« 百名山初期10山の思い出(過去山③) | トップページ | 遠州灘防潮堤(その9) »

2020年3月18日 (水)

三ヶ日瀬戸の渡し船

瀬戸の渡し船については一度書いていますが、画像を追加してもう一度書きます。

三ケ日の瀬戸には銀色の吊り橋と赤い橋が架かっています。銀色の橋は昭和30年に、赤い橋は昭和43年に出来ました。しかし銀色の吊り橋が出来る前は、櫓漕ぎの渡し船で人や自転車を運んでいました。

銀色の吊り橋

赤い橋

吊り橋ができたのは、当ブログが中学1年の時で、それまでは時々自転車で来ては渡し船に乗っていました。

0004瀬戸の渡し船(ネットで拝借しました)

00005渡しをしていた瀬戸の大崎側(東名IC側) (ネットで拝借しました)

渡し船のある風景は今ではほとんど見かけなくなりました。こんなのんびりした乗り物もよいものでした。

 

|

« 百名山初期10山の思い出(過去山③) | トップページ | 遠州灘防潮堤(その9) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百名山初期10山の思い出(過去山③) | トップページ | 遠州灘防潮堤(その9) »