« 三ヶ日瀬戸の渡し船 | トップページ | 老いを歌う短歌③ »

2020年3月20日 (金)

遠州灘防潮堤(その9)

遠州灘防潮堤のこの前 の続きを歩いてみました。

Ennshuunadabouchou4


この前は階段2から階段4まで歩きましたが、今日は階段3から階段6の先まで歩きました。階段3のところは国道1号下が地下道になっており、防潮堤に出ることができます。

Dsc04586地下道

防潮堤上に出て中田島方向に歩いて行きます。今日は春分の日ですが、気温は13度と寒く風も強く吹いています。

この前のとき工事をしていた駐車場も出来上がっていました。

Dsc04596駐車場

海も白い大きな波が打ち寄せています。

Dsc04622太平洋

40分ほど歩いたところで工事中の看板があり、立ち入り禁止となっていました。

Dsc04615立入禁止

ちょうどここまでが防潮堤はコンクリートでした。ここからは防潮堤の上に土が盛ってあります。防潮堤斜面には木が植えられて行きます。その作業をしているようでした。

Dsc04618植樹された斜面

ここは国道1号の坪井IC付近になります。

Dsc04611国道1号の道路標示

ここで引き返し、また今切口方向に歩きます。

Dsc04590今切口方向

歩き始めたところに戻ってきました。往復1時間30分ほどの歩きでした。

遠州灘防潮堤の造りもよく分かってきました。一度見学会にも参加しており、CGSプラント現場も見ています。中田島の砂丘の防潮堤も見ています。

今切側の造りはよく分かりました。今切口から歩きで1時間ほどの範囲はコンクリート防潮堤になっており、この間は柵がしっかり付いていて、階段も10分~20分歩く毎にあります。

その先は土砂で覆われた防潮堤のようで柵もありません。その先をまた歩いてみたいと思います。

3月22日にイベントが計画されていたようですが新型コロナウィルスで中止となりました。

 

 

 

 

 

|

« 三ヶ日瀬戸の渡し船 | トップページ | 老いを歌う短歌③ »

建設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三ヶ日瀬戸の渡し船 | トップページ | 老いを歌う短歌③ »