« 70歳代に登った山10山(過去山⑧) | トップページ | 石巻山のオドリコソウ »

2020年4月27日 (月)

老いを歌う短歌④

中日新聞の中日歌壇には老いを歌った短歌が出てきます。当ブログも今年は傘寿、それらの短歌にはどれも共感いたします。3・4月の新聞に載ったそれらの短歌を挙げてみます。

 

中日歌壇   このごろは歩数が増えた万歩計それは歩幅が減ったからなり

中日歌壇   母さんを施設のソファーに座らせて金属入れた細い足さする

中日歌壇   待ってなどないのに今年も駆け足で老いを土産に誕生日来る

中日歌壇   ヨウカイになっちゃったと友の言いずれ私も要介になる

中日歌壇   アルバムに四十代の亡母(はは)がいる背負いし孫は五十路(いそじ)になりて

中日歌壇   伸びなくて良い鼻毛などすぐに伸び貴重な髪は日々に散り行く

中日歌壇   窓ガラス雪かと思えば花吹雪 不思議なこの世にまだ命あり

中日歌壇   かぜのとの遠き日祖母に手を重ね挽き木回しし石臼の音

|

« 70歳代に登った山10山(過去山⑧) | トップページ | 石巻山のオドリコソウ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 70歳代に登った山10山(過去山⑧) | トップページ | 石巻山のオドリコソウ »