« 吉祥山、夏至 | トップページ | 井山囲碁本因坊防衛 »

2019年6月30日 (日)

夏越の祓、半夏生

令和になって2か月、今年も半年が経ちました。神社では年2回除災行事として6月30日に「夏越の祓」(なごしのはらえ)、12月31日に「年越の祓」(としこしのはらえ)が行われるところがあります。

「夏越の祓」を行っている神社は豊橋近辺でも幾つかあります。行事として「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」があります。当ブログも一昨日2つの神社で茅の輪くぐりをして来ました。

Dsc03368 豊川市一宮町 砥鹿神社 茅の輪

Dsc03376 豊橋市賀茂町 賀茂神社 茅の輪

茅の輪くぐりは半年間に溜まった穢れを落とし、残りの半年が無事に過ごせることを願うというものです。回り方は正面から最初に左回り、次に右回りと 8 字を描いて計3回くぐります。 

Dsc03363 茅の輪のくぐり方

砥鹿神社では「年越の祓」も行われています。「年越の祓」を行っている神社はたいへん少なく、冬は茅の輪はありません。


また明後日 7月2日は半夏生(はんげしょう)です。 半夏生は夏至の日から数えて11日目を言います。
季節には24節季とは別に72候があり、その中の1つです。この日にタコを食べる習慣があります。それは田植えの終わった今の時季、稲の根がタコの足のようにしっかりと張って豊作になりますように、という願いが込められているからです。

植物にもこの頃に咲くハンゲショウがあります。上の方の葉、数枚の表側が白くなります。花よりも葉に特徴があります。この時季を過ぎるとまた緑の葉に戻って行きます。昨年までは葦毛湿原で見られましたが、今年は見られませんでした。下の写真は豊橋運動公園のハンゲショウです。

Dsc03340 ハンゲショウの花と葉

マタタビもこのようになるので間違えそうですが、ハンゲショウは草でマタタビは木です。我が家でもハンゲショウを植えたことがありますが、枯れてしまいました。それは湿気が足りなかったからのようです。

葦毛湿原ではこの時季カキランがよく咲いています。

Dsc03334 カキラン

雨の日が続いています。我が家のブドウも房が大きくなってきました。熟する頃には鳥に食べられてしまうのでネットを張りました。

Dsc03379_20190629222801我が家のブドウ棚 

 

 

|

« 吉祥山、夏至 | トップページ | 井山囲碁本因坊防衛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉祥山、夏至 | トップページ | 井山囲碁本因坊防衛 »