« 浜名湖瀬戸遊歩道散策 | トップページ | 潤滑剤 »

2019年7月23日 (火)

神石山、大暑

このところ毎日雨で、昨夜も大雨でした。今朝は薄く雲がかかっていますが、久しぶりに晴れました。さっそく山を歩いて来ました。家から10分ほどのところから登れる神石山です。 

Kamiisitearai2

手洗(てあらい)という集落の登山口から登る松林の道です。いつもはわずかにしか流れていない沢も大量の水で音を立てて流れています。

Dsc03445 沢の水

松林を登って行きますが、風も無いので松風の音も聞こえません。湿気が多いので汗が噴き出ます。

Dsc03446 松林

30分ほどで豊橋自然歩道の尾根道に出ました。

Dsc03454 尾根道に出た所の標識

尾根道を神石山に向けて登って行きます。途中から長い階段の道となります。

Dsc03453 階段の道

ひたすら耐えて登って行くと登山口から50分で頂上です。3人がいました。蒸し暑く涼風もありません。薄曇りで太平洋まで見渡せません。

Dsc03450 頂上

Dsc03449 浜名湖

Dsc03452 頂上の人

木が繁ってきて浜名湖の展望も狭まってきています。富士山は夏には見えないですが、また木が大きくなり見えにくくもなってきています。登山のご褒美として、富士山がしっかりと見えるよう、木を切ってくれるとありがたいのですが。

帰りも来た道を戻りました。この登山道はササユリのとき以外では花はほとんど見られません。普段は聞けない沢の音を聞きながら下りました。

 

今日は24節気の一つ大暑(たいしょ)です。立秋の前日8月7日までが大暑の期間中となります。しかし実際の暑さのピークはもう少し後になります。24節気は中国で生まれたので、日本の気候とは少しずれるようになります。

大暑の食べ物はあるのでしょうか。夏バテ防止に天ぷらが最適のようです。しかしこれは半夏生にタコを食べるというほどはっきりしてないようです。

 

|

« 浜名湖瀬戸遊歩道散策 | トップページ | 潤滑剤 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜名湖瀬戸遊歩道散策 | トップページ | 潤滑剤 »