« 八十八夜 5月の童謡 | トップページ | 富士見岩 初夏の花 »

2019年5月 3日 (金)

小鷹野浄水場タンク

豊橋小鷹野浄水場は古くからある浄水場で県営と市営が併設されています。赤岩尾根の西端の山の上にこれまで市営のタンク2つがありました。ここに県営のタンクが造られています。もう10年ほど前から工事をしています。

この工事をするのに山の上まで道が造られました。この道は工事専用なので入ることは出来ません。工事場所は家から5分くらいの所なのでこれまでも時々タンク工事を見に行っていました。工事を見るには山に入りますが、藪の道を5分ほど登って行きます。

小鷹野浄水場は豊川から取水した水をこの山の上の大きなタンクに貯水します。今あるタンクは市営のタンクで見学会に2回参加しています。タンクには展望台があり豊橋市街が見渡せます。

Dsc04105 市営の2つのタンク

今行われている工事は県営の豊橋南部浄水場に水を送るためタンクを設置していると思われます。送水管の設置も並行して行われていて、直径90cmの菅を埋める工事を道路各所でよく見かけました。

Dsc09718 送水管(2016.3.28)

前回見たとき(2018.11.18)はタンクが一つ出来上がり、その横を工事していました。

Dsc02975 前回見た時の工事現場(2018.11.18)

今度はここにもう一つタンクが、半分出来上がっていました。

Dsc02982 建造中のタンク

Dsc02988 タンク

3つ目を作ることは無いようです。土地がありません。

Dsc02985 タンク建設現場

これらすべての工事は来年の3月に終えるようです。この送水管は小鷹野浄水場と豊橋南部浄水場を結ぶ緊急送水管ということですが、こんな大きなタンクが2つも造られたのは、南部の開発に何かと使われてゆくものと思います。

完成後にはぜひ見学会を行ってもらいたいものです。

 

 

|

« 八十八夜 5月の童謡 | トップページ | 富士見岩 初夏の花 »

建設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八十八夜 5月の童謡 | トップページ | 富士見岩 初夏の花 »