囲碁

2020年3月 6日 (金)

囲碁棋士 井山略歴

囲碁の棋聖戦第6局が昨日今日(3月5・6日)と行われました。井山祐太棋聖に河野臨9段が挑戦しています。これまで井山が3勝2敗で来ています。早く4勝した方が勝ちです。

果たして今日の結果は・・・。井山が勝ちました。これで井山は棋聖戦8連覇です。棋聖戦8連覇は過去に小林光一名誉棋聖が成し遂げていますが、棋聖戦最高の連覇記録です。

井山は2016年に囲碁史上初めての7冠制覇、2017年にも2回目の7冠を制覇しています。2回目の7冠制覇というのはどういうことかというと、井山は初めての7冠から1冠のタイトルを失いました。

また7冠を制覇するには6冠を防衛し、失った1冠をまた1から出直し挑戦者にならなければなりません。これを井山はやり遂げたのです。失った1冠の挑戦者になり勝ちました。これで2回目の7冠を制覇しました。

気の遠くなるようなことを2回も行いました。井山以外に7冠制覇した棋士はこれまでいません。これを2回もやり遂げました。プロの棋士というのは桁外れの強さで、その中で勝ち抜いて行くとは驚きであり信じられません。

井山は1989年生まれの30歳です。井山がどのようにして力を付けてきたのでしょうか。井山は5歳のとき父親が買って来たテレビゲームの囲碁ソフトに興味を持ち、半年もすると父親を破るほどの腕前になりました。

「井山写真」の画像検索結果  井山裕太

小学校1年の時に囲碁のテレビ番組に出演し、石井邦夫9段に見出され小学生の全国囲碁大会で2連覇しました。その後プロの養成機関の院生になり力を付けて行きました。

棋聖戦は2日間に亘って打たれます。この間で1つのミスをすれば勝てません。1手打つのにときには2時間近くも考えるときもあり、緊張を保ち続けることに驚きです。ネットで見ていても何が何だか分かりません。雲の上のことですから分かるはずがありません。

囲碁が好きなので何時も楽しみにしています。棋聖戦は今年になって最初の棋戦です。タイトル戦は1年間、合い間なく続いて行きます。井山は先ず1冠は守りました。さあこれからどうなって行くか、また7冠同時制覇もあります。

井山はNHK杯テレビ囲碁トーナメントの準決勝にも勝ち上がっています。日曜日12時半からNHKEテレで放映されています。これは7大タイトル戦には入っていません。

 

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

我がヘボ囲碁

囲碁の棋聖戦第4局が昨日今日(14・15日)と行われました。井山祐太棋聖に河野臨9段が挑戦しています。これまで井山が3勝0敗で来ていましたが、河野臨9段が勝ちました。早く4勝した方が勝ちです。

当ブログのヘボ碁の話を書きます。囲碁を覚えたのは大学1年の頃でした。大学の部や寮で覚えました。その頃は碁盤はベニヤ板で造り簡単に行えるので碁が盛んでした。たいして考えもせず調子で打っていたので上達もしませんでした。

その後就職してからも職場で碁を打っていましたが、50代頃はほとんど打っていません。棋力は一応・段というところかと思いますが、あるところで止まりそれからは上達しません。しかし囲碁が好きなことに変わりはありません。

ほぼ毎日ネットで9路盤囲碁をしています。囲碁は正式には19盤ですが、これは時間が掛かってしまいます。9盤では持ち時間が3分ですのですぐに決着がつきます。

現在、7828勝7881負675分 勝率0.498です。このネット囲碁は長い間行っていれば勝率5割に決まっています。勝てば強い相手と打ち、負ければ弱い相手と打つからです。

今は暇がありすぎますから、すぐにネット囲碁をします。退屈しのぎにはうってつけです。碁を覚えておいてよかったと思います。もう60年ほどになりますが飽きません。

囲碁は歴史が古く源氏物語や枕草子にも登場するほどです。信長、秀吉、家康もかなりの打ち手であったと言います。ルールはいたって簡単2・3の約束事を覚えればよいだけです。

有名棋士や有名人の打った碁盤に関心があります。わが家には碁盤がありますが、ここ10年位使ったことがありません。

Dsc04416わが家の碁盤と碁桶

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

囲碁棋聖戦第1局

囲碁界の最高棋戦、棋聖戦が行われています。今年になって初めての棋戦です。井山祐太棋聖に河野臨9段が挑戦する7番勝負の初戦です。2日間に亘って行われた第1戦は先ほど19時20分決着し井山が勝ちました。

棋聖戦は7戦まであり、早く4勝した方が勝ちです。7戦まで行けば3月13日に決まります。当ブログは井山を応援しています。井山は7大タイトルの棋聖、本因坊、天元の3冠を保持しています。
今日もネットで見ていましたが何が何だか分かりません。1つミスをすれば敗着となります。それを2日間に亘って行うのですから大変な緊張が続くと思います。1手打つのに1時間以上考えるときもあります。
雲の上のことですがただただ感心するのみです。

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

井山  天元戦5連覇

囲碁天元戦の最終局が今日行われました。そのネットニュース速報です。

囲碁の第45期天元戦5番勝負の第5局が18日、徳島市の徳島グランヴィリオホテルで打たれ、井山裕太天元(30)が、挑戦者の許家元八段(21)に勝ち、3勝2敗で防衛、5連覇を達成した。これで「名誉天元」の資格を得た。

囲碁には棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖、十段の7大タイトルがあり、井山は棋聖、本因坊、天元の3冠を保持しています。今日は天元戦5局目で最終戦でしたが、3大タイトルを堅持しました。

当ブログは井山ファンであり、ネットで中継を1日見ておりましたが、難しくて何が何だか分かりません。天元はこれで5連覇ということですが、井山は他に棋聖7連覇中、本因坊8連覇中、碁聖6連覇で、7大タイトルのうち4タイトルに名誉称号を得たことになります。

歴代の棋士の中にも4タイトルで名誉称号を得た棋士はいません。王座を先日芝野虎丸に奪われたので今日は ぜひ勝ってほしいと思っていました。井山ファンとしてはホッとしました。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

囲碁・井山が三冠に後退 芝野が王座奪取

囲碁大座戦のニュースです。(日経新聞電子版より)

「29日朝から愛知県蒲郡市の銀波荘で打たれていた第67期囲碁王座戦(日本経済新聞社主催)五番勝負第4局は午後6時51分、挑戦者の芝野虎丸名人(20)が282手で井山裕太王座(30、棋聖・本因坊・天元)に白番半目勝ちし、対戦成績3勝1敗で王座のタイトルを奪取した。2018年8月まで七大タイトルを独占していた井山前王座は、12年以来7年ぶりの三冠に後退した。

芝野名人は1999年、神奈川県生まれ。洪清泉四段が主宰する道場で学び、今年10月に史上最年少で名人のタイトルを獲得したばかりだった。」 

当ブログは井山ファンであり、これまでも井山についてはブログに度々書いて来ました。この大座戦も注目していましたが残念です。しかし芝野虎丸はすごい棋士です。このような棋士が現れると囲碁はますます面白くなります。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

囲碁 芝野虎丸

囲碁にすごい若者がいます。芝野虎丸(しばのとらまる)です。当ブログは井山祐太を応援しており、ブログには度々書いて来ました。

囲碁には棋聖(きせい)、名人、本因坊、王座、天元、碁聖(ごせい)、十段の7大タイトルがあり、井山は棋聖、本因坊、王座、天元の4冠を保持しています。名人位は昨年張栩(ちょうう)に奪われましたが、その名人位を今年は芝野虎丸が張栩から奪いました。

芝野虎丸の19歳で、名人位は10代では初めてのことです。芝野は今度は王座戦で井山の挑戦者となり、その5番勝負第1局が昨日行われました。結果は芝野の半目勝ちでした。

野はいろいろな最年少記録を持っており、また世界囲碁界トップクラスの中国の柯潔(かけつ)を破ったこともあります。

王座戦をネットで1日見ていましたが、何が何だか分かりません。最後は、半目勝負とは想像を絶します。

当ブログは時間があるとネットの9路盤で対戦しています。持ち時間3分なのですぐ勝負がつきます。すぐに相手の石を取りに行っては負けています。こんなふうですから勝てるわけもなく上達もしませんが、暇なときはネット囲碁をして楽しんでいます。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

井山囲碁本因坊防衛

当ブログはヘボ碁もいいところですが囲碁が趣味です。棋士は井山祐太を応援しています。昨日今日と6戦目の本因坊戦が行われました。本因坊戦は2日間にわたって行われます。

これまでは井山の3勝2敗です。相手は強敵の河野臨9段です。早くに4勝した方が勝ちなので、今日井山が勝てば本因坊を防衛し、負ければ次戦に持ち込まれます。

果たして結果は? 井山祐太が河野臨九段を下して本因坊8連覇を果たしました。見事なものです。タイトル1つ取るだけでも至難なことなのに驚きです。

ネットでライブ中継されているのでどの棋戦も見て来ましたが、この本因坊戦は河野が始めに2勝しひやひやして見て来ました。第3戦目は井山が半目勝ちし、4・5・6戦目も勝って今日の結果となりました。

井山はこれで7タイトル(棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖、十段)のうち、4冠を保持しました。井山はこれまで7冠王に2回もなっていて想像を絶するすごいことですが、4冠を保持するということも至難なことです。

7大タイトルのうち、棋聖・名人・本因坊は2日間にわたって行われる3大タイトルで、井山は棋聖、本因坊を保持しています。他の7大タイトルでは王座・天元を保持しています。しかもこの4タイトルは棋聖7連覇、本因坊8連覇、王座4連覇、天元4連覇の最中です。

7大タイトルではない棋戦もNHK杯など多くあります。これらどの棋戦にも井山はすべてタイトルをとったことがあります。NHK杯は日曜の正午から放送されるのでほとんどの棋戦を見ています。 

プロの棋士の強さは桁外れの強さです。その中でタイトルを取ったり、連覇することは至難なことですが、井山はこれを続けているのですから驚嘆の限りです。井山からは楽しみをもらっており、応援し続けて行きたいと思います。

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

囲碁棋聖戦、比丘尼城址

囲碁の第43期棋聖戦七番勝負の第7局が14、15の両日、新潟県南魚沼市で行われ、井山裕太棋聖が挑戦者の山下敬吾九段に白番6目半勝ちし、対戦成績4勝3敗で7連覇を果たした。十段・本因坊・王座・天元とあわせ5冠を堅持した。(読売新聞社ニュースより)

棋聖戦は囲碁界最高の棋戦であり、今年最初の棋戦です。井山は3勝1敗から3勝3敗となり、今日が最終戦でした。先ほど夜9時に決着でした。ネットで冷や冷やして観ていました。当ブログは井山ファンです。


別の話になります。

新城市中宇利の比丘尼(びくに)城址に花を見に行って来ました。桜の園として整備が続けられている山です。桜は河津桜が終わり頃で、他の桜はあまり咲いていません。

Dsc02580 東屋から吉祥山・本宮山

花はハルリンドウ、ショウジョウバカマが見られる程度でした。

Dsc02579 ハルリンドウ

比丘尼城址から砂礫地の方に出て一周して来ました。

Dsc02582 比丘尼城址

今日は誰も居ませんでしたが桜の咲くころは賑わいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

神石山、囲碁天元戦

このところミカン切りで山に行けませんでしたが、昨日神石山に行って来ました。神石山は登山口が東西南北それぞれありますが、南側の湖西市梅田から登りました。

Toyohasiumeda4

登山口は貯水池があり、3回目の工事をしていましたがまだ続いていました。もう1ケ月になります。

Dsc02122 貯水池の工事

Dsc02123 登山口

この登山道は緩やかなので、高齢者には登り易く、多くの人が来ていました。ラクダ岩の上の鉄塔辺りまで来ると浜名湖がよく見えます。

途中では大きな木が倒れていました。まだ葉が青かったので台風24号で倒れたと思われます。山や海に行くとその被害の大きさに驚きます。知らないところで多くの被害が出ているようです。

Dsc02124 鉄塔付近からの浜名湖

この辺りからやや急となりますが、一登りで神石山頂上です。1時間5分でした。ご褒美がありました。曇っていたので期待しませんでしたが富士山が見えました。

Dsc02129 神石山頂上

Dsc02125 神石山からの富士山

Dsc02127 神石山から浜名湖

里山歩きは冬に向いています。枯葉の積もる日溜りは気持ちよく歩けます。木の葉が落ちて景色が見通せます。これからは富士山も多く見えることと思います。

別の話になります。囲碁天元戦の第5局が本日行われました。これまで2勝2敗できていたのでこれが最終決着戦です。

囲碁で五冠を持つ井山裕太王座(29、棋聖・本因坊・天元・十段)の七大タイトル獲得数が通算43期となり、趙治勲名誉名人(62)の42期を上回って歴代最多となった。19日、徳島市で打たれた第44期天元戦五番勝負の第5局で挑戦者の山下敬吾九段(40)を破り、対戦成績3勝2敗で天元のタイトルを防衛。4年連続7期目の天元獲得となった。(日経新聞ニュースより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

ミカン切り、囲碁王座戦、台風被害

今日、13日目のミカン切りに行って来ました。ミカン切りは毎日行っているわけではありません。
Dsc02118 今日のミカン畑

切り始めてから1ケ月半になりますが、周りのミカン畑も収穫され、ミカンが残っている畑も少なくなってきました。

ミカンは摘果が大事ということです。規格に合わないミカンは切り落とされています。何ら収穫するミカンと変わりがありません。

Dsc02121 摘果されたミカン

朝8時から夕刻4時15分までですが、しゃがんだり、背を伸ばしたりで、腰が痛くなったり足が痛くなったります。特に午後からは3時間以上連続なので疲れます。

切っているときは無心な気持になれます。何でもそうだと思いますが、収穫することはうれしいことです。ふくよかなミカンを手にすると豊かな気持になります。

別の話になります。将棋は藤井7段が100勝し、素晴らしい記録を打ち立てました。囲碁も井山5冠が王座を防衛しました。

囲碁の第66期王座戦五番勝負(日経新聞社主催)、井山裕太王座(29)と挑戦者・一力遼八段(21)の第5局が13日、甲府市で行われ、井山王座が勝って、シリーズ3勝2敗で4連覇を達成。棋聖、本因坊、天元、十段と合わせて五冠を堅持した。

4年連続6期目の王座獲得。井山王座の七大タイトル獲得は通算42期となり、趙治勲名誉名人(62)の歴代最多記録に並んだ。29歳での七大タイトル42期は50歳で達成した趙名誉名人に比べると大幅に早い。日経新聞ニュースより)

これは驚異的記録です。2勝2敗の後ハラハラして見ていましたが今度は勝ちました。井山からはたくさんの楽しみをもらっています。

また昨日は良い天気だったので富士山が見えるかと思い、浜名湖サイクリングロードを歩いて来ました。

しかし富士山の方向は雲があり見えません。台風24号でこの道の一部が壊れたことを以前に書きましたが、まだ復旧されていませんでした。

Dsc02980 破損個所

風は冷たいですが、空気が澄み周りの景色ははっきり見えています。

Dsc02981 舘山寺方向

また瀬戸の遊覧船は台風被害で運休していることは前にも書きましたが、乗り場の浮き桟橋が無くなっていました。その説明が入口の所に貼ってありました。

Dsc02985 無くなっていた桟橋

Dsc02986 運休説明

台風24号で中部電力は平成では最大の停電ということでしたが、この付近では多くの被害が出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)