« 太原調整池 | トップページ | 富幕山 »

2020年2月11日 (火)

手摺り設置

居間には手すりが2本付けてありますがもう1本付けました。なるべく安全なように、身体が楽に動かせるようにと思っています。

部屋は見栄えが悪くなり、壁にプスプス穴を開けることになりますが、やがては断捨離してしまう家、身の安全を図る方がよいと思っています。

今度付けたのは2mの手摺りで支持金具は3つ必要になります。たかが手摺りですが簡単ではありません。ちょうどよい高さのところに支持具を止める下地がなければなりません。

その場所を探すには写真のような道具を使います。この下地探しはプツプツと壁に射して探しますが、今ではセンサー付きの下地探し検知器があります。たまにしか使わないならこれでじゅうぶんです。

Dsc04372下地探し

支持具取り付けは3ケ所が水平になるようにし、支持具を壁に先に取り付けるか、手すり棒の方に先に取り付けるか、何回かやり直しをしながらやっと取り付けました。

 

大工道具も今では新しいものが出てきています。ほとんどが電動となり、手引きのノコギリ・カンナの時代は終わったようです。

当ブログは日曜大工が好きで、退職後 木工訓練校や住宅訓練校に通いました。木工はカンナ研ぎに始まりカンナ研ぎに終りました。今ではカンナは道具箱の中で錆び付いています。

|

« 太原調整池 | トップページ | 富幕山 »

日曜大工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太原調整池 | トップページ | 富幕山 »