« 大原調整池・ドウダンの花 | トップページ | 豊橋動植物園 ゾウと花  »

2019年4月19日 (金)

浜松防潮堤 その後

浜松市遠州灘沿岸の天竜川河口から浜松市舞阪町今切 まで17.5kmの防潮堤が造られています。今日のブログは以前に書いたその後の防潮堤です。

Dsc02871 防潮堤

この工事は13年に始まり、20年の完成を目指して進んでいます。 海岸線に高さ13mの堤防が完成に近づいています。
一部はかさ上げされ15mになるようです。


写真 

一度中田島で防潮堤の上に行きましたが土砂が見える歩道の部分はコンクリート並の硬さがありました。

防潮堤は土砂とセメントの混合剤を何度も転圧して台形の基礎を造り、その上に盛り土したもので

「コンクリートほど強くないが、地震と津波にも耐えられる。盛り土をすることで混合材の劣化を防ぎ、半永久的にもつとみられる」(中日新聞より)

ということです。盛り土したところにはクロマツ、マサキ等32万本を植栽するということです。 

当ブログは巨大工事が好きで半年ぶりに舞阪の仮設の展望台に行って来ました。

Dsc02863 展望台

Dsc02869 浜松方向

Dsc02865 新居方向

Dsc02866 防潮堤

防潮堤は今切口まで出来ていました。来年3月完成予定なので堤防主要部分は全て出来たようです。

 

|

« 大原調整池・ドウダンの花 | トップページ | 豊橋動植物園 ゾウと花  »

建設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大原調整池・ドウダンの花 | トップページ | 豊橋動植物園 ゾウと花  »