べ物大事です。粗末にすることは堪えられません。断捨離の世の中ですが、食べ物は違うと思っています。食べ物に対して感謝の気持ちを持ち続けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

ミカン切り、囲碁王座戦、台風被害

今日、13日目のミカン切りに行って来ました。ミカン切りは毎日行っているわけではありません。
Dsc02118 今日のミカン畑

切り始めてから1ケ月半になりますが、周りのミカン畑も収穫され、ミカンが残っている畑も少なくなってきました。

ミカンは摘果が大事ということです。規格に合わないミカンは切り落とされています。何ら収穫するミカンと変わりがありません。

Dsc02121 摘果されたミカン

朝8時から夕刻4時15分までですが、しゃがんだり、背を伸ばしたりで、腰が痛くなったり足が痛くなったります。特に午後からは3時間以上連続なので疲れます。

切っているときは無心な気持になれます。何でもそうだと思いますが、収穫することはうれしいことです。ふくよかなミカンを手にすると豊かな気持になります。

別の話になります。将棋は藤井7段が100勝し、素晴らしい記録を打ち立てました。囲碁も井山5冠が王座を防衛しました。

囲碁の第66期王座戦五番勝負(日経新聞社主催)、井山裕太王座(29)と挑戦者・一力遼八段(21)の第5局が13日、甲府市で行われ、井山王座が勝って、シリーズ3勝2敗で4連覇を達成。棋聖、本因坊、天元、十段と合わせて五冠を堅持した。

4年連続6期目の王座獲得。井山王座の七大タイトル獲得は通算42期となり、趙治勲名誉名人(62)の歴代最多記録に並んだ。29歳での七大タイトル42期は50歳で達成した趙名誉名人に比べると大幅に早い。日経新聞ニュースより)

これは驚異的記録です。2勝2敗の後ハラハラして見ていましたが今度は勝ちました。井山からはたくさんの楽しみをもらっています。

また昨日は良い天気だったので富士山が見えるかと思い、浜名湖サイクリングロードを歩いて来ました。

しかし富士山の方向は雲があり見えません。台風24号でこの道の一部が壊れたことを以前に書きましたが、まだ復旧されていませんでした。

Dsc02980 破損個所

風は冷たいですが、空気が澄み周りの景色ははっきり見えています。

Dsc02981 舘山寺方向

また瀬戸の遊覧船は台風被害で運休していることは前にも書きましたが、乗り場の浮き桟橋が無くなっていました。その説明が入口の所に貼ってありました。

Dsc02985 無くなっていた桟橋

Dsc02986 運休説明

台風24号で中部電力は平成では最大の停電ということでしたが、この付近では多くの被害が出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

太平洋戦争開戦日

今日は日米開戦から77日年目の日です。1941年(昭和16年)12月8日、日本はハワイの真珠湾を攻撃し、戦争を始めました当ブログはこのときは1歳5ケ月でしたから開戦については全く知りません。 

開戦時日本に対するアメリカの国力は 国民総生産12倍、粗鋼生産量12倍、自動車保有台数160倍、石油保有量は777倍でした。(2018  12/6放送 NHK BS 昭和の選択 「開戦を回避せよ 近衛文麿・日米交渉の挫折」より)

こんな差がありながらなぜ無謀な戦争をはじめたのか。戦争は3年8ケ月続き、1945年(昭和20年)8月15日に悲惨な状態で終わりました。その時 当ブログは5歳1ケ月でしたので記憶があり「戦中戦後の頃の話」としてまとめて来ました。

この戦争は急に始まったのではなく、日本の侵略による日中戦争は始まっていました。日清、日露の戦勝気分の中で「誰も決断せず、誰も責任を取ろうとせず、不決断、無責任が開戦を招いた」。これが無謀な戦争に突入していった理由と考えています。



戦後生まれの人口は80%となり、太平洋戦争も過去の出来事として忘れられつつあります。軍民合わせて犠牲者は300万人でした。

今日の中日新聞も開戦の記事は主筆のコラムがありましたが、少ないと思いました。12月8日を忘れないようにして行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

普門寺紅葉、ミカン

昨日豊橋市雲谷(うのや)の普門寺に紅葉を見に行って来ました。もみじ祭りは12/2に終わっています。しかし紅葉は今が一番見ごろと思われます。

Dsc02106 紅葉

まだ緑のもみじも多くありますが、紅と緑の取り合わせがきれいでした。

Dsc02108 紅葉

Dsc02112 紅葉

Dsc02109 紅葉

Dsc02111 紅葉

全部の木が紅葉ということではありませんでした。寺の右側の多くのもみじの木は縮れていました。これは台風24号の影響だと思います。例年は美しいもみじが見られるところです。

毎年見に来ていますが、紅葉は年によって違います。今年も木が倒れたり、枝が折れたり、葉が散ったりしたようです。寺は数年前の台風被害の復旧作業が今も続いています。

別の話になります。

ミカン切りはまだこれから続きます。11/30、12/1と行ってきましたが、このなかに変わった形のミカンがありました。

Dsc02097 珍しいミカン

Dsc02101 へた側

ミカン切りまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

スペアータイヤ無し パンク

当ブログの車にはスペアータイヤがありません。最近の車にはそのような車が多いようです。応急処置用としてパンク修理セットはあります。

Dsc02102 パンク応急セット

しかしこの応急セットの使い方は複雑です。使用書を見てみましたが1度体験してみないことにはすぐには使えないように思えます。また場所や時刻で大変使い辛いように思います。また側面のパンクには対応できないようです。

当ブログはこの車で初めてパンクしてしまいました。しかしパンクしたとはしばらく気が付きませんでした。気が付く1週間前ほどから、タイヤの回転と同じ間隔で小さな音が出ていました。

壁とかガードレールの所を走ると、その音は反射音で分かりますが他のときはあまり分かりません。気になってタイヤも一応見ましたが分かりません。4本のタイヤを綿密に見ることは出来ません。

石でも挟まっているくらいに思っていました。後で分かったことですが、小さな釘が前輪左の真ん中に刺さっていました。

1週間ほど乗っていたことになります。しかもパンクに気が付く前日には、東名高速道路を400km走っていました。乗っているときは違和感もなく音も聞こえませんでした。

気が付いたのはカミさんが街に買い物に行き、車を降りて何気なく振り返るとタイヤがへこんでいたということです。カミさんはそのまま家まで帰ってきました。

ディーラーに依頼しました。スペアータイヤを持って来てくれたので交換しました。初めてそこで釘が刺さっていたことが分かりました。

車は33,000km走っており、タイヤの溝も減って来ていたので前輪2本を交換し、JAFに入ることにしました。やはりスペアータイヤがないと心配です。

今での車はスペアータイヤなど無くし車体を軽くしています。音など感じたらすぐに見てもらった方がよいようです。自分でタイヤを見ても小さい釘など発見できません。

悪い結果に繋がらなくって良かったと胸をなでおろしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »