« わが家の戦争遺品② | トップページ | ミカン切り »

2019年12月10日 (火)

歌 ♬つぼさんつぼさん・・・ 補足

9月23日に「歌 ♬つぼさん つぼさん・・・」というブログを書きましたが、その後この歌詞が見つかりましたので補足します。


つぼさま つぼさま
お彼岸参りに お出でんか
わたしもちょっくら行きたいが

カラスという 黒鳥が 
足をつつき 手もつつき
それで 一本ぬけました

特に他の地方で歌われていた歌詞と変わりません。これは当ブログの郷里浜松市三ヶ日町のわらべ歌の中にありました。我が家の昔の物を整理しているとその中にありました。

この歌は当ブログの一世代ほど前の歌のようですが、わらべ歌として引き継がれてきました。

学校から帰るといろいろなわらべ歌を歌い遊んだものです。まりつき、おじゃみ(お手玉)などはわらべ歌が付き物でした。

当ブログは “♬ つぼさんつぼさん・・・”で遊んだ記憶はありません。遊び方の説明がありましたので書いておきます。

両手でつぼを作り、身体の前に出し輪を作る。鬼になった人が人差し指でつぼの中に指を入れながら、順々に歌を歌って回る。最後の“抜けました”で終わった人は手を1本下ろす。両手が下りた人は抜ける。

このようにわらべ歌を歌っての遊びは多くありました。中には赤ん坊を背負って子守の子もいました。いつも日の暮れるまで遊びました。わらべ歌はこのようにして歌い継がれてきました。

 

 

 

 

 

|

« わが家の戦争遺品② | トップページ | ミカン切り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが家の戦争遺品② | トップページ | ミカン切り »