« 釣り | トップページ | パソコン分解 »

2019年9月16日 (月)

五葉城址、厳しい山から里山へ

一度涼しい日もありましたが、まだ暑い日が続いています。大原調整池から五葉城址に行って来ました。

Oohara2_1

林道ばかりを歩きます。陽も低くなってきて林道も木蔭が多く助かります。開けた所の道に出ると、風がありなんともよい心地でした。道もそれほど急ではありません。花はほとんどありません。40分で五葉城址に着きました。

Dsc03682五葉城址

遠くの山は見えません。富士山や南アルプスが見えるようになるのはまだ大分先のようです。風があり日陰のベンチで暫し山を眺めていると自転車の人がやって来ました。すぐ下まで林道なのでそのような人もいます。

Dsc03689本宮山と吉祥山

花もマツムシソウやオミナエシが咲いて居る程度です。

Dsc03688オミナエシ

帰りも来た道を戻りました。暑いときでしたが6人の人に逢いました。

 

別の話になります

9月も中旬となり、北アルプスや南アルプスなどの登山シーズンも終わり頃となってきました。当ブログは現在79歳、今では厳しい山に登ることもなく、近くの片道1時間ほどの山を歩いている程度です。

70歳過ぎまでは厳しい山にも登っていたので、その頃を懐かしんでいます。山は人によって違います。80歳でエベレストに登る人もいれば、100歳で富士山に登る人もいます。

当ブログは体重が73kgほどで山歩きタイプではありません。歩くのも遅くいつもへとへとで頂上にたどり着いていました。それでも山に行きたいという思いは、絶えることなくこの年まで続いてきました。

それを支えたのはいろいろありますが、一番は達成感・充実感であろうと思います。なるべく多くの山を登ろうという思いでした。

70歳前後に登った厳しかった山を振り返ってみます。

67歳 北アルプス 槍ヶ岳

68歳 北アルプス 北穂高岳

Suishoutake北穂高岳からの眺め

69歳 南アルプス 上河内(かみこうち)岳・茶臼岳

70歳 南アルプス 聖岳・赤石岳

Hijirikamikoutitekari聖岳からの眺め

72歳 北アルプス 霞沢(かすみさわ)岳

Tokugoutouge徳本(とくごう)峠からの眺め

74歳 北アルプス 燕(つばくろ)岳

76歳 立山連峰  奥大日岳

これで厳しい山は終わりとなりました。今思うと70歳からの山が特に大変でした。69歳のときに行った上河内岳は登山口の椹島(さわらじま)から聖平(ひじりたいら)小屋まで6時間で着き、それほど疲れた感じもありませんでした。

そこで翌年この調子なら聖・赤石も一周できると思い、同じ登山口の椹島から同じ山小屋の聖平小屋を歩きました。しかしその時は大変疲れました。8時間掛かりへとへとで小屋に着きました。  

これはその時の体調もあろうと思いますが、この時以降の山は69歳のときまでに登った山よりも特に疲れを感じました。燕岳、奥大日岳もそんなに大変な山ではありませんが疲れました。

これは年齢から来るものもあるかと思い、厳しい山はそれ以降登らなくなりました。体力もですが、気分も以前ほどの気持ちは無くなりました。80・90歳でも平気で登っている人は大勢います。

これまでに程々の山登りは出来たと思って満足しています。今日は敬老の日で地区からはお祝品をいただきました。 ありがたいことです。これからもゆっくり自分のペースで山を楽しんで行きたいと思っています。

|

« 釣り | トップページ | パソコン分解 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釣り | トップページ | パソコン分解 »