日曜大工

2020年2月11日 (火)

手摺り設置

居間には手すりが2本付けてありますがもう1本付けました。なるべく安全なように、身体が楽に動かせるようにと思っています。

部屋は見栄えが悪くなり、壁にプスプス穴を開けることになりますが、やがては断捨離してしまう家、身の安全を図る方がよいと思っています。

今度付けたのは2mの手摺りで支持金具は3つ必要になります。たかが手摺りですが簡単ではありません。ちょうどよい高さのところに支持具を止める下地がなければなりません。

その場所を探すには写真のような道具を使います。この下地探しはプツプツと壁に射して探しますが、今ではセンサー付きの下地探し検知器があります。たまにしか使わないならこれでじゅうぶんです。

Dsc04372下地探し

支持具取り付けは3ケ所が水平になるようにし、支持具を壁に先に取り付けるか、手すり棒の方に先に取り付けるか、何回かやり直しをしながらやっと取り付けました。

 

大工道具も今では新しいものが出てきています。ほとんどが電動となり、手引きのノコギリ・カンナの時代は終わったようです。

当ブログは日曜大工が好きで、退職後 木工訓練校や住宅訓練校に通いました。木工はカンナ研ぎに始まりカンナ研ぎに終りました。今ではカンナは道具箱の中で錆び付いています。

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

屋内配線

当ブログは第2種電気工事士免許を退職後に取得し、家の中の電気工事は自分で行って来ました。コンセント、スイッチ、アンテナ、ドアホン、ランケーブル、エアコン、電話端子、電灯など設置しました。

これらのことを行うには床下や天井裏に20回ほど入りました。大変でしたが半ばは趣味です。しかし設置した器具も今では使わなくなっているものもあります。設置してから15年ほど経ち、それに代わるものが出てきたからです。使わなくなっているものは

ランケーブル

これはモデムとパソコンを結ぶ線です。配線したころは各部屋で使えるようにと思って、2階2ケ所と1階2か所へ有線のラン端子を付けました。2階は床下から壁の中、天井裏を通し各部屋に出しました。1階は床下から壁を通し部屋に出しました。

やがて光ファイバーが使えるようになり無線のWi-Fiとしました。その後スマホやタブレットもこのWi-Fiを使用するようになりました。光ファイバーの線に変えたときはまた床下に潜りましたが、苦労して通したランケーブルは使わなくなりました。

三路スイッチ

三路スイッチとは階段の下で電燈を点けたとき上で消すようなスイッチを言います。これを玄関に着けました。玄関に入ったとき点灯し、框を上がったとき消すようにしました。

しかしその後、人感センサー付きLED電球が現れました。人を感知して点灯し、しばらくして消えます。これはスイッチを押さなくてもよいので便利です。玄関先の三路スイッチも床下に潜り苦労して付けましたがいらなくなりました。

 

今ではWi-Fiを使うタブレットやスマホが当たり前となってきました。スマート家電に繋げれば、テレビから洗濯機、冷蔵庫、エアコンまでスマホやタブレットで操作できる時代となりました。

たまに外食すると回転ずし以外でもタブレットで注文となっている店が多くなっているのにビックリです。当ブログはスマホもタブレットも使うことが少なく、スマート家電も家に居ればあまり必要を感じません。しかし時代に乗り遅れないようにしたいと思います。

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

家での転倒防止

当ブログは79歳、何かと病院通いが多くなりました。幸い里山歩きくらいはできるのでよく登っています。しかし家では大丈夫とばかりは行かぬようです。家で転んで骨折したという話はよく聞きます。

家というのは案外危険が潜んでいるように思います。カーペットなど敷物に躓き転倒、配線コードに足を取られ転倒、ふらつきによる転倒など家の中は外以上に気を付けねばならぬことが多いかもしれません。

転倒防止をするために自分なりに行って来たことを書いてみます。

・敷物はあまりしないようにしていますが、潤滑剤や剥がし剤を使って床が滑るようになってしまったときは、中性洗剤でしっかり拭くと滑らなくなります。

・コンセントを多くしました。家全体では20か所ほどコンセントを増やしました。配線コードは足に引っ掛かりやすいので危険です。しかし今は何もかもがリモコンで配線も少なく便利になりました。小容量の電気なら無線で送られるという時代も来るのでしょうか。そうなれば部屋からコード類が無くなります。

・手すりを多く付けました。特に風呂場とトイレです。風呂場はリフォームのとき2本付け、1本は自分で付けました。風呂場には3本あると安全です。また風呂場入り口には2本付けました。トイレにも3本付けました。

Dsc04261トイレの手すり3本

その他居間に2本、玄関に2本、和室に1本付けています。手すりはどこにでも付けるというわけには行かず、下地がしっかりしているところに付けなければなりません。風呂場の2本以外は全部自分で付けました。絶対安全が必要です。

・段差をなくすようにしました。これはリフォームのときなるべくそのようにしましたが、框のところは段差が大きかったので踏み段を自分で作りました。

転ぶことも在り得るということを前提に、家の中の生活には気を使い、直すところは直して行きたいと思います。

 

帯状疱疹

帯状疱疹はまだ続いています。3ケ月ほどになります。今は痛みの程度が違うのでほとんど気にならなくなりました。痛み止めの薬も飲んでいません。

帯状疱疹の痛みは発疹の出来た所に刺すような痛みが来るので分かります。ひどい時は大変な痛みでした。予防注射もあるので接種しておいた方がよいかもしれません。アメリカでは接種が義務になっているということです。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

わが家の自動ドア

家の中のドアを3ケ所自動ドアにしました。引き戸が2ケ所、開き戸が1ケ所です。自動ドアと言っても開けるときは手で開けます。どのドアも重りで閉まるようにしただけです。

引き戸はドアを糸で引っ張るだけなので簡単に自動ドアになります。引っ張る糸は釣り糸です。丈夫な釣り糸が保存してあったのでこれを使いました。前からこの糸は何かに利用できないかと思っていました。

Dsc04254釣り糸

糸の一端は戸に付けます。ぴったり閉まるようにするには戸の上部奥に付けるのが良いと思います。

Dsc04252戸への糸の取り付け

これを重りで引っ張るだけです。重りの重さは加減します。重りは戸により釣りの重りであったり、メガネレンチであったりいろいろです。

Dsc04256重り

Dsc04253メガネレンチの重り

重りは壁と摩擦が無いようにし、また見えないようにします。糸は長く引っ張ってもよいので金具で方向を変え、戸棚や冷蔵庫の隙間に入れ重りが見えないようにしました。戸を開け放して置くときは戸の背にマジックテープを張り動かないようにしました。

 

次に開き戸の自動ドアです。これはどのように自動にしようか考えました。これも重りで閉まるようにしました。開き戸の隣が戸棚になっていたのでそこに重りを隠すようにしました。先ず開き戸の上に糸を付けます。

Dsc04249ドアに糸を付ける

糸は金具で方向を変えます。この角度も試行錯誤で方向を決めました。

Dsc04248ガイドの金具と糸

Dsc04250糸は戸棚の中へ

この重りはスパナを使いましたが、すきまを通して戸棚の中に納めました。

Dsc04247この重りは戸棚の中に入れます

重りの重さは閉まるとき、静かになるように調整します。開け放して置くときはそのような装置が付けてあります。引き戸も開き戸もどちらもうまくできました。

こうしておけば締め忘れてもいつも閉まり、特に冬場は争いごとも無く平和です。しかしこんなことをするのは自分の趣味で、さて次は何をしようかと考えています。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

日除けカーテン設置

手慰みで日除けのカーテンを設置してみました。陽が低くなってくると部屋の奥に差し込みます。この陽がまぶしくてなりません。カーテンを閉めればよいのですが暗くなってしまいます。レースのカーテンだけではまぶしすぎます。

日除けのカーテンの設置は保存していた古物の利用です。カーテンは幅1.8m、長さは1mをそのまま使いました。

Dsc03890設置後の日除けカーテン

カーテンレールも2本保存してあったのでそれを活用しました。カーテンレールを天井下につけカーテンを付けました。日除けのカーテンを閉めるとき、元のカーテンに引っかかってそれが動いてしまうので、もう1本のカーテンレールをその下に壁から7cmほど離して付けました。

Dsc03889下のカーテンレールは壁から浮かせて付けた

付け方はこれも余っていたカーテン部品を利用して下の写真のように付けました。

Dsc03907取り付け

まだ少しは引っ掛かりますがよくなりました。とにかく保存してあった材料のみで設置したので見栄えは良くありません。

もう一つは陽が射してきたとき、わざわざ立って閉めに行くのが煩わしく、座っているところから開閉できるようにしました。カーテン上部に結んだ釣り糸を天井隅に這わせ、日除けカーテンを引っ張るようにしました。

Dsc03900這わせた釣り糸

この糸に重りを付けます。

Dsc03904糸につけた重り

これでわざわざ立たなくても動かせるようになりました。経費は0円でした。

スマホで動かせるカーテン開閉器も販売されています。これを着けるとカーテンは手で動かせなくなるようです。

当ブログはアナログばかりです。家には他にも3ケ所このようにしてあります。1ケ所は釣りの重りで戸が閉まるようにした自動ドアです。

Dsc03899釣りの重りを使った自動ドアの重り

このようなことをするのは趣味なのでカミさんは無関心であり、迷惑かもしれません。

 

| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

潤滑剤

住まいの引き戸、蝶番、取っ手、また自転車、扇風機など潤滑剤を指すと動きが驚くほど違ってきます。

住まいはそのままになりがちです。それが当たり前となって、戸など重いまま長年使うということになります。戸車でも敷居でも頻繁に潤滑剤を指すと動きがかなり違ってきます。

以前は機械油でしたが、今ではシリコンスプレーが多く使われています。当ブログも動きのあるようなところにはシリコンスプレーを吹き付けています。その中で特によかったのがカーテンレールです。あまり期待していなかったので軽くなったのにびっくりです。

障子やからかみの敷居もかなり効果があります。ファスナーも動きがよくなりました。

ホームセンターでシリコンスプレーを見ていると引き出しに良いというのがありました。シリコンスプレー潤滑剤は狭い所でもノズルで噴射でき奥まで入ります。身体に害があるということも特にはありません。つや出し効果もあり、防水性もあります。

この引き出し用のスプレーを家のあらゆる引き出しに噴射しました。どの引き出しも軽くなりました。しかし意外なことに出合いました。それは家中のフローリングの床がつるつるになってしまったということです。このような事はスプレー缶には書いてありませんでした。

その拡散力に驚きました。スプレーした近くでない床も滑りやすくなっていました。このまま続いたら危険です。このつるつるを取るにはどうしたらよいかパソコンで調べました。灯油がよいというのもありましたが洗剤でよいということです。

家には使わないような洗剤など多く溜まっています。いろいろな洗剤を試しました。効果のない洗剤もありましたが見つけました。この洗剤はアミノ酸系洗浄成分主配合という住宅用クリーナーでした。

Dsc03458 使用した洗剤

日曜大工は失敗ばかりですが、パソコンで調べると解決法が見つかります。引き出しは前の半分くらいの力で引き出せるようになりました。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

洗濯機防水パンの脱着

わが家の洗濯機がガーガーと大きな音を立てるようになりました。もう15年ほど使っています。直せるものなら直して使いたいですが、モーター部分が悪いようで買い替えることにしました。

洗濯機は防水パンに載せてあります。防水パンは洗濯機を置くとそのままになりがちですが排水部分は大変汚れます。防水パンは簡単に取り外すことが出来ます。そのまま引っ張り上げるだけです。

Dsc03401 防水パン

排水ホースがついていますがそのまま引っ張れば外せます。分解し掃除をしました。部品が外れないときは潤滑スプレーをかけると外れやすくなります。

Dsc03420 防水パンの部品

さて、外すときはよいのですが、排水口にホースをはめるときです。わが家の排水口は床の穴の真下でなく、少し横で下の方にあります。  

Dsc03413 床下の排水口

 排水口に排水ホースをはめるのに困りました。床に開けてある洗濯機のホースの出し口は広くありません。

Dsc03414 防水パンのホースの出し口

Dsc03403 防水パンのホース

ホースが 排水口から外れた状態であると床下が水浸しになります。何か良い方法があるのでしょうか。仕方なくまた床下に潜ることになりました。床下に潜りホースを排水口に差し込み ビニールテープを巻いて外れないようにしました。

床下にはこれまでいろいろなことで20回くらい潜っていますが、大変なので入りたくありません。最近建てる家は排水口が床のすぐ近くまで来ていて、ホースを差し込むだけです。これなら床下に潜ることはありません。また防水パンが無い家が多いようです。それでは防水パンが無い方がよいかと言えば そうばかりとも言えません。我が家では防水パンで助かりました。

洗濯機への水の入れ方は水道の蛇口からホースで繋ぎますが今までの給水栓は次の写真の様でした。

Dsc03415 今までの給水栓

しかしこの接続の仕方は洗濯機使用中や、水道栓を閉め忘れると水が漏れることがあるようです。我が家もそのようになってしまいました。当ブログは洗濯をしないので気が付きませんでしたが2年近く水が漏れていました。

防水パンを外してみると床が黒ずんでいて、壁紙もはがれていました。洗濯機の下や後ろなので全く気が付きませんでした。

Dsc03417壁紙ははがれ、床は黒ずんでいた

水は防水パンの縁あたりに落ち、半分くらいが床に、半分くらいが防水パンに落ちたようです。ゆっくり1滴1滴落ちたようです。すべて床に落ちていたらもっとひどい状態になっていたと思います。我が家では防水パンがあり半分助かりました。

新しい洗濯機では下の写真のような給水栓でした。前の給水栓はわが家の蛇口(先端が動く、上の写真)には使えないということです。やはり水が漏れることが多いのでしょうか。

Dsc03421 新しい給水栓

新しい給水栓にはストッパーが付いています。通水中にホースが抜けても自動的に給水をストップします。しかし洗濯機使用後は水道栓を閉めた方がよいようです。

| | コメント (0)

2018年12月21日 (金)

風呂内窓設置、ミカン切り

当ブログの家の風呂の窓はアルミサッシのガラス窓となっています。この窓から寒気が入り込みます。壁は断熱材が入れてあるためよいのですが、アルミサッシは断熱性が低く冬は冷えます。
そこでこの窓を二重にすることにしました。内側にもう一つ二重ガラスの戸を付けました。このガラス戸は注文しましたが、取り付けは自分で行いました。
材料は断熱性のあるプラスチックです。回りに枠を貼って行きます。ドリルで穴を開け、ねじを締めてゆきます。

Dsc02133 枠の取り付け

Dsc02136 作業工具

寸法通りに出来ているので止めて行くだけです。ただ取り付けの順序を間違えないように気を付けます。順序が違うとうまくはまりません。

枠を全部取り付け、窓をはめ込みます。しっかりとはまりました。

Dsc02138 設置した二重ガラス戸

戸の傾きを調整するねじがあるので枠にぴったりはまるようにします。これで出来あがりです。取り付けは簡単なので自分で行うのが良いようです。

今日もミカン切りに行って来ました。周りのミカン畑もミカンのだいだい色が消え、葉っぱの緑色が多くなってきています。

Dsc02141 ミカン畑

またモノレールで運搬する畑です。モノレールは運転する人以外は人を乗せることは出来ません。今ではモノレールのエンジンは4サイクルでなければならないということです。このモノレールは2サイクルでした。

これは環境設定が厳しくなったからで、2サイクルの方が小型で力も強いということです。急坂もこなす力強い存在です。

ミカンは温州ミカンの青島ミカンです。「三ケ日みかん」はほとんど青島ミカンです。一部は地元でセリに掛けられますが、大部分は東京の大田市場に出されるようです。

Dsc02144青島ミカン

Dsc02143青島ミカン

出荷先では選果機で1粒1粒 外観、大きさ、糖度、など調べられます。なかなか厳しく不良品は出さないようにしているということです。一度落としたミカンは捨ててしまいます。

青島ミカンの出荷は12月13日から始まったそうです。1日の出荷は900トンもあるそうです。トラックにすると1日40台以上のようです。

青島ミカンは今は一番味がのって来ています。「三ケ日みかん」はブランド物で甘くて程よい酸味があり、全国的にも存在感のあるミカンです。

ミカン切りはまだ続きます。あちらの畑、こちらの畑、畑が広いのにはびっくりします。次は12月24日に行うと言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

ガーデンパーク、台所換気扇

浜松市村櫛町のガーデンパークにコスモスを見に行って来ました。まだ少し早いようで蕾が多くあります。

Dsc01956 コスモス

Dsc01955 コスモス

雪を被った富士山も見えました。

Dsc01951 富士山

パーク内を歩くと1時間位で丁度良いちょうどよい距離です。

・台所の換気扇の掃除をしました。ここ数年間掃除はしたこともないので油が付着しています。養生(汚れ防止の施し)をし、ゴム手袋をはめます。
・換気扇のねじを外します。回す方向はねじに書いてありますが、字も読めないほど油が付着していました。このねじは左廻しで外れました。
・換気扇の羽を外そうと思いますが、道具を使っても外れません。油が軸に付着して固まってしまっているようです。

Dsc01903 換気扇

ここはドライヤーの熱風で軸を温めました。2分ほど温めると換気扇の羽は引き抜けました。思いのほか簡単に外れました。

Dsc01907 外した油まみれの換気扇

換気扇を囲う枠も取り外しました。スイッチの鎖も油でべたべたでしたので取り替えました。

Dsc01939 外した換気扇の枠

ほんとうは3ケ月に1回ほど掃除をした方が良いようです。換気扇は掃除しやすいようになっており、簡単に脱着できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

風呂の混合栓

風呂の混合水栓の水漏れがあり修理をしました。水漏れは80%はパッキングの傷みと思われます。パッキングも栓によって違うので注意が必要です。大きさも違いがあります。

Dsc01900_2 コマパッキング(左)、パッキング

水漏れ箇所のキャップナットを緩めるとパッキングが出てきます。パッキングを変えてみると漏れも止まりました。

わが家の風呂の混合栓は写真のように古いタイプです。ついでにいろいろ点検をしてみました。

Dsc01899 風呂の混合栓

ハンドルを締めるときキイキイと音が出ていたので、中のねじの所(スピンドル)にグリスを塗ってみました。音は止みました。これは新発見でした。

水道栓と混合栓の違うところは混合栓にはカートリッジがあります。カートリッジ水と湯の混合水を出す部品です。カートリッジが壊れたときは取り換えることになります。

他に逆止弁があります。混合栓では湯や水の入口・出口ごとに付いています。写真では前面下のねじのように見えるのが逆止弁です。合計4個ついています。

逆止弁は逆流を防ぐ役割をします。たとえば風船を膨らませるとき、吹くときは空気が入りますが抜けません。これは弁があり、空気が逆流しないようになっています。

混合栓で例を挙げてみます。下図では水、温水を出し、混合栓を止めたとき、逆止弁が無いと、水の方が圧力が強いので温水側に水の圧力が掛ってしまいます。

Sisuiben_2

混合栓の仕組みがよく分かりました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧