« パソコン分解 | トップページ | 女河浦震洋特攻艇壕 »

2019年9月20日 (金)

彼岸の入り、おはぎ

今日は彼岸の入りです。23日が彼岸の中日で秋分の日、26日が彼岸の明けになります。この頃は彼岸花が咲き、彼岸を知らせてくれます。ヒガンバナはあまり好かれませんが、畦道や土手などどこにでも咲きます。しかし今年はあまり咲いていません。10日ほど遅れているということです。こんなことは珍しいことです。

お彼岸には昔から祖先崇拝や豊作に感謝して来ました。当ブログも昨日お墓参りをして来ました。普段もお墓には花を絶やさないようにしていますが、どのお墓もそれ以上にみずみずしい花がいつも挙げられています。

 

小学校の頃までは春の彼岸、秋の彼岸には「おはぎ」を作りました。「おはぎ」も「ぼた餅」も同じものですが、春はボタンの花からぼた餅、秋はハギの花からおはぎと呼んでいたようですが、いつもおはぎと呼んでいました。

おはぎを作るのは家族総出で作りました。もち米とうるち米を混ぜて釜土で炊き、大きな練り鉢に移し、すりこ木で軽く搗きます。あんこやきな粉は別に作ってあります。おはぎを作るには子供も含めて皆で作りました。指についたあんこをなめながら作りました。

型も大きめで、正方形の大きなお膳がいっぱいになるくらい作りました。昔はなんでも大きく、たくさん作りました。ごちそうも少なかったのでしばらく食べられるように作ったと思います。

 

昨日葦毛(いもう)湿原に9月の花を見に行ってみました。

Dsc03719葦毛湿原

Dsc03712サワギキョウ

Dsc03716ツリフネソウ

Dsc03717シラタマホシクサ

Dsc03705ミズギボウシ

ヤブラン、サワヒヨドリ、キセルアザミなどの花も咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« パソコン分解 | トップページ | 女河浦震洋特攻艇壕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコン分解 | トップページ | 女河浦震洋特攻艇壕 »