« 神石山、囲碁天元戦 | トップページ | 富士見岩 »

2018年12月21日 (金)

風呂内窓設置、ミカン切り

当ブログの家の風呂の窓はアルミサッシのガラス窓となっています。この窓から寒気が入り込みます。壁は断熱材が入れてあるためよいのですが、アルミサッシは断熱性が低く冬は冷えます。
そこでこの窓を二重にすることにしました。内側にもう一つ二重ガラスの戸を付けました。このガラス戸は注文しましたが、取り付けは自分で行いました。
材料は断熱性のあるプラスチックです。回りに枠を貼って行きます。ドリルで穴を開け、ねじを締めてゆきます。

Dsc02133 枠の取り付け

Dsc02136 作業工具

寸法通りに出来ているので止めて行くだけです。ただ取り付けの順序を間違えないように気を付けます。順序が違うとうまくはまりません。

枠を全部取り付け、窓をはめ込みます。しっかりとはまりました。

Dsc02138 設置した二重ガラス戸

戸の傾きを調整するねじがあるので枠にぴったりはまるようにします。これで出来あがりです。取り付けは簡単なので自分で行うのが良いようです。

今日もミカン切りに行って来ました。周りのミカン畑もミカンのだいだい色が消え、葉っぱの緑色が多くなってきています。

Dsc02141 ミカン畑

またモノレールで運搬する畑です。モノレールは運転する人以外は人を乗せることは出来ません。今ではモノレールのエンジンは4サイクルでなければならないということです。このモノレールは2サイクルでした。

これは環境設定が厳しくなったからで、2サイクルの方が小型で力も強いということです。急坂もこなす力強い存在です。

ミカンは温州ミカンの青島ミカンです。「三ケ日みかん」はほとんど青島ミカンです。一部は地元でセリに掛けられますが、大部分は東京の大田市場に出されるようです。

Dsc02144青島ミカン

Dsc02143青島ミカン

出荷先では選果機で1粒1粒 外観、大きさ、糖度、など調べられます。なかなか厳しく不良品は出さないようにしているということです。一度落としたミカンは捨ててしまいます。

青島ミカンの出荷は12月13日から始まったそうです。1日の出荷は900トンもあるそうです。トラックにすると1日40台以上のようです。

青島ミカンは今は一番味がのって来ています。「三ケ日みかん」はブランド物で甘くて程よい酸味があり、全国的にも存在感のあるミカンです。

ミカン切りはまだ続きます。あちらの畑、こちらの畑、畑が広いのにはびっくりします。次は12月24日に行うと言われています。

|

« 神石山、囲碁天元戦 | トップページ | 富士見岩 »

日曜大工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風呂内窓設置、ミカン切り:

« 神石山、囲碁天元戦 | トップページ | 富士見岩 »