« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月30日 (木)

マンサク、節分草、福寿草

浜松市細江町のオレンジ道路に咲くマンサクを見に行ってみました。このオレンジ道路は浜松市三ヶ日(みっかび)町から浜松市引佐(いなさ)町奥山まで続いていますが、マンサクは引佐峠と細江公園の中間位のところにある「マンサクの里」に咲いています。

Dsc04299マンサク

マンサクは他の花に先駈けて“先ず咲く”のでマンサクと名付けられたと言うことです。ここは群生地ではありませんが、10年ほど前マンサク保護のためここに定植し管理されています。

Dsc04295案内板

Dsc04292マンサク

次に浜松フラワーパークの早春の花を見て来ました。

Dsc04300節分草

Dsc04306福寿草

Dsc04311なのはな

梅林の梅もかなり咲き出していました。

Dsc04307

Dsc04309

1年で一番寒い頃ですが、今日も暖かでした。

| | コメント (0)

2020年1月29日 (水)

万場調整池

昨日は強風でしたが、今日は風も無く暖かい日となりました。万場(ばんば)調整池を歩いて来ました。万場調整池は一周3.3kmで歩くのにはちょうどよい距離です。

 Toyogawayousui_2

万場調整池は全くの人工池で豊川用水の水が少なくなったとき、調整するための広大な池です。、斜面はアスファルト、底は合成ゴムシートが張られています。豊川用水の調整池は他に大原、三ツ口、芦ガ池、初立(はったち)、駒場、蒲郡の計7つあります。

Dsc04283万場調整池

豊川用水は昭和43年に20年の歳月をかけて完成しました。用水は豊橋、渥美半島、蒲郡、湖西などに送られています。農業用水としての他、豊橋南部浄水場に水を送り、上水道や工業用水として使われています。

豊川用水の水源は宇連ダム、新豊根ダム、佐久間ダム(夏季のみ)、大島ダム、また寒狭(かんさ)川、大入(おおにゅう)川の導水路です。

池の周りには駐車場も所々あり、どこからでも歩くことが出来ます。公園、遊具、展望台、親水施設、トイレなど設けられています。よく整備されているのにはほとほと感心しました。 池の中は取水塔が造られています。

Dsc04288取水塔

Dsc04286取水塔への橋

池の周りは木が植えられ歩きやすいようになっています。

Dsc04290この木はクロガネモチ

1周は50分でした。ジョギングなどする人もおりそれぞれ楽しんでいました。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

大知波桜

早咲きの桜は河津桜が有名ですが他にも多くあります。当ブログが住んでいる近くの湖西市大知波には大知波桜(おおちばざくら)があります。これは河津桜よりも早く咲き、日本で一番早く咲く桜ではないかと言われています。道には案内板が出ております。

Dsc04282案内板

桜は咲いていました。7分咲きほどです。

Dsc04273大知波桜

場所は湖西市大知波の大神山(おおかみやま)八幡宮入口にあります。神社にある説明板では1月上旬から2月中旬が開花時期ということです。昨年は立春のときに7分咲きでしたから今年は1週間ほど早いようです。

Dsc04274大知波桜

Dsc04277大知波桜

この桜は1966年に植えられた比較的若い桜で、カンヒザクラとヤマザクラの交配種ということです。「大知波桜」と命名されたのも2015年で、その頃新聞に載り知られるようになりました。今では案内板も立てられ、見に来る人も多くなっています。

Dsc04275大知波桜

この大知波桜は成木はまだ2本しかありません。しかし苗木がこの数年湖西市のおちば親水公園などに多く植えられたので、やがては一番早い花見の出来る公園となるかもしれません。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

屋内配線

当ブログは第2種電気工事士免許を退職後に取得し、家の中の電気工事は自分で行って来ました。コンセント、スイッチ、アンテナ、ドアホン、ランケーブル、エアコン、電話端子、電灯など設置しました。

これらのことを行うには床下や天井裏に20回ほど入りました。大変でしたが半ばは趣味です。しかし設置した器具も今では使わなくなっているものもあります。設置してから15年ほど経ち、それに代わるものが出てきたからです。使わなくなっているものは

ランケーブル

これはモデムとパソコンを結ぶ線です。配線したころは各部屋で使えるようにと思って、2階2ケ所と1階2か所へ有線のラン端子を付けました。2階は床下から壁の中、天井裏を通し各部屋に出しました。1階は床下から壁を通し部屋に出しました。

やがて光ファイバーが使えるようになり無線のWi-Fiとしました。その後スマホやタブレットもこのWi-Fiを使用するようになりました。光ファイバーの線に変えたときはまた床下に潜りましたが、苦労して通したランケーブルは使わなくなりました。

三路スイッチ

三路スイッチとは階段の下で電燈を点けたとき上で消すようなスイッチを言います。これを玄関に着けました。玄関に入ったとき点灯し、框を上がったとき消すようにしました。

しかしその後、人感センサー付きLED電球が現れました。人を感知して点灯し、しばらくして消えます。これはスイッチを押さなくてもよいので便利です。玄関先の三路スイッチも床下に潜り苦労して付けましたがいらなくなりました。

 

今ではWi-Fiを使うタブレットやスマホが当たり前となってきました。スマート家電に繋げれば、テレビから洗濯機、冷蔵庫、エアコンまでスマホやタブレットで操作できる時代となりました。

たまに外食すると回転ずし以外でもタブレットで注文となっている店が多くなっているのにビックリです。当ブログはスマホもタブレットも使うことが少なく、スマート家電も家に居ればあまり必要を感じません。しかし時代に乗り遅れないようにしたいと思います。

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

家での転倒防止

当ブログは79歳、何かと病院通いが多くなりました。幸い里山歩きくらいはできるのでよく登っています。しかし家では大丈夫とばかりは行かぬようです。家で転んで骨折したという話はよく聞きます。

家というのは案外危険が潜んでいるように思います。カーペットなど敷物に躓き転倒、配線コードに足を取られ転倒、ふらつきによる転倒など家の中は外以上に気を付けねばならぬことが多いかもしれません。

転倒防止をするために自分なりに行って来たことを書いてみます。

・敷物はあまりしないようにしていますが、潤滑剤や剥がし剤を使って床が滑るようになってしまったときは、中性洗剤でしっかり拭くと滑らなくなります。

・コンセントを多くしました。家全体では20か所ほどコンセントを増やしました。配線コードは足に引っ掛かりやすいので危険です。しかし今は何もかもがリモコンで配線も少なく便利になりました。小容量の電気なら無線で送られるという時代も来るのでしょうか。そうなれば部屋からコード類が無くなります。

・手すりを多く付けました。特に風呂場とトイレです。風呂場はリフォームのとき2本付け、1本は自分で付けました。風呂場には3本あると安全です。また風呂場入り口には2本付けました。トイレにも3本付けました。

Dsc04261トイレの手すり3本

その他居間に2本、玄関に2本、和室に1本付けています。手すりはどこにでも付けるというわけには行かず、下地がしっかりしているところに付けなければなりません。風呂場の2本以外は全部自分で付けました。絶対安全が必要です。

・段差をなくすようにしました。これはリフォームのときなるべくそのようにしましたが、框のところは段差が大きかったので踏み段を自分で作りました。

転ぶことも在り得るということを前提に、家の中の生活には気を使い、直すところは直して行きたいと思います。

 

帯状疱疹

帯状疱疹はまだ続いています。3ケ月ほどになります。今は痛みの程度が違うのでほとんど気にならなくなりました。痛み止めの薬も飲んでいません。

帯状疱疹の痛みは発疹の出来た所に刺すような痛みが来るので分かります。ひどい時は大変な痛みでした。予防注射もあるので接種しておいた方がよいかもしれません。アメリカでは接種が義務になっているということです。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

わが家の自動ドア

家の中のドアを3ケ所自動ドアにしました。引き戸が2ケ所、開き戸が1ケ所です。自動ドアと言っても開けるときは手で開けます。どのドアも重りで閉まるようにしただけです。

引き戸はドアを糸で引っ張るだけなので簡単に自動ドアになります。引っ張る糸は釣り糸です。丈夫な釣り糸が保存してあったのでこれを使いました。前からこの糸は何かに利用できないかと思っていました。

Dsc04254釣り糸

糸の一端は戸に付けます。ぴったり閉まるようにするには戸の上部奥に付けるのが良いと思います。

Dsc04252戸への糸の取り付け

これを重りで引っ張るだけです。重りの重さは加減します。重りは戸により釣りの重りであったり、メガネレンチであったりいろいろです。

Dsc04256重り

Dsc04253メガネレンチの重り

重りは壁と摩擦が無いようにし、また見えないようにします。糸は長く引っ張ってもよいので金具で方向を変え、戸棚や冷蔵庫の隙間に入れ重りが見えないようにしました。戸を開け放して置くときは戸の背にマジックテープを張り動かないようにしました。

 

次に開き戸の自動ドアです。これはどのように自動にしようか考えました。これも重りで閉まるようにしました。開き戸の隣が戸棚になっていたのでそこに重りを隠すようにしました。先ず開き戸の上に糸を付けます。

Dsc04249ドアに糸を付ける

糸は金具で方向を変えます。この角度も試行錯誤で方向を決めました。

Dsc04248ガイドの金具と糸

Dsc04250糸は戸棚の中へ

この重りはスパナを使いましたが、すきまを通して戸棚の中に納めました。

Dsc04247この重りは戸棚の中に入れます

重りの重さは閉まるとき、静かになるように調整します。開け放して置くときはそのような装置が付けてあります。引き戸も開き戸もどちらもうまくできました。

こうしておけば締め忘れてもいつも閉まり、特に冬場は争いごとも無く平和です。しかしこんなことをするのは自分の趣味で、さて次は何をしようかと考えています。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

浜名湖遊歩道散策

今日も暖かです。三ヶ日町瀬戸の浜名湖遊歩道を歩いて来ました。下図の赤線のところを歩きました。

Hamanakoyuuho

湖岸沿いの道ですが、天気が良いので寒さはさほど感じません。

Dsc04220遊歩道

やがて富士山が見えてきました。

Dsc04222富士山

Dsc04227富士山

Dsc04242左に富士山

Dsc04237富士山(左)と舘山寺

Dsc04230新居方向

Dsc04229尉ケ峰(中央)

散歩やサイクリングに来ている数人に逢いました。

 

囲碁棋聖戦2局目が昨日今日と行われています。井山祐太棋聖に河野臨9段が挑戦しています。先ほど決着し井山が勝ちました。これで井山の2勝です。早く4勝した方が勝ちです。

 

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

奥浜名湖展望公園、高山展望台

薄曇りですが富士山が見えるかと奥浜名湖展望公園に行ってみました。広域農道はオレンジ道路とも呼ばれており、その引佐(いなさ)峠から入ります。引佐峠は昔の姫街道がありそこが登り口になっています。

Tenboutakayama
この登山道はあまり人が入りません。夏や秋は木が繁り、蜘蛛の巣や草の種が付き歩きにくくなります。樹間から湖も見え今が一番歩きやすいときです。
30分ほどで展望台に着きました。あいにく展望台は修理中で上がれません。富士山も雲で見えませんでした。
浜名湖の展望は良く、太平洋まで見渡せます。
次に三ケ日にある高山展望台にも行ってみました。登り口はミカン畑の農道を上まで行くと「みかんの里」がありそこから行きます。ここは10分ほどで着きました。四方の展望が開けています。
浜名湖北の猪鼻(いのはな)湖、浜名湖、太平洋と見えます。木が繁ってくると見える範囲も狭まってきます。
北側には尉ケ峰(じょうがみね)、富幕山(とんまくやま)、金山、雨生山(うぶさん)、坊ケ峰、富士見岩、神石山など弓張山系の山々が見渡せます。
明日は大寒ですが今日も暖かでした。

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

座談山

曇っていますが風のない静かな日です。葦毛湿原から座談山へ行って来ました。

Zadanyamaimououfuku

葦毛湿原の縁を通り、バイケイソウの群落地を過ぎ、少し歩くと一息峠になります。

Dsc04184葦毛湿原入口

やがて尾根道に出ると太平洋が見えるようになります。すぐにアンテナのある雲谷山(うのやさん)に着きました。

Dsc04185雲谷山

この頃から雲も薄くなってきて富士山が見えるのではないかと期待されます。雲谷山では富士山は見えません。座談山へ向かいます。登り口から1時間ほどで鉄塔のある頂上へ着きました。

Dsc04196座談山頂上

果たして富士山は見えました。今日は見えないと思っていたので得をしたような気分です。ここからの富士山は裾まで見え雄大な眺めです。

Dsc04187富士山

浜名湖や太平洋もはるか遠くまで見えます。

Dsc04192浜名湖

Dsc04193大平洋

帰りも来た道を戻りました。12時頃戻りましたが、午後3時頃から雨も降りだしました。富士山が見えたのは幸運でした。

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

東山

東山は弓張山系の東端の山で、愛知県側では豊橋自然歩道、静岡県側では湖西連峰と呼ばれている一番東の山になります。

Higasiyama_imou2

葦毛湿原から登りました。12時頃でしたが駐車場は30台ほどの車でいっぱいでした。葦毛湿原は枯れ野となっており誰もおりません。

Dsc04172葦毛湿原

山に入っても車の割には人には出会いません。これはいつも感じますが、山は広いということで分散してしまうのでしょうか。東山頂上に出るまで誰にも会いませんでした。1時間で頂上です。

Dsc04177東山頂上

東山は松明(たいまつ)峠ともいいます。やがて3人が登って来ました。浜名湖、太平洋、豊橋市街など見えます。

Dsc04182浜名湖

Dsc04181二川の街と大平洋

Dsc04183豊橋市街

帰りも来た道を戻りました。午後2時頃でしたが駐車場は10台ほどの車になっていました。葦毛湿原からは神石山方向に行く人が多いようです。

 

今日は15日なので神社の早朝お参りの日でした。氏子の役員6名が6時半には集まり、掃除とお参りをします。日の出は今が一番遅いときでこれから早くなって行きます。

まだ暗い中掃除をしますが、今年は暖かでよい方です。

 

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

五葉城址、鏡開き

今朝6時半頃でしたが車のガラスにびっしりと霜が付いています。これならシモバシラの霜柱が見られるのではないかと10時頃でしたが大原調整池のシモバシラを見に行きました。

シモバシラは夏に白い地味な花を咲かせますが、冬になると霜柱(霜華)ができます。シモバシラの茎は冬には枯れてしまいますが、根から水が吸い上げられ、氷点下になると導管内で水が凍って茎からの霜の華が見られます。

霜の華は全く見られませんでした。条件がそろわないとなかなか出来ないようです。五葉城址に登ることにしました。林道を行きます。

Oohara2_1

Dsc04171林道入口

林道ばかりを歩き五葉城址に着きました。富士山が見えました。

Dsc04170五葉城址

Dsc04164富士山

Dsc04169南アルプス

1時間半ほどの歩きでした。

 

鏡開きの日は1月11日です。これは毎年変わるものではなくどの年であっても同じです。 しかし当ブログがお務めする神社では昨日鏡開きを行いました。男6人が接待し不粋です。

鏡開きとは神様にお供えした鏡餅を食べることを言います。これは日本の風習となっており、食べることに意味があります。日本では、古来から神様にお供えした物を食べるのは、神様との繋がりを強め、神様の力を頂けると考えられて来ました。

今は寒の季節、熱い甘いお汁粉に餅がよく合います。大鍋2つ造りちょうど無くなりました。

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

スキーの日

今日は「スキーの日」だそうです。「〇〇の日」というのは数多あるようですが、スキーの日というのは思いが彷彿とします。我が若かりし頃のスキーに思いを馳せてみたいと思います。

当ブログが就職した昭和40年頃は丁度スキーが流行り出した頃でした。まだ車の時代ではありません。スキー場も多くはなく、下宿していた所の近くの「伊吹3合スキー場」、「日坂坂内スキー場」、「油坂スキー場」などに電車で行っていました。これらのスキー場は今では名前が変わったり、無くなったりしています。

ときに志賀高原の「熊の湯」とか「発哺」で温泉に入り、麻雀や囲碁をしながらスキーをしたのは楽しい想い出です。これらのときゲレンデで流れていた「シーハイルの歌」は懐かしい思いがいっぱいです。

その後車の時代となり、車に全て積み込んで苦労しなくても行けるようになりました。この頃には遠いスキー場に出かけたり、なるべく違ったスキー場で滑ってみたく、長野、岐阜の多くのスキー場に行きました。

その頃は高速道路も無く、カーナビもありません。苦労して民宿にたどり着きます。冬用のタイヤはなくスキー場近くになるとチェーンを付けました。これが難儀な作業でした。スキー場近くではいつも渋滞でした。

真っ白な雪に真っ青な空、雪を被った山々、天気の良いときは爽快でした。逆もあります。吹雪にさらされてリフトに乗り、下りる方向も分からないようなときもあります。技術はへたくそでパラレルターンも出来ずに終わりました。

40歳代頃は子供を連れて「戸狩スキー場」に毎年行っていました。グループで行き、民宿に泊まり親は夜中過ぎまで麻雀にふけっていました。これも楽しい想い出です。スキーは40歳代半ば頃でパタツと止めました。

1月12日がスキーの日であるのは明治44年(1911)オーストリアの陸軍少佐ヒルが新潟県上越市で、初めてスキー技術を伝授したことが本格的スキー普及の第一歩とされ、この日がスキーの日となりました。

息子もスキーが趣味となり、昨年は愛知県の国体選手となり出場しました。今年も朴ノ木平で昨日・今日と愛知県国体予選が行われており参加しています。果たして愛知県代表に成るや否や。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

嵩山、腎臓結石

今日も暖かく快晴ではありませんが晴れています。富士山を期待して湖西市の梅田から嵩山(すやま)に登って来ました。簡単に行ける山です。

Suyama2_2

駐車場はいっぱいです。昼近くだったので下りる人に逢いながら登って行きます。30分で頂上です。ご褒美がありました。富士山は霞んでいますが見えました。

Dsc04158嵩山頂上

Dsc04156富士山

南アルプスも見えています。浜名湖も見えます。

Dsc04151南アルプス

Dsc04152浜名湖

冬は曇っていなければ富士山が見えるので楽しみがあります。

 

一昨日(9日)の夜ひどい腹痛となりました。間歇して痛みが来、冷や汗や悪寒もあります。昨日(10日)朝も痛さが続いたので医者へ行って来ました。この痛さは腎臓結石ではないかと思いましたが、8月16日にも腎臓結石になっています。

便を検査し調べることになりました。結果が出るには2・3日かかります。痛み止めの薬はもらってきましたが、昨日朝の腹痛以後は痛さは無くなっております。そして夕方になって結石が出ました。やはり腎臓結石でした。

Dsc04159腎臓結石

とにかく腎臓結石の痛みは大変なものです。以前は5日ほど続いたときもありましたが、最近は1日くらいで治まっています。しかしこの痛みがいつ襲って来、いつまで続くのかは全く分かりません。 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

囲碁棋聖戦第1局

囲碁界の最高棋戦、棋聖戦が行われています。今年になって初めての棋戦です。井山祐太棋聖に河野臨9段が挑戦する7番勝負の初戦です。2日間に亘って行われた第1戦は先ほど19時20分決着し井山が勝ちました。

棋聖戦は7戦まであり、早く4勝した方が勝ちです。7戦まで行けば3月13日に決まります。当ブログは井山を応援しています。井山は7大タイトルの棋聖、本因坊、天元の3冠を保持しています。
今日もネットで見ていましたが何が何だか分かりません。1つミスをすれば敗着となります。それを2日間に亘って行うのですから大変な緊張が続くと思います。1手打つのに1時間以上考えるときもあります。
雲の上のことですがただただ感心するのみです。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

神石山

午前中雨が降りましたが、午後から青空が見え始めたので神石山に行って来ました。家から10分ほどで行ける豊橋市手洗(てあらい)の登山口からです。

Kamiisitearai2

この登山口は松林の道を歩けるのが良いところです。

Dsc04140松林

登山道は松葉が敷き詰められています。

Dsc04147松葉の道

松葉を見ると小学生の頃、松葉を集めに行ったことを思い出します。これを「ごうかき」と言っていましたが、この話をきっかけに戦後の頃の話を百話書きました。

上の方は強風です。こうなると松風というような長閑なものではなく、枝も所々千切れ飛んでいます。長い階段を登って頂上です。富士山が見えることを期待しましたが、雲があり見えません。

Dsc04143頂上

頂上も強風です。浜名湖はいつも見えています。こんな天気ですが2人が登って来ました。

Dsc04144浜名湖

早々に引き返しました。1時間半ほどの歩きでした。

既に暦では1月6日に寒に入っていますが大変暖かく1枚脱いで歩くほどでした。1月20日が大寒で2月3日が寒の明けです。里山は寒風に耐えて歩くのも魅力です。これからどんな天気になって行くでしょう。

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

三岳山

静岡県引佐(いなさ)町井伊谷(いいのや)の三岳(みたけ)山に三岳神社参拝を兼ねて行って来ました。三岳山は20分で登れる簡単な山です。高さは466mですがこの辺りでは高く他の山からはよく見えます。

Mitakesan

三岳神社は山の中の小さい神社ですが歴史があります。三岳神社までは車で入れます。

Dsc04139三岳神社

三岳山は城跡になっており、井伊谷の街から道にも三岳城跡の案内板があります。

Dsc04127登山口での案内板

登山道途中にも史蹟があります。登山道は昨年台風でたくさん杉の木が倒れ、その後しばらく通れませんでしたが、すっかり片付けられていました。頂上は城跡があり、展望が良くなっています。

Dsc04137三岳山頂上

Dsc04135頂上

富士山が見えるのですが、木に遮られて見えなくなりました。南アルプスは樹間に見えています。

Dsc04128南アルプス

浜名湖、浜松市街など見えています。

Dsc04131浜名湖

Dsc04130浜松市街

Dsc04133新東名浜松SA

この山は簡単に登れるのでよく家族連れに出合います。今日も小学生のいる家族連れに会いました。富士山方向や南アルプス方向の木を切ってくれるとありがたいのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

遠州灘防潮堤(6)

遠州灘防潮堤とは天竜川河口から浜松市舞阪町今切 まで17.5kmにわたって造られている防潮堤を言います。この工事は平成13年に始まり、令和2年3月に完成の予定でほぼ出来上がっています。

これまで遠州灘防潮堤については5回に亘って書いて来ました。見学会にも参加しています。これまで防潮堤上には上がれませんでしたが、上れるようになっていました。 

Dsc04115防潮堤と浜名大橋

Dsc04116防潮堤

防潮堤の上は手すりが付けられ散歩できるようになっていました。

Dsc04117防潮堤上 中田島方向

Dsc04120防潮堤上 新居方向

防潮堤の上からは太平洋の大海原、遠州灘の砂浜、新居・舞阪海岸、浜名大橋、弁天島の海岸、富士山、奥浜名湖など一望できます。次に来たときは堤防上を舞阪から中田島まで歩いてみたいと思います。

 

この今切口(いまぎれぐち)は釣り場です。たいへん寒いですがたくさんの釣り人がいました。

Dsc04112舞阪突堤の釣り人

Dsc04122浜名大橋下の釣り人

昔はこの辺りには釣りに来たものです。その後新居側には子供でも釣りの出来る海釣り公園も出来ました。新居・舞阪側とも駐車場やトイレは完備されています。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

五葉城址

今年初めての山歩きをして来ました。富士山の見える五葉城址です。

Oohara2_1

ゲート前に車を置き、林道を歩いて行きます。城址まで林道歩きばかりです。傾斜が緩やかなので疲れることなく登れます。50分ほどで五葉城址に着きました。

Dsc04110五葉城址

風も無く穏やかな日なので人も多く来ています。富士山は見えました。南アルプスもはっきりと見えています。

Dsc04103富士山

Dsc04102南アルプス  右から聖、赤石 

聖、赤石は70歳のときに登ったので感慨を新たにしています。

奥三河の山々も見えています。

Dsc04111茶臼山(中央)

Dsc04106明神山(右)、宇連山(左)

帰りも来た道を戻りました。

今日は運が良ければ大原調整池の湖畔にシモバシラの霜柱が見られるかと期待しましたが、全くその気配はありませんでした。ひと冬の間でもなかなか出会うことは難しいようです。

 

孫たちは元日の朝来て、3日の朝帰って行きました。猫も釣れてきたので普段静かな我が家も物が溢れ、大賑わいの正月でした。

Dsc04100靴がいっぱいの玄関

当ブログは2日間とも神社に詰めていましたが、夜は一緒におせち料理やかにすきを食べました。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

新年を迎えて

明けましておめでとうございます。2020年、令和2年の始まりです。

当ブログが生を受けたのは1940年、まだ戦前でした。この80年間で世の中はすっかり変りました。戦前生まれの人口も13%と少なくなってきております。これまでも戦前戦後のことを多く書いて来ましたが、戦後の頃の暮しはたいへん貧しいものでした。どん底を知っているので今の豊かさは驚きです。

今は物が溢れているので使用済みの生活用品など捨てることも必要かと思います。もったない気はしますが仕方ないことです。女性はお嫁入りのとき持ってきた着物など捨てがたい思いがすると思いますが、これも時代の変化であろうと思います。

しかし食物は別です。食べ物を粗末にすることは絶えられません。現実には大量の食物が捨てられています。動植物の命をいただいていることも忘れないようにしたいと思います。豊かさゆえと思いますが、人間らしい生活が出来れば程々でよいと思っています。

次に地球ですが、きれいな状態で子供たちへ引き継ぐようにしなければなりません。核物質と地球温暖化ガスは短期間で急激に増えており、早急に無くさねばなりません。核弾頭はロシアが7,000、アメリカが6,800保有しており、全世界の95%を所有しております。

核の均衡で世界の平和が保たれているというのは危なっかしい限りです。宇宙のオアシスである地球は核のない星でなければなりません。当ブログは密かに2,000年が核を放棄する年と思っていましたが、もう20年も経ってしまいました。

温室効果ガスも大変な増え方です。戦後しばらくの間は夏は団扇だけで過ごせたものです。生活が快適になっただけ地球も汚れてきています。車が個人で持てるようになるとは夢にも思いませんでした。排気ガスの出ない車は時代の要請です。

科学の進歩にはびっくりしていますが、電気製品の進歩は特に著しく思います。生活もすっかり変わりました。何と快適な生活が出来るようになったものか、日進月歩の半導体の進歩には驚かされます。

最近に至っては量子計算機なるものも造られています。スパコンで千年掛かる計算を数分で解けるということです。まだまだ科学の進展はありそうです。どんな世の中になって行くのでしょう。

このような世の中ですが、先ずは人間の尊厳です。子どもは大事です。子供は6歳までは皆天使です。小学生は可愛いものです。子供の安全は絶対に守らなければなりません。じゅうぶんな対策をしてほしいものです。

中学生・高校生も若々しくて爽やかです。体力も知力もすばらしい、新記録を出したり、芸術分野での活躍、囲碁でも素晴らしい棋士がいます。若い人には活躍できる環境を誰にも公平に整えていってほしいと思います。

地球人がみな平等であることを当ブログはいつも願っています。貧富の差がますます著しくなっています。小さな地球という星に住む人、そこに差別などあってはなりません。宗教・思想は自由で、表現が保証され、文化は尊重されなければなりません。

東日本大震災のときには全世界が日本を助けてくれました。最貧国と言われている国からも援助がありました。全世界から受けたこれらの恩は必ずや返して行かねばなりません。

小さな問題で対立することがいかに愚かなことか。宇宙時代となりました。宇宙のオアシス、青い小さな地球の中で争っている時代ではありません。80年前とは大違いです。世界は平和しか進む道がありません。

Dsc01896富士見岩からの輝かしい富士山

当ブログは昨日の大みそかから午前2時まで神社でお務めをし今帰ってきました。また6時から神社に行きます。今年で5年目になりました。新年を迎える夜12時にはお参りの長い行列ができます。幸多かれと願うばかりです。

令和2年 元旦

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »