見学

2020年4月 9日 (木)

ガーデンパーク

浜松市村櫛の浜名湖ガーデンパークにネモヒィラを見に行ってきました。 ガーデンパークは2004年に開催された浜名湖花博の跡地で広大な面積の公園です。駐車場も十分ありしかも無料です。手もしっかり入れられています。

ネモヒィラはちょうど見ごろでした。しかしここまで咲かせるには大変だったと思います。シートを被せたり、草を取っているのをこれまでも見て来ています。

Dsc04744 ネモフィラ

Dsc04751ネモフィラ

Dsc04749ネモフィラ

さらに行くと20分ほどで「花の美術館」になります。モネの造った庭を模して「水の庭」があり、また「花の庭」には四季それぞれに多種多様な花が咲きます。

Dsc04752チューリップ

Dsc04753の庭に咲く花

Dsc04754の庭

桜の花は散り始め瞬く間に終わってしまいました。新型コロナは緊急事態宣言が7都道府県で出され感染者数は増加しています。今日のガーデンパークは思ったよりも人が多く来ていました。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

宇津山ミツバツツジ

湖西市入出(いりで)の宇津山にミツバツツジを見に行ってきました。宇津山はこの時期にはミツバツツジで彩られます。高さ54mの小さな山ですが、浜名湖の眺めが良い山です。

Shoutaiji

Dsc04562浜名湖

ミツバツツジは桜の咲く前頃の時季から咲き始めますが、まだあまり咲いていませんでした。今年は花の咲くのが早いので咲いているかと思いましたが、5・6本の木が咲いているだけでした。

Dsc04565ミツバツツジ

Dsc04564ミツバツツジ

Dsc04560ミツバツツジ

モクレンは花が終わりかけていました。

Dsc04559モクレン

池にはオタマジャクシがおり、鴬も鳴いていました。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

普門寺、赤岩寺、大和の大イチョウ 紅葉

近くの紅葉見物に行って来ました。

・普門寺  豊橋市雲谷(うのや)町

普門寺は紅葉の名所です。12月1日~8日までもみじ祭りが開かれています。まだ緑の木もありずれて紅葉になって行くのでこの期間楽しめます。

Dsc03988普門寺紅葉

Dsc03994普門寺紅葉

Dsc03989普門寺紅葉

 

・赤岩寺  豊橋市多米町

もみじの古木が水路沿いにあります。長い階段を登った先の砂防ダムにも紅葉が見られます。

Dsc03997赤岩寺紅葉

Dsc03999赤岩寺砂防ダムの紅葉

 

・大和の大イチョウ  豊川市豊津町大和

Dsc04032大和の大イチョウ

打ち出の小槌の形をした見事なイチョウです。この木にはいつ来ても感動します。このイチョウは1923年(大正12年)に大和尋常高等小学校の竣工記念として植えられました。今年で96年になります。

Dsc04034大和の大イチョウ

Dsc04035大和の大イチョウ  

 

 

| | コメント (0)

2019年8月28日 (水)

魔法の美術館

豊橋市美術博物館で「魔法の美術館」が9月8日まで開かれています。子供対象のようでしたが、中日新聞にも大きく2回載っていたのでどんな展示会か見に行って来ました。中日新聞主催です。

Dsc03581豊橋市美術博物館

案内のパンフレットには
「光と影、音や映像などが、ゲストの動きに合わせて魔法のように変化します。みて、ふれて、あそべる、不思議なイリュージョンの世界をお楽しみください」 とありました。

作品は全部で17ありました。デジカメの撮影は出来たので、その一部を紹介します。

Dsc03586「七色小道」 小道の上を歩くといろいろな光があふれだします

Dsc03588「TOATOPE] テーブルにかざした手の影から生き物が生まれ、自由に動き回ります 

Dsc03589「シャンデリア」 繊細で優美な作品です

Dsc03592「SPLASH DISPLAY」  ボールを的に当てると、色とりどりの光の粒が一気に高く舞い上がります

Dsc03595「色のある夢」 3色で自分の影が映り蝶が舞います

Dsc03598「IMMERSIVE SHADOW」 影と映像が対話する不思議な空間 壁に映った自分の影で水玉をはじけます

子どもたちには自分が参加し、いろいろ行えるのが楽しいようです。 このプロジェクターの一部は家庭にも普及しているようです。音と映像の世界はここまで来ているのだということを知りました。

 

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

東京見物

東京見物を昨日して来ました。

厳しい山に登るのは体力も気力も無くなって来ました。今は小さな里山をわずかに登っている程度です。山に行っている頃は、関東や秩父など東京周辺の山も車で行っていました。東京都心も通りましたがほとんど通過でした。新幹線に乗ることもこの10年以上ありませんでした。

そこで気のあるうちにと思って、新幹線で日帰りの東京見物に行って来ました。東京見物も行ったことがありますがもう30年ほど前です。

行程は多くのコースがあり、簡単に予約できる「はとバス」から選びました。一度行ってみたかった「東京スカイツリーと墨田川12橋めぐり」というコースにしました。コースには他に「浅草観音」が入っています。

新幹線で東京見物など平凡な旅ですが、東京は久しぶりなので新鮮でした。5月24日は暑く東京は30.2度という真夏日でした。トランプ大統領が25日来日するので、東京駅周辺は物々しく警戒されていました。

Dsc03185 東京スカイツリー

写真は動画にまとめましたので見て下さい。

| | コメント (0)

2019年2月27日 (水)

赤塚山公園梅林・おちば公園梅林

昨日、豊川市の赤塚山公園に梅の花を見に行って来ました。この数日は暖かく梅の花もちょうど見頃でした。

Dsc02513 赤塚山公園梅林

Dsc02512 梅林

公園内は毎年整備され遊歩道が各所に設けられていました。日和も良かったので梅を見ながらお昼の食事を楽しんでいる人も多くありました

Dsc02510

Dsc02511

Dsc02507 しだれ梅

Dsc02509

池には蛙の長い卵も生まれていました。早咲きの桜もあちこちで見られます。

一昨日は湖西市大知波の「おちば公園」の梅を見ましたがここもちょうど見頃でした。

Dsc02495 おちば公園「梅まつり」

Dsc02498 梅林

この梅林は収穫用で南高梅などが中心に植えられています。早春の花のときには花見用に毎年解放されます。

Dsc02497

Dsc02500

Dsc02503

これからはレンギョウ、モクレン、ミツバツツジなど咲き、そして野も山もどこを見ても桜、春爛漫ももうすぐです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

普門寺紅葉、ミカン

昨日豊橋市雲谷(うのや)の普門寺に紅葉を見に行って来ました。もみじ祭りは12/2に終わっています。しかし紅葉は今が一番見ごろと思われます。

Dsc02106 紅葉

まだ緑のもみじも多くありますが、紅と緑の取り合わせがきれいでした。

Dsc02108 紅葉

Dsc02112 紅葉

Dsc02109 紅葉

Dsc02111 紅葉

全部の木が紅葉ということではありませんでした。寺の右側の多くのもみじの木は縮れていました。これは台風24号の影響だと思います。例年は美しいもみじが見られるところです。

毎年見に来ていますが、紅葉は年によって違います。今年も木が倒れたり、枝が折れたり、葉が散ったりしたようです。寺は数年前の台風被害の復旧作業が今も続いています。

別の話になります。

ミカン切りはまだこれから続きます。11/30、12/1と行ってきましたが、このなかに変わった形のミカンがありました。

Dsc02097 珍しいミカン

Dsc02101 へた側

ミカン切りまだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

遠州灘防潮堤

浜松市舞阪町今切から天竜川河口まで17.5kmの防潮堤が造られています。海岸線に高さ13m、基部60mほどの巨大な堤防が日毎に延びております。

この間には日本3大砂丘の一つである中田島砂丘もあります。海岸線は砂浜が続いています。

この工事は13年に始まり、20年の完成を目指して工事が進んでいます。工事は静岡県と浜松市が行っており、土砂は天竜区の阿蔵山から運んでいるということです。3分の2ほど出来上がっているのでしょうか。

舞阪にある展望台からこの工事を見て来ました。

Dsc02937 展望台

Dsc02945 舞阪燈台、 左が国道1号、右が防潮堤

Dsc02943 防潮堤の上に太平洋

Dsc02949 今切方向、右は浜名大橋

Dsc02950 防潮堤の向こうに 舞阪突堤の灯台

白砂青松の景色が好きです。自然と調和を保ちながらの中で身の安全を考えることは、なかなかバランスが難しいことです。

工事大好き人間としてはよくぞここまで造ったとほとほと感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

平成30年 豊川海軍工廠展

「豊川市桜ヶ丘ミュージアム」で行われている「豊川海軍工廠(こうしょう)展」を見て来ました。毎年夏に行われています。展示会はこれで3年連続で見ています。

Dsc01484 案内板

今年は表彰状、絵画がメインで、その他工廠の歴史を紹介するパネルなど60点が出品されています。

Dsc01457_2表彰状

いろいろな分野の表彰状が多く出品されていました。表彰状が多く出されたのは 戦意の高揚を図るため ということがあったようです。

絵画も多く出品されていました。戦争経験者が高齢化し、戦争の体験を後の世代へつたえることが難しくなっている中で、視覚的に捉えることが出来る絵は貴重です。

Dsc01465台車やリヤカーで遺体をグランドに運んだ。

Dsc01467西門の橋が無くなっており、溝から這い上がって逃げた。

Dsc01469北門から赤塚山の方に逃げた。燃え上がる工廠に呆然と立ちすくむ。

Dsc01473高架の水タンクに爆弾が落ち、女子学生が押し流された。

Dsc01476寮に収容された負傷者は「水・水」と叫んでいた。

絵画以外の展示物もあります。

Dsc01459 500ポンド爆弾(250級キロ爆弾)30分ほどの間に3258発も落とされた。

Dsc01462爆弾の破片。持ってみるとずしりと重く、割れ口は刃物のように鋭い。

その他に10分ほどのビデオがあります。これは詳しく説明してあり、豊川海軍工廠開庁から空襲で壊滅するまでよく分かります。

今年は特に豊川海軍工廠平和公園が出来、広く知られるようになりました。かってこのような事があったことを伝えて行かねばと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

ハスの花

新城市中宇利にある慈廣寺にハスを見に行ってきました。ハスは50種類以上、130鉢ほど植えられています。

Dsc01435 慈廣寺

Dsc01438 ハスの花

本堂前の庭は鉢でいっぱいです。色は紅、白、黄色などあります。平成10年から鉢植えをしているということです。1鉢1鉢ですから大変なことと思われます。

Dsc01444 本堂前

Dsc01437 紅いハス

Dsc01443 白いハス

ハスは日により花が移り変わっています。初日 壺咲き、2日目 椀咲き、3日目 全開、4日目には散り果てます。ハスは花により、咲く時期がずれています。まだ蕾もあります。

Dsc01442 蕾と実

近くにケヤキの2本が合体して1本の木のように見える、縁結びの木があります。

Dsc01445 縁結びの木

今日はたいへん暑い日で岐阜県揖斐川町では39.3度あったようです。豊橋は
33度でした。

追記

中日新聞翌17日の文化面“今週のことば”に蓮の花の歌が載っていました。

にごりにもしまぬ蓮(はちす)の花みればわれも心ぞ清くなりゆく       

藤原教長(のりなが)

蓮は泥水に育つが、泥の濁りに染まらない清らかな花を咲かせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)