« 囲碁 芝野虎丸 | トップページ | 帯状疱疹 »

2019年10月27日 (日)

日除けカーテン設置

手慰みで日除けのカーテンを設置してみました。陽が低くなってくると部屋の奥に差し込みます。この陽がまぶしくてなりません。カーテンを閉めればよいのですが暗くなってしまいます。レースのカーテンだけではまぶしすぎます。

日除けのカーテンの設置は保存していた古物の利用です。カーテンは幅1.8m、長さは1mをそのまま使いました。

Dsc03890設置後の日除けカーテン

カーテンレールも2本保存してあったのでそれを活用しました。カーテンレールを天井下につけカーテンを付けました。日除けのカーテンを閉めるとき、元のカーテンに引っかかってそれが動いてしまうので、もう1本のカーテンレールをその下に壁から7cmほど離して付けました。

Dsc03889下のカーテンレールは壁から浮かせて付けた

付け方はこれも余っていたカーテン部品を利用して下の写真のように付けました。

Dsc03907取り付け

まだ少しは引っ掛かりますがよくなりました。とにかく保存してあった材料のみで設置したので見栄えは良くありません。

もう一つは陽が射してきたとき、わざわざ立って閉めに行くのが煩わしく、座っているところから開閉できるようにしました。カーテン上部に結んだ釣り糸を天井隅に這わせ、日除けカーテンを引っ張るようにしました。

Dsc03900這わせた釣り糸

この糸に重りを付けます。

Dsc03904糸につけた重り

これでわざわざ立たなくても動かせるようになりました。経費は0円でした。

スマホで動かせるカーテン開閉器も販売されています。これを着けるとカーテンは手で動かせなくなるようです。

当ブログはアナログばかりです。家には他にも3ケ所このようにしてあります。1ケ所は釣りの重りで戸が閉まるようにした自動ドアです。

Dsc03899釣りの重りを使った自動ドアの重り

このようなことをするのは趣味なのでカミさんは無関心であり、迷惑かもしれません。

 

|

« 囲碁 芝野虎丸 | トップページ | 帯状疱疹 »

日曜大工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 囲碁 芝野虎丸 | トップページ | 帯状疱疹 »