« わが家の自動ドア | トップページ | 屋内配線 »

2020年1月23日 (木)

家での転倒防止

当ブログは79歳、何かと病院通いが多くなりました。幸い里山歩きくらいはできるのでよく登っています。しかし家では大丈夫とばかりは行かぬようです。家で転んで骨折したという話はよく聞きます。

家というのは案外危険が潜んでいるように思います。カーペットなど敷物に躓き転倒、配線コードに足を取られ転倒、ふらつきによる転倒など家の中は外以上に気を付けねばならぬことが多いかもしれません。

転倒防止をするために自分なりに行って来たことを書いてみます。

・敷物はあまりしないようにしていますが、潤滑剤や剥がし剤を使って床が滑るようになってしまったときは、中性洗剤でしっかり拭くと滑らなくなります。

・コンセントを多くしました。家全体では20か所ほどコンセントを増やしました。配線コードは足に引っ掛かりやすいので危険です。しかし今は何もかもがリモコンで配線も少なく便利になりました。小容量の電気なら無線で送られるという時代も来るのでしょうか。そうなれば部屋からコード類が無くなります。

・手すりを多く付けました。特に風呂場とトイレです。風呂場はリフォームのとき2本付け、1本は自分で付けました。風呂場には3本あると安全です。また風呂場入り口には2本付けました。トイレにも3本付けました。

Dsc04261トイレの手すり3本

その他居間に2本、玄関に2本、和室に1本付けています。手すりはどこにでも付けるというわけには行かず、下地がしっかりしているところに付けなければなりません。風呂場の2本以外は全部自分で付けました。絶対安全が必要です。

・段差をなくすようにしました。これはリフォームのときなるべくそのようにしましたが、框のところは段差が大きかったので踏み段を自分で作りました。

転ぶことも在り得るということを前提に、家の中の生活には気を使い、直すところは直して行きたいと思います。

 

帯状疱疹

帯状疱疹はまだ続いています。3ケ月ほどになります。今は痛みの程度が違うのでほとんど気にならなくなりました。痛み止めの薬も飲んでいません。

帯状疱疹の痛みは発疹の出来た所に刺すような痛みが来るので分かります。ひどい時は大変な痛みでした。予防注射もあるので接種しておいた方がよいかもしれません。アメリカでは接種が義務になっているということです。

 

 

 

 

|

« わが家の自動ドア | トップページ | 屋内配線 »

日曜大工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わが家の自動ドア | トップページ | 屋内配線 »